ソファ・家具関係

福岡県朝倉市から、ジロフレックスの革張りのイスのすり傷を染直し修理をした事例です。

2019年02月19日

革製品・ブランドバッグ修理・ソファー修理・クリーニング専門店の

革研究所福岡博多店のソファー修理アドバイザーです。

 

今回の修理は、革のすり傷を張替えずに修復した事例です。

ご依頼主は、朝倉市の企業様のイスです。

見積時に肘掛け部分の張替と他の部分の染直しのご依頼でしたが、

肘掛けを拝見したところ、破れもなくすり傷だけなので染直し修理へ

変更して、施工金額を抑えた事例です。

 

【施工写真】

《before》             《after》

DSC06045 DSC06566

DSC06046 DSC06567

DSC06047 DSC06570

DSC06051 DSC06569

DSC06050 DSC06568

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

福岡市博多区三筑から、エコーネスの1人掛けソファーの肘掛け部分を張替え修理と染め直しリペアの事例です。

2019年02月18日

革製品・ブランドバッグ修理・ソファー修理・クリーニング専門店の

革研究所福岡博多店です。

 

エコーネスの1人掛けソファーの肘掛け部分の革が一番破れやすいので、

同じ様な症状のお客様は多いかと思いますので、部分張替修理と

他の部分のすり傷や汚れは、染め直し修理で綺麗にした事例を

ソファー修理アドバイザーがご紹介致します。

 

まずは、お客様に修理のメリットとリスクの説明を行い施工方法と

だいたいの納期、そして施工金額をご提示してご納得して頂いてからの

施工となります。

 

①解体で、肘掛け部分を取り外します。

②型を取り肘部分を作成。

③他の部分との色を併せるために染め直し修理をおこなう。

 

【施工写真】

《before》           《after》

DSC05555 DSC06717

DSC05557 DSC06719

DSC05560 DSC06723

DSC05561 DSC06724

DSC05568 DSC06733

DSC05569 DSC06735

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

 

 

福岡県飯塚市から、3人掛けソファーの座面の破れを部分的に張替修理をおこなった事例です。

2019年02月13日

革製品・ブランドバッグ修理・ソファー修理・クリーニング専門店の

革研究所福岡博多店です。

 

今回は、ソファーの座面を部分的に張替が出来る事をご紹介いたし

ます!

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が破れてたら、

ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が多くなり金額が高くなり

ますので本革から合皮のレザーへの張替を勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、本革ソファー修理アドバイザーが、

いる弊社にお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

 

【施工写真】

《before》              《after》

DSC05539 DSC06389

DSC05549 DSC06391

DSC05545 DSC06393

DSC05552 DSC06395

新しい革で、座面の部分を張替えてウレタンも新たにしたので、

張りも戻り座り心地も改善しました。

 

DSC05606 DSC05612

座面の裏側はこんな感じです。

こちらのソファーのフレームは、シッカリした木を使った木製です。

歪みもなく破れなどがない物でしたので、とても修理がしやすかったです。

やはり、国産のソファーは見えない部分にも手が込んでいます。

新しいソファーへの購入をご検討のお客様は、デザインも大切ですが

やはり、国産の家具をお勧めします。

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

 

 

 

福岡県久留米市から、赤いソファーの黒ズミや色あせを染め直し修理で修復した事例です。

2019年02月4日

革製品やブランドバッグ修理・ソファー修理・クリーニング専門店の

革研究所福岡博多店の中村です。

 

赤いソファーの色あせや黒ずみ・シミで、お困りの久留米市の方からの

SOSです。

一度、クリーニングでソファー全体を丸洗いしてから、キズスレを修復する

下地処理をおこなってから、赤い塗料での染直しリペアを行いました。

 

【施工写真】

《before》              《after》

DSC04254 DSC04620

DSC04256 DSC04600

DSC04263 DSC04603

DSC04260 DSC04606

DSC04264 DSC04632

DSC04266 DSC04631

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

福岡県春日市から、【karimoku】カリモクのダイニングチェアーのキズスレを修復し、染め直しリペアで元の黒い椅子にした事例です。

2019年02月1日

革製品・ブランドバッグ修理・ソファー修理・クリーニング専門店の

革研究所福岡博多店です。

 

