ブログ

ソファーについた傷 カバーで隠す前に革研究所にご相談を!

2015年10月7日

こんにちは。革研究所 小倉田川店 岩井です。

 

突然ですが、普段使っているソファーの傷が目立ってきたらどうしますか?

 

お客様とソファーについてお話する際に、「傷が目立ってきたらソファーカバーで隠したい」、と言われる事があります。そのときにはソファーカバーはオススメしない事をお伝えしております。

 

傷が入った際にカバーをかけてしまうと、カバーと傷が擦れてしまい、傷が広がったり表面の塗料がはげてしまいます。その為、傷を隠す目的でソファーカバーをかけるのはオススメしておりません。

 

傷が目立ってきた際には、ぜひ私どもにご相談ください。傷を補修し塗料とコーティングで革の表面を守る施工をいたします。

 

それでは、本日の施工内容を紹介いたします。写真をご覧ください。

 

施工前 施工後
DSCN9576-300x225 DSCN9909-300x225
DSCN9581-300x225 DSCN9916-300x225
DSCN9587-300x225 DSCN9922-300x225

 

いかがでしょうか。

 

傷は見えなくなり、ボロボロになっていた表面も塗装されて綺麗になっております。

 

ソファーの傷が目立ってきたら、隠す前に革研究所にご相談ください。私どもの施工で長くソファーを使えるようにお手伝いさせて頂きます。

 

小倉田川店は田川市郡、飯塚市等の筑豊地区、小倉北区、小倉南区、行橋市のご依頼も承ります。下記の「お問い合わせ」から、写真をお送り頂ければ、見積もり致します。また出張見積もりもできますので、お気軽にお問い合わせください!

 

お問い合わせはコチラ

 

店舗情報はコチラ

 

営業時間 10:00~18:00 定休日:日曜日・祝日

TEL:0947-85-8488

※見積もりや納品の為、不在にしている場合もありますので、ご来店の際には事前にご連絡ください。

 

 

Top