ルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトン/LOUIS VUITTON ヴェルニ エナメルバッグの変色を染め直し修理でカラーチェンジする事例です。

2018年08月14日

ルイ・ヴィトン/LOUIS VUITTONのベルニシリーズの

エナメルバッグ等は、変色や転写・色移り・ベタツキなどを、

染め直し修理で色を変える事で、大切なバッグを蘇らせます。

 

エナメル製品の転写・色あせ・変色などでお困りの方もに

必見です!!

諦めていたエナメル製品の修理が福岡で出来ます。

弊社は、7年前からエナメルバッグの染直し修理を

おこなっており、数多くの施工例がありますので、安心して

ご相談ください。

また、他社ではおこなっていないパール加工も新たにメニューに加えて、

よりキラキラ感を出してエナメルバックを再生します!!

 

【施工写真】

《before》     《after》

黒い色へのカラーチェンジです!

DSC06270 DSC07280

 

DSC06271 DSC07281

DSC06273 DSC07282

DSC06274 DSC07283

DSC06283 DSC07301

 

 

パール加工で、真っ黒ではなくブラックシルバーの様な

感じです。

エナメル製品でお悩みの方、諦めずにご相談ください。

革研究所福岡博多店で綺麗に解決します!!

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

ルイ・ヴィトン/LOUIS VUITTON ゴルフバッグにカビが・・・クリーニングできます!

2018年08月13日

ルイ・ヴィトン/LOUIS VUITTONにゴルフバッグが

あるとご存知でしたか?

色んなものを作つています。

 

今回の施工は、ヴィトンのゴルフバッグにカビが、

生えて臭いがキツイため使い物にならない状態でしたので、

カビ取りクリーニングと抗菌加工で、リフレッシュです。

また、ファスナーが壊れていたのでファスナー交換も併せて

修理しました。

 

【施工写真】

《before》     《after》

DSC05462 DSC06674

DSC05476 DSC06678

DSC05474 DSC06681

DSC05475 DSC06679

 

ボタンホッグも壊れていたので、交換修理を行いました。

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

ルイ・ヴィトン/LOUIS VUITTON ヴェルニ エナメル長財布ラウンドファスナー ローズアンディアンカラーを黒に染め変え修理の事例です。

2018年07月6日

ルイ・ヴィトン/LOUIS VUITTONのヴェルニエナメル

長財布のカラーの変更も出来るんです。

転写・色移り・変色・ベタツキなどでお困りの方は

ブランドバッグ・財布修理専門店の革研究所福岡博多店に

お電話ください。

エナメル製品の修理は他社が行わない修理ですが研究して

施工が出来るまでになりました。

 

例えば、明るい色のエナメル財布にレシートのインクが

転写して染みになってお困りの方いますよね~!

そんな時はどうしますか?

①諦める!

②気にしない。

③買い替える。

④染直し修理をやってみる!

 

正解は、もちろん④です!!

ヴィトンのヴェルニシリーズは、変色や転写・ベタツキなどの

エナメル製品特有のトラブルが多いお品です。

 

今日もお客様からご相談がありまして、諦めてタンスに片付けて

いたけど、やっぱり諦められないのでエナメル製品が修理出来る

修理屋さんをHPで探して電話をしたとの事です。

エナメル等の特殊な素材は、福岡で修理出来るお店は無いと思っていたら

近くにあったので助かったと言って頂きました。

 

今回の施工は、ヴェルニの長財布のカラーチェンジです。

ピンクからブラックへの変身です!

 

【施工写真】

《before》     《after》

DSC05591 DSC06219

レシートのインクが染みこんで取れなくなっています。

DSC05597 DSC05595

《before》     《after》

ファスナー部分も黒に染めています。

DSC05608 DSC06235

 

《before》     《after》

DSC05604 DSC06232

《before》     《after》

DSC05605 DSC06231
《before》     《after》

DSC05598 DSC06222

《before》     《after》

DSC05607 DSC06234

 

 

エナメル製品のトラブルでお困りの方!

大切なバッグをタンスに片付けて並べて

いるだけの方、革製品のトラブルでお困りの方!

革研究所福岡博多店にお気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です。

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

ルイ・ヴィトン モノグラムバッグのヌメ革の傷みを、張替え交換修理の事例です。

2018年07月4日

LOUIS VUITTON ヴィトンモノグラムバッグの

ヌメ革が傷んでお困りの方へ、諦める前に修理が

出来るんです!

