ブログ

革ジャン修理・ライダーズジャケット修理・部分縫製・裏地張替え修理などの革ジャン修理専門店の革研究所博多店です。

2021年08月26日

革製品・ブランドバッグ・革ジャンの修理お手入れ

専門店の革研究所博多店中村です。

 

今回の修理は、紫色の革ジャンのベルト部分を何かに引っかけて、

革が裂けてしまった部分をベルトの縫製後の様に処理しました。

 

 

今日は、革ジャンの修理のブログなので、革ジャンのお手入れ方法のご紹介です。

まず、シーズンが終わった革ジャンをそのままかたずけていないでしょうか?

最低でも固く絞ったタオルで、革ジャンの裏地から表の革の表面、

縫製されている糸目に沿って、吹きあげてください。

2,3日乾燥させてから、革用のオイルを全体に薄く塗ってから保管して下さい。

この時の注意点は、オイルの塗りすぎはカビの原因になりますので注意です!

また、革の表面に傷スレや色あせ等で、白っぽくなっている部分に靴墨などを

スリ込むことは、絶対にNGです。

今日は、ここまでです!

 

【施工写真】

《before》

《after》

《before》引っかけて、裂けた部分です。

《after》裏あてをして、接着をした後にベルトに沿って縫製。

《before》

《after》

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-88-0704

ラインでのお問い合わせも出来ます。

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

Top