ブログ

ソファ診断士(冗談です)が、ソファを解体修理を行います。

2021年09月11日

革製品・ブランドバッグ・ブランド財布・

ソファクリーニング+本革部分張替え・部分張替え・

イスの張替え・アンテークのイスの色あせ修理など、

革製品の困ったを解決する革研究所博多店です。

 

今日は、お客様から苦情で5年前に革のソファの座面のみを、

合皮レザーに張替えたがすでに破れてきているとのクレームが

ありましたが、施工記録もその方のお名前も登録して居ないので、

恐る恐る当時の事情を聞くと「夫婦で見積にきたでしょ!」と

言われてピントきました。

この施工は、うちの仕事ではない!

なぜなら、うちの嫁は絶対に仕事を手伝った事が無く、ましてや

見積にはついてこない。

その事を、お客様に弊社の仕事ではない事をお伝えしてから、

このお客様のお困りごとの相談になりました。(お客様の誤解は解けました)

結局、お今回弊社で施工すると大掛かりな施工になるので、

修理金額も高くなる事をお伝えしてから、製造メーカーさんが解りましたので、

メーカーさんをご紹介しました。

そもそも、本革のソファの座面を合皮に張替える事態、

革を愛する革修理職人としては考えられない修理です。

弊社では、お客様の大切なソファを丁寧にクリーニングした後にキズや色あせを

補修して、弱った革の部分には革の下地を再生してからの染直し修理を

おこなっております。

また、破れた革は部分的に張替えて色を合わせて塗装しますので、

張替える革の枚数をへらして、なるべく施工金額を抑える様にしております。

年間150台以上のソファを解体修理していますので、ソファ内部の事や

仕組みも熟知しております。

なんなら、ソファ診断士とでも名乗りたいぐらいです!(冗談です)

なかには、修理をしないで新しいソファの購入を進言します。

その時は、ご希望にあった家具屋さんも紹介します。

こんな変わった職人ですが、お客様のご希望に沿って大切なソファを修復します。

 

他店のクレームをお聞きして、あまりにも酷い仕事だったので

今回は、こんなブログになってしまいました。(スミマセン)

【ソファ解体写真】

 

 

Top