バッグ本体は、傷んでいなくてもヌメ革の部分の

持ち手やパイピング部分・バッグの口の周りの革が、

破れてきたりして困っていませんか?

ヌメ革は、傷みやすい革で乾燥にも湿度にも弱いので

傷んでしまったら、思い切って交換修理を検討して

見てください。

 

ルイヴィトン・シャネル・エルメス・ブランドバッグ・

エナメル製品の染直し修理専門店の革研究所福岡博多店です。

 

ヴィトンと言えば、ヌメ革のバッグが多いとは思います。

大切に使うと白っぽい革が時間と共にアメ色に変化して

味のある革の色となりますが、高温多湿な日本の気候では

いつの間にかにヌメ革にシミが付いてしまったり、まだらに

変色したりします。

そして、革自体が劣化して割れてきてお困りの方、革の張替

と言う修理が方法がありますよ。

部分的に傷んだ革を、新しい革へと交換修理致します。

革が傷んで使わなくなってしまったモノグラムも、

縫製をし直すと綺麗に蘇りますよ!

是非一度ご検討してみてください。

 

【施工写真】

《before》     《after》

DSC05442 DSC05975

バッグの口の周りの革を交換しました。

DSC05440 DSC05977

DSC05439 DSC05976

DSC05447 DSC05980

DSC05445 DSC05981

DSC05448 DSC05985

 

こんなに傷んだヴィトンのバッグより、

修理で綺麗になったバッグを持ち歩きたい

ですよね!

 

使わずに片付けるよりも、張替修理を

するという選択もあります。

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

 

ルイ・ヴィトン/LOUIS VUITTON ヴェルニルージュ ベンドフォード パピヨン筒形バッグの変色転写を染直し修理で綺麗にする事例です。

2018年06月22日

ルイ・ビトンのヴェルニシリーズのベンドフォード

筒状のバッグのシミや汚れ・転写したシミを、染め直し

修理でカラーチェンジで、気分を変えるのはどうですか?

 

ベンドフォードの明るい赤のバッグですが、シミが目立つので

少し濃い赤にカラーチェンジいたしました。

バッグの持ち手にヌメ革が使っていますが、そこに色が

染まらない様にマスキングを行いますが、この作業が地味で

大変ですが、キチンとしないと仕上がりに差が出ますので、

手が抜けない作業です。

 

マスキングが終わると今度は下染めです。

一度染めた後に乾燥後、今度はキラキラ感を出すためにパールで

高級感が出る様に施工します。

この作業も手間がかかるので、他店ではあまりやっていない作業です。

 

下染めした後にパール加工した状態です。

DSC04918 DSC04920

 

最終段階は、エナメル樹脂の再塗装ですがこの作業が一番緊張する

作業です。

エナメルは、温度湿度に左右されますのでその日の気温などで

樹脂の分量を変えていきます。

塗装は、一度塗りをした後にエナメルの付き具合を確認してから、

本塗装となります。

その間は、部屋の換気扇も止めてほこりが回らない様に、土間に

水をまておきます。

 

革研究所福岡博多は、革製品・ブランドバッグ・エナメル製品の染直し

修理専門店ですので、施工事例が多いので安心してお任せください。

 

【施工写真】

《before》    《after》

DSC04160 DSC05227

 

黒いシミが付いています。

DSC04163 DSC04171

 

DSC04165 DSC05236

DSC04168 DSC05230

DSC04173 DSC05246

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

ヴィトンモノグラム 財布の内張り交換修理+染め直し修理の施工例です。

2018年06月21日

ルイヴィトンモノグラムの財布の中が擦り切れて

汚くなっていませんか?

財布の内張りも張替交換修理が出来るんですよ!

