革財布を長持ちさせるコツ

こちらでは、革財布を長持ちさせるコツをご紹介いたします。

日々のお手入れが大切

まず、革財布を長持ちさせるためには、日々のお手入れが大切です。日々のお手入れをする・しないでは、持ち具合に差が生まれるのです。財布は手にとって使用するため、手の汚れが財布に移ってしまいます。一日の終わりに柔らかい布で優しく乾拭きしてあげてください。軽く拭くだけという簡単な方法ですので、是非時間を見つけてお手入れするようにしましょう。

革財布はカバンに収納しましょう

次に、革財布を長持ちさせるコツとしては、革財布はジャケットの内ポケットやカバンに収納することを心がけることです。特に男性の場合、革財布をパンツの後ろポケットに収納して持ち歩いている方が多いかと思います。
そのような方法で持ち歩くと座る際に圧力がかかるため革財布を傷める原因になります。

また、腰や背中は汗をかきやすいので、ポケット内が蒸れてしまいそれが革を傷める原因になってしまいます。
そのため革財布は、圧力のかかりにくいジャケットの内ポケットやカバンに収納することをおすすめします。

新しい革財布を使用する場合

新しい革財布を使用する際のポイントは、カードや小銭全てを元の財布から全て移し替えないことです。
新しい革財布を急にパンパンに詰め込むと、革に負担がかかって伸びてしまい、型崩れを早める原因にもなります。新しい革財布を使用する場合には、カードや小銭を少量に抑え、徐々に革を慣らして入れ替えをしましょう。

革財布

どんなに丁寧に使っていても、経年劣化や思わぬ汚れを避けることはできません。お気に入りの革財布をクリーニングしたい、修理したい、という方は革研究所にご連絡ください。

福岡にある革研究所では、革財布を含めた革製品の縫製修理やクリーニングなどのメンテナンスを行っております。メンズ・レディース問わず革財布をメンテナンスいたしますので、革財布を長く愛用したい方は、是非革研究所にご連絡ください。

Top