縫製新規製作

福岡市早良区百道浜より、ロルフベンツのソファーの座面張替えと染直しリペアで綺麗に修理しました。

2020年06月16日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・

クリーニング専門店の革研究所博多店です。

 

今回の施工は、福岡市早良区から以前染直しリペアをさせて頂いた

お客様から、ソファの座面を縫製している部分から縫製が裂け始めて

来ているので、縫製修理のご依頼がありましたが、実物を拝見させてさせて頂き、

①現在の革自体をクリーニングして破れを再縫製し染直しリペアで綺麗に修復する施工方法。

②国産の革をタンナーより仕入れて、座面全体を張り替えてカラーを元の色に合わせて

染直す方法。

この2通りの施工方法を提案しました。

お客様と相談の上、②の施工でご依頼頂きました。

 

【施工写真】

《before》

DSC04676

《after》

DSC05694

《before》

DSC04685

《after》

DSC05680

《before》

DSC04700

《after》

DSC05682

《before》

DSC04688

《after》

DSC05681

《before》

DSC04676

《after》

DSC05678

 

 

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

 

 

 

福岡市中央区薬院から、himolla(ヒモラ)ゼロストレスリクライニングチェアー(オットマン付き)7125Lの色あせや擦り傷を染め直し修理で綺麗に修復した事例です。

2020年06月5日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・

クリーニング専門店の革研究所博多店です。

 

今回の施工は、福岡市中央区薬院にお住いの方から

ドイツ生まれのヒモラのゼロストレスリクライニングチェアーの

擦り傷や色あせを染直しリペアで綺麗にした事例です。

 

【施工写真】

《before》

DSC05037

《after》

DSC05460

《before》

DSC05038

《after》

DSC05462

《before》

DSC05052

《after》

DSC05463

《before》

DSC05056

《after》

DSC05470

《before》

DSC05058

《after》

DSC05474

 

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

福岡市東区から、コーナーソファをお好きな色へカラーチェンジしてお部屋の雰囲気を変えてみませんか?

2020年05月22日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・

クリーニング専門店の革研究所博多店です。

 

今回の施工は、福岡市東区からご自宅のコーナーソファの色を

変えたいとの相談です。

15年位使用したソファをグレーから茶色へのカラーチェンジです。

当然、色の変更前にクリーニングやキズスレの下地処理をおこなってからの

染直しとなります。

 

【施工写真】

 

《before》

DSC03866

《after》

DSC04613

《before》

DSC03868

《after》

DSC04614

《before》

DSC03869

《after》

DSC04612

《before》

DSC03870

《after》

DSC04616

《before》

DSC03882

《after》

DSC04626

《before》

DSC03881

《after》

DSC04625

《before》

DSC03871

《after》

DSC04617

《before》

DSC03872

《after》

DSC04615

《before》

DSC03884

《after》

DSC04629

《before》

DSC03876

《after》

DSC04624

 

 

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

 

福岡市南区から、エコーネス1人掛けソファの肘掛部分の張替えとクリーニング+同色での染直しリペアで綺麗に修復した事例です。

2020年05月6日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・

クリーニング専門店の革研究所博多店です。

 

今回の施工は、福岡市南区から1人掛けのエコーネスの

肘掛が破れているので、張替修理のご依頼がありましたが、

見積に出向いた際にソファー全体がキズスレや色あせで傷んで

いたので、部分張替えと同色での染直しリペアを行いました。

 

【施工写真】

《before》

DSC05555

《after》

DSC06717

《before》

DSC05560

 

《after》肘部分張替え

DSC06723

《before》

DSC05561

《after》肘部分の張替え

DSC06724

《before》

DSC05557

《after》

DSC06719

《before》

DSC05574

《after》

DSC06734

《before》

DSC05569

《after》

DSC06735

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

福岡市東区から、ポールスミスの革ジャンの染直し修理のご依頼です!