また、革の部分も汚れているので染直し修理で、

綺麗にしました。

 

今回の施工は、ヴィトンの財布の内張り交換修理なので、

財布の縫製を全部外して解体してバラバラにします。

その後、革の部分は先に同色で染直してからの内張り

交換修理を行います。

最後に定期入れの透明な樹脂の部分を張替えて完了です。

 

革製品・ブランドバッグ・エナメル製品の染直し

修理専門店の革研究所福岡博多店です。

財布・バッグ・ソファーなどの革製品のクリーニングから

染め直し修理など、革製品のメンテナンスはお任せ下さい。

 

【施工写真】

施工前の写真です。

DSC02364 DSC02365

 

この部分の交換と内張りの張替交換

DSC02367 DSC02368

DSC02371 DSC02370

DSC02372 DSC02373

 

解体して、財布をバラバラにします。

DSC03104 DSC03107

 

革の部分を染直し修理中です。

DSC03109 DSC03110

DSC03111 DSC03113

 

施工後の写真です。定期入れも透明になりました。

DSC04038 DSC04041

DSC04036 DSC04040

 

内張り交換済です

DSC04044 DSC04045

DSC04053 DSC04054

 

ヴィトンのモノグラムの財布をお持ちの方は

多いかと思いますが、こんな修理が出来るんですよ!

綺麗にしようとお考えの方は、お気軽にご相談ください。

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

ルイ・ヴィトン/LOUIS VUITTON 修理 パイピング 紳士バッグです。

2018年06月7日

ルイ・ヴィトン/LOUIS VUITTONの紳士バッグの

パイピング(ヌメ革)部分が、破れたりひびが入り

お困りの福岡県古賀市の方から、修理のご依頼です。

 

バッグの表面は、経年で少しキズが入っていましたが、

それほど目立つものでもないので、パイピングの

ヌメ革交換を行いました。

 

この修理は、通常のパイピング交換とは違い、

一度バッグを解体してから、バッグとバッグをつなぐ

部分の破れたヌメ革を取り外し、新しいヌメ革に

交換するのですが、縫製するのに普通のミシンでは

できませんので、特殊な八方ミシンが必要となります。

現在、このミシンを販売している会社は生産販売を

行っておらず、とても希少なミシンですが靴を修理する

お店てはよくつかわれています。

 

【施工写真】

《before》   《after》

DSC01264 DSC09851

《before》   《after》

DSC01272 DSC09853

《before》   《after》

DSC01271 DSC09854

《before》   《after》

DSC01275 DSC09855

 

 

今回の施工期間は、繁忙期でしたのでお客様には

約4週間待っていただきました。

このタイプの交換修理はとても特殊となりますので

お早めにご相談ください。

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

 

 

ディオール/Dior エナメルで出来た財布の色褪せ・変色を再生して、キラキラした財布に戻しました!!

2018年06月4日

ディオールのエナメル財布の色あせを

キラキラ感も再生して修理完了!!

 

エナメル製品の一番のお悩みは、色の変色や

退色また、違う色が染みこむ転写などです。

今回の修理のご依頼は、ディオールのエナメル製の

財布の色あせと変色が酷い福岡市早良区百道浜の

お客様からのご依頼です。

 

エナメル製品の中には、退色・色あせ・転写・ベタツキ

等でのお悩みが多い素材です。

クローゼットに大切にかたずけて、いざ使おうとすると

色が変わっている~!!

そんなことありませんか?

また、隣のバッグの色が染みこんでいたり、レシートの

インクが転写したりして途方に売れていませんか?

原因は、ハッキリとしていませんが、日本の高温多湿な

気候が大切なバッグや財布に悪さしていると思われます。

 

変色してしまい諦めてしまったバッグ・財布を、

どうにかしたいと思いませんか?

お店によっては、修理が出来ないと断られる事も

ありますが、弊社では元の色やカラーチェンジして

の染直し修理やキラキラした感じの再生も独自の施工で

行っております。

 

【施工写真】

《before》    《after》

全体的に変色した財布   元の色に戻したカラーです。

DSC03893 DSC04336

《before》    《after》

DSC03905 DSC04348

《before》    《after》

DSC03900 DSC04341

《before》    《after》

DSC03899 DSC04340

《before》    《after》

DSC03897 DSC04342

《before》    《after》

DSC03898 DSC04343

 

 

如何でしょうか?

