ブログ

【持ち手・内袋交換】LOUIS VUITTON バケツ型トートバッグ 古くなった部分のみ新品へ交換!

2015年01月19日

こんにちは、革研究所 北九州八幡店 です!

 

今日は、定番のルイヴィトン バケツ型トートの補修をご紹介します。

 

ヌメ革は使っていくうちに風合いが出てきますが、お手入れはちょっと大変です。

今回は持ち手にシミや汚れが付いて、小さなヒビ割れが多数ありました。

 

また内袋が汚れていましたので、持ち手と内袋を一緒に交換します!!

 

《 BEFORE 》                   《 AFTER 》

DSCN39851-300x225 DSCN50251-300x225 DSCN3990-300x225 DSCN5029-300x225 DSCN3995-300x225 DSCN5038-300x225

 

いかがでしょう!

持ち手は新品のヌメ革ですが、元々の色に近い革で作りましたので、

違和感なく、これからまた使うにつれ良い風合いになることでしょう!!

 

内袋交換は、内ポケットも元の形に忠実に作ります。

革研究所では人気の修理の1つです☆

 

お持ちのバッグでお悩みがあれば、どんなことでもご相談ください。

修理の方法などご提案させて頂きます♪

 

革製品のお悩みは、「革研究所」へご相談ください!!

 

修理 革補修 染め直し 革のことなら【革研究所】 北九州八幡店へ!

*******************(ソファー訪問見積り地域)********************

八幡西区、八幡東区、小倉北区、小倉南区、門司区、戸畑区、若松区、

中間市、遠賀郡、鞍手郡、田川市、直方市、飯塚市、京都郡、行橋市、

中津市、宗像市、福津市、下関市、などなど

北九州市内外からのご依頼大歓迎です☆

Top