2020年05月1日

革製品・ブランド・ソファー修理・張替え修理・

クリーニング専門店の革研究所博多店です。

 

今回の施工は、革ジャンの色あせ擦り傷を同じ色で

再度、染直すことで綺麗に修復します。

 

【施工写真】

《before》

DSC05749

 

《after》

DSC07347

《before》

DSC05750

《after》

DSC07348

《before》

DSC05753

《after》

DSC07351

《before》

DSC05759

《after》

DSC07357

《before》

DSC05760

《after》

DSC07358

《before》

DSC05766

《after》

DSC07364

 

今回は、つやが無くなったので艶ありの施工で

染直しました。

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

福岡市早良区から、革のジャンパーの色あせ擦り傷を染直し修理で綺麗に修復しました。

2020年04月30日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・

クリーニング専門店の革研究所博多店です。

 

今回の施工は、福岡市早良区のお客様からのご依頼で、

クリーニングと色あせてしまった青い革のジャケットを修復します。

 

①全体をクリーニングです。

この時にカビなどが生えている時は、抗菌加工と加脂加工で

洗っていきます。

②擦り傷を修復します。

③同じ青い色を作り、同色での染直しリペアを行います。

④乾燥後にトップコーティングで色移り止めます。

 

【施工写真】

《before》

DSC06973

《after》

DSC07593

《before》

DSC06992

《after》

DSC07611

《before》

DSC06974

《after》

DSC07594

《before》

DSC06976

《after》

DSC07595

《before》

DSC06977

《after》

DSC07596

《before》

DSC06978

《after》

DSC07597

《before》

DSC06983

《after》

DSC07602

《before》

DSC06985

《after》

DSC07604

《before》

DSC06989

《after》

DSC07608

 

 

①おまかせクリーニングコース

革ジャンを水性の革用洗剤で水洗いします。乾燥後に、

加脂加工・抗菌加工・静電気防止加工を施します。

また、革ジャンの内側の布部分にも水洗いを行った後に

抗菌加工・静電気防止加工を行います。

施工金額        :8,000円~

施工期間        :約2週間

 

②革ジャン染め直しリペアコース

革ジャンの表面を簡易クリーニングした後に、キズスレを補修しながら

同色で全体を染め直します。

その後、トップコーティングを行います。

施工金額        :14,500円~

施工期間        :約2週間~3週間

※牛革と羊革で施工料金が変わります。

 

③オールメンテコース

①+②のコースを、行なうフルメンテのコースです。

もし、一度も内側を洗ったことが無かったり、カビ臭があるのでしたら、

③のフルメンテをお勧めいたします。

施工金額        :18,500円~

施工期間        :約3週間

 

※税別金額となっております。

 

以上の施工方法がございます。ご不明な点やご相談にっいては、

お気軽にお問い合わせください。

 

では、どうぞよろしくご検討をお願い致します。

 

革研究所 中村

 

 

福岡市東区から、2人掛けのソファをクリーニングしてから染め直し修理で綺麗に修復した事例です。

2020年04月15日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・

クリーニング専門店の革研究所博多店です。

 

今回の施工は、2人掛けソファーの黒ずみ汚れをクリーニングで

綺麗にした後に、キズスレ部分の下地処理を行ない染め直し修理で

綺麗に修復した事例です。

 

【施工写真】

まずは、クリーニングです。

DSC03813

左側がクリーニングした後です。

DSC03822 (2)

 

DSC03816 (1)

 

《before》

DSC03784 (1)

《after》

DSC03984

《before》

DSC03786 (1)

《after》

DSC03988

《before》

DSC03794 (1)

《after》

DSC03990

《before》

DSC03792

《after》

DSC03994

《before》

DSC03780 (1)

《after》

DSC03999

《before》

DSC03791

《after》

DSC03995

《before》

DSC03795 (1)

《after》

DSC03998

 

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

 

福岡県筑紫野市より、ダイニングチェアーのひび割れや擦り傷を染直しリペアでキレに修復しました。

2020年04月12日

革製品・ブランド・ブランド・ソファー修理・張替え修理・

クリーニング専門店の革研究所博多店です。

 

