ブログ

ルイヴィトン キャリーバッグ ペガスの側面のラバーが剥がれて革帯に交換する修理事例

2018年11月20日

革製品・ブランド品・ソファの修理専門店「革研究所 広島店」です。

 

 

本日の施工事例は、ルイヴィトン キャリーバッグ ペガスの側面修理事例です。

 

《内容》

製品:ブランドキャリーバッグ~ルイヴィトン ペガス

状態:側面ラバーの劣化

施工:革帯作成取付け

 

【修理前】

IMG_1317
IMG_1318
IMG_1319
IMG_1320

横置きにした状態だとこの面が床への接地となりますが

ラバーが朽ちてしまっていると不安定で仕方ありません。

 

加水分解?という症状だと思われますが、今後このようなことが

おこらないように本革へ変更することが当店ではできます。

 

【修理後】

IMG_1432
IMG_1433
IMG_1434
IMG_1435

横置きには出来なくなりますが、ラバーのように劣化することは

ほぼ無いと思います。

 

革の色と素材感は厳選したものを選定し、裁断面はコバ塗りを施しますので

本体と違和感無く仕上げています。

 

革の状態で修理メンテンナスは方法が変わってきます

 

小物から大型家具の革製品まで対応している広島店

貴方の大事な革物の相談お待ちしてます!

 

■来店にて、持ち込み相談も可能

■電話・メールにて、簡単な御見積りもOK

■遠方の方は電話・メールにて連絡後に送付可能

■業者様からのご依頼・相談も受け付けています!

 

 

 

********************************************************************************

大型家具等、ソファーやイスの修理も行っています。

広島市内近郊は出張見積り無料です!

家具類のソファー修理・クリーニング  ←修理事例はこちら

 

 

革研究所 広島店 ←クリックでGoogleマップが表示されます。

〒731-0121 広島市安佐南区中須1丁目11-5

tel.082-521-8661 (070-5307-1085)

営業時間 平日10:00~18:00頃 (日曜・祝日は定休)

※外出していることがあるので、来店される場合は事前に電話確認をお願いします。

※土曜日は営業時間が不規則です。

Top