今回の施工は福岡県春日市のご家庭からのご依頼です。

カリモクの10年以上前に購入されたダイニングチェアーのキズスレや

色あせを、染め直しリペアで綺麗に修復しました。

破れが無いので、張替えをせずに色を元にもどす事が可能です。

 

【施工写真】

《before》             《after》

DSC05112 DSC05385

DSC05114 DSC05384

 

DSC05118 DSC05400

DSC05132 DSC05412

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

福岡市西区野方より、イタリア製ソファーのクリーニングと染め直しリペアの事例を紹介いたします。

2019年01月31日

革製品・ブランドバッグ修理・ソファー修理・クリーニング専門店の

革研究所福岡博多店です。

福岡市西区野方から、西日本新聞の広告をご覧になったお客様から

イタリア製ソファーのクリーニングと染め直しリペアのご依頼を

頂きました。

 

【施工写真】

《before》              《after》

DSC05438 DSC05614

DSC05442 DSC05622

DSC05444 DSC05624

DSC05440 DSC05616

DSC05441 DSC05618

DSC05447 DSC05628

DSC05448 DSC05626

 

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

大野城市より、大塚家具で購入の高級ソファ―キズスレを、染め直しリペアで綺麗に修復した事例です。

2019年01月30日

革製品・ブランドバッグ修理・ソファー修理・クリーニング専門店の

革研究所福岡博多店です。

 

今回の施工は、大野城市大城から朝日新聞の広告を見て、ご自宅のソファーの

キズスレをきれいにしたとのご希望で、ご依頼を頂きましたが、

最初は半信半疑で、元の色に染め直しが出来るかが心配だったそうで、

2台あるソファーの内、まずは一台とコーナーソファーのリペアの施工です。

 

【施工写真】

《before》             《after》

DSC05138 DSC05316

DSC05140 DSC05328

DSC05143 DSC05323

DSC05150 DSC05330

DSC05147 DSC05331

 

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

筑紫野市より、2人掛けソファーのクリーニング後に染直し修理の事例です。

2019年01月29日

革製品・ブランドバッグ修理・ソファー修理・クリーニング専門店の

革研究所福岡博多店です。

今回の施工は、筑紫野市にお住いの方から10年以上ご使用のソファーが、

くすんで汚れて来たのでクリーニングと染め直しリペアのご依頼です。

 

 

【施工写真】

《before》              《after》

DSC05159 DSC05634

DSC05162 DSC05640

DSC05164 DSC05642

DSC05167 DSC05650

DSC05168 DSC05648

 

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

 

福岡市中央区薬院から、LOUIS VUITTON/ルイ・ヴィトンの財布のキズスレ・色あせを染直し修理で綺麗に修復した事例です。

2018年12月19日

福岡市中央区薬院から、ルイ・ヴィトンの長財布の色あせや

キズスレを、染直し修理で綺麗に修復しましたのでご紹介します。

 

まずは、クリーニングでお財布の汚れをきれいに洗って乾燥させます。

ファスナー部分の汚れも出来るかぎり洗浄して、黒ずみを取り除きます。

その後、同色での染直し修理をおこないトップコーティングをして

施工完了です。

 

【施工写真】

《before》               《after》

DSC01257 DSC01273

DSC01262 DSC02753

DSC01263 DSC02752DSC01264 DSC02755

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

福岡市中央区から、アンティク調1人掛けソファーの染直し修理の事例です!!

2018年12月18日

福岡市中央区から、1人掛けのアンティク調のソファーの

色あせを、染直し修理で綺麗に修復した事例をご紹介します。

 

経年の劣化や紫外線で元の色が焼けてしまい色褪せを、クリーニングを

して乾燥後に、下地を処理してからアンティク調にカラーを入れて

行きますが、通常の染めと違い色んな茶色を準備して、少しづつ染めて

行くので奥行き感を残しながらがアンティク塗装のミソです。

 

【施工写真】

《before》               《after》

元の色を再現しての染直しです。

DSC01158 DSC02315 (1)

DSC01160 DSC02319 (1)

DSC01162 DSC02321

DSC01163 DSC02322

DSC01164 DSC02323 (1)

 

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

 

 

 

Top