ソファーを長持ちさせる手入れ方法

ソファー
快適な生活を送る為にインテリア家具は必要不可欠なアイテムです。家具の中でもソファーはくつろぐ為に必要な家具でもありますので、人気が高いです。

長年使用するソファーは劣化によってヒビ割れや色落ちなどが発生していまいます。

そういった際に新しく買い換えることが多いですが、買い替えてもしっかり手入れを行わなければ、すぐに劣化してしまいます。

ソファーの手入れをどのように行っていいのか分からない方も多いので、こちらではソファーを長持ちさせる為の手入れ方法について紹介いたします。

日頃の手入れ
動物の皮を使用したレザーソファーなどは定期的にブラッシングや乾拭きを行ってください。レザーには目視では見ることが難しい無数の毛穴があります。

この毛穴はホコリや汚れが溜まりやすく、手入れが不足していると汚れが固まってしまって取りにくくなります。また革は水気に弱いので、汚れを拭き取る際は乾いたタオルなどで拭き取るようにしてください。
濡れた際の手入れ
上記で革は水気に弱いと説明しましたが、ソファーが濡れてしまった場合には、乾いたタオルで濡れた部分を押し付けながら拭き取るようにします。水分をある程度取り除いたら風通しの良い場所で陰干しをしてください。この時に直射日光が当たる場所で乾かしたり、ドライヤーなどを使用して乾かしたりすると革の変質や変形の原因となります。
保護用のアイテムを活用する
革ソファーを長持ちさせる為に保護用のプロテクト剤を活用するのもおすすめです。プロテクト剤には、汚れを付きにくくする効果があります。

また革に必要となる栄養を与えることができますので、プロテクト剤はソファーの購入直後に塗布すると効果的です。また専用のクリーナーの場合は革との相性もありますので、購入前に確認する必要があります。

ソファーの手入れをしっかり行うことでいつでも気持ち良く使い続けることができます。と言ってもヒビ割れや色落ちしている状態で手入れを行っても元に戻りませんので、そういった際には福岡にある革研究所・北九州八幡店に修理をお任せください。

ソファーのクリーニングから傷スレの修理、色あせの復元や全く違うカラーに色変えすることも可能です。ソファー以外にも財布やバッグ、革衣類や靴なども修理可能です。数々の修理実績を持っていますので、安心して修理を依頼してください。

Top