今回の施工は、太宰府のゴルフ場の近くのご家庭からのご依頼です。

20年以上前に購入されたダイニングチェアーの擦り傷・ひび割れの

修復のご依頼です。

4脚中、1脚は小さな穴が開いてしまっていましたので、裏から革を充てての

接着修理をしてからのリペアとなります。

 

【施工写真】

《before》

DSC03215

《after》

DSC03712

《before》

DSC03218 (1)

《after》

DSC03749 (1)

《before》

DSC03217 (1)

《after》

DSC03728

《before》

DSC03216 (1)

《after》

DSC03752 (1)

《before》

DSC03223

《after》

DSC03753

《before》

DSC03220

《after》

DSC03729

《before》

DSC03221 (1)

《after》

DSC03724 (1)

《before》

DSC03231 (1)

《after》

DSC03731 (1)

 

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

 

 

福岡市博多区から、撮影スタジオのアンティーク調2人掛けソファーと1人掛けソファーの座面張替え修理と染直し修理で喜んで頂きました。

2020年04月10日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・

クリーニング専門店の革研究所博多店です。

 

今回の施工は、撮影のスタジオにあるアンティーク調のソファーの

座面が酷く破れているので、合皮レザーに張り替えて欲しいとの

ご依頼でしたが、現調したところ他の部分も今にも破れそうな箇所も

あり、色あせやキズスレが目立っていましたので、全体的なリペアも

含めてのご提案をさせて頂きました。

アンティーク調ですので、合皮レザーより本革で再塗装した方が、

風合いを損なわずに仕上げることを、ご説明して本革での施工となりました。

 

【施工写真】

《before》

DSC03522 (1)

《after》

DSC03844

《before》

DSC03524 (1)

《after》座面の張替え修理を行いました。

DSC03848

《before》

DSC03526 (1)

《after》

DSC03850 (1)

《before》

DSC03525 (1)

《after》

DSC03849

《before》

DSC03527 (1)

《after》

DSC03851 (1)

《before》

DSC03534

《after》

DSC03857

《before》

DSC03535 (1)

《after》

DSC03855 (1)

《before》1人掛けソファです。

DSC03539

《after》

DSC03832

《before》

DSC03554

《after》

DSC03840 (1)

《before》

DSC03553 (1)

《after》

DSC03837 (1)

《before》

DSC03548

《after》

DSC03836

 

納品時にお客様が、「綺麗になってうれしー!」て言って頂きました。

「購入時の時に戻ったみたい」との感想でした。

お客様も正直こんなに綺麗になるとは、思っていなかったそうで、

本当に喜んで頂きました。

お客様が、喜んで頂くと職人も大変うれしいものです!

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

福岡県太宰府市より、ロルフベンツ社(ROLF BENZ)のソファセットの破れ・擦り傷・色あせを染め直し修理で綺麗に修復した事例です。

2020年03月31日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・

クリーニング専門店の革研究所博多店です。

 

今回の施工は、太宰府市より20年以上前に購入された

ロルフベンツ社製の応接セットの座面の破れや、キズスレ、

色あせ、クッションのヘタリ等を、部分張替えと染直し修理で

綺麗に修復した事例です。

 

まずは、ソファの解体からですがさすがロルフベンツです。

ソファ内部がキッチリとした作りで、細部まで手が込んでおり

解体にも倍の時間がかかりましたが、座面の張替え等は革が

伸びていないので、綺麗に張替えられました。

また、クッションも硬めのウレタンがご希望でしたので、

シッカリしたウレタンに交換しました。

あと、擦り傷は染直し修理で綺麗に修復しました。

 

【施工写真】

《before》

DSC01766

《after》

DSC03136

《before》

DSC01769

《after》

DSC03135

《before》

DSC01768

《after》

DSC03118

《before》

DSC01783

《after》

DSC03138

《before》

DSC01795

《after》

DSC03127

《before》

DSC01802

《after》

DSC03132

 

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

 

Top