キラキラ感も再生しております。

エナメル製品でお困りの方は、諦めずに

一度ご相談ください。

革研究所福岡店では、他店ではあまり行わない

エナメル修理施工も多数行っていりますので

ご相談にのれるとのれると思いますので、

お気軽にお電話・メールしてみてください。

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

 

 

 

【ルイ・ヴィトン/LOUIS VUITTON】ルイ・ヴィトン ヴェルニ コインケースの色あせをパール施工でキラキラを再現!お客様からお礼のメールを頂きました。

2018年04月6日

こんばんは、革製品・染め・修理・特殊施工・エナメル製品の再生専門店の革研究所福岡博多店の中村です。

 

今週は、LOUIS VUITTON/ルイ・ヴィトンのヴェルニエナメル製品の再生を、専門的におこないました。

今週最後のお困り事は、エナメルのコインケースが変色して裏と表が色違いになってしまった方からのご依頼です。

 

ヴェルニのバッグ修理を行う時に、ヴェルニの特徴のキラキラした光沢感の再現がなかなか出来ず、お客様にはエナメル樹脂でのピカピカした塗装での輝きしか出来ないとお断りしてから、施工していましたが、福岡博多店では試行錯誤して、パール施工でキラキラ感を再現出来る様になりました。

今以上に輝きの綺麗な塗装が出来ますので、エナメル製品(ヴェルニ)でお困りのお客様はお気軽にご相談してみてください。

 

それと、お客様からのお礼のメールを頂きましたので、ご紹介いたします。

 

「こんばんわ。
今日、お財布とキーケースが届きました。
まるで新品でびっくりしました!
こんなに綺麗になるものなのですね!
本当にありがとうございました。
大切に使います。
明日は土曜日なので月曜日に振込致します。
この度は本当にありがとうございました。」

 

こちらこそ、喜んで頂きありがとうございます。

今後とも皆さんが喜んで頂く様に精進していきます。

 

【施工写真】

《before》変色してしたコインケースです!

DSC00624

《after》こちらが、元のカラーに再現した色です。

もちろんパール施工でキラキラ感を出しています。

DSC01933

《before》

DSC00623 (1)

《after》

DSC01941

《before》

DSC00624 (1)

《after》

DSC01940

 

《after》施工後の写真

DSC01937

《after》

DSC01938

《after》

DSC01939

【銀座和光/エナメルバッグ】エナメルバッグ・変色・黄ばみを元のカラーに染直して、再度エナメル修理手順をご紹介します。

2018年04月5日

こんにちは、革研究所福岡博多店の中村です。

 

革研究所福岡博多店は、他店があまり施工しないエナメルバッグ・財布・キーホルダーなどの施工を数多く行っておりますが、まだまだ認知がたりないようで、お客様から『ヴェルニのバッグが変色したり、表面のベタツキが出てきたりして使えないので、悲しいけど捨ててしまった。』

『もっと早く、エナメル修理が出来ると知っていたら・・・』

との話お聞きしました。

 

確かに、エナメル製品の修理は、出来るものと出来ない物があります。また、エナメル樹脂を形成されてしまったバッグに再度、塗装していきますので空気中の細かな埃やエアーガンでのエアーを噛む恐れがあります。

それでも、捨てるよりは綺麗にしたいお客様が、口コミでおいでになる様になり、『もっと宣伝した方がいいですよ。』と、アドバイスされましたが、やはり他の修理よりとても神経を使う修理です。

 

ヴィトンのヴェルニなどのエナメル製品の塗装の中にはキラキラした塗装が多くありますがこのキラキラ感を、なかなか再現出来ないので、あまり積極的に宣伝していませんでした。

しかし、最近このキラキラ感を表現できるようになりましたので、少しづつ宣伝したいと思います。

 

今日の施工は、銀座和光の薄いブルーのエナメルバッグの修理手順をご紹介しますので、完成形は、別のブログとなります。

 

【施工写真】

《黄ばんだ色のバッグですが、元の色はブルーだそうです。》
DSC01271
《持ち手とバッグをつなぐ部分も変色したエナメルです。》
DSC01272
《底の部分にある革に元のカラーが残ってますので、春らしい色ですね!》
DSC01287
《持ち手をつなぐ部分もエナメルを塗装しますので、縫製を外します。》
DSC01576
《》
DSC01577
《バッグ本体です。》
DSC01657 (1)
《バッグをつなぐ部分》
DSC01658 (1)
《この部分も色を塗装してからエナメル塗装をします。》
DSC01659 (1)

 

今日は、ここまでです。

次回は、エナメル塗装した製品のbefore/afterを、ご紹介します。

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。

ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合は、お電話で予約しての来店ください。

 

 

 

Top