ブログ

福岡市早良区から、会社の応接セットの部分張替えと染め直し修理で綺麗に修復した事例です。

2020年05月19日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・

クリーニング専門店の革研究所博多店です。

 

今回の施工は、応接室ソファセットの本革の破れた座面部の

張替え修理・内部のウレタン交換修理で綺麗にした事例です。

会社にある応接セットや社長様の椅子などのお手入れや、

修理のご相談は革研究所にお任せください。

 

・3人掛けソファーの座面部分のみを新しい革に張替え。

・1人掛けソファーの座面部分のみを新しい革に張替え。

・内部のウレタンを固めのウレタンに交換修理。

・全体を染直しリペアで綺麗に染直し!

 

【施工写真】

《before》

DSC04023

《after》

DSC05190

《before》破れた座面

DSC04030

《after》座面を張替えてウレタンも硬めに交換済み。

DSC05198

《before》

DSC04027

《after》

DSC05193

《before》

DSC04030

《after》

DSC05198

《before》

DSC04032

《after》

DSC05204

《before》

DSC04029

《after》

DSC05200

《before》

DSC04031

《after》

DSC05202

《before》

DSC04033

《after》

DSC05205

《before》

DSC04038

《after》

DSC05206

《before》

DSC04037

《after》

DSC05207

《before》

DSC04041

《after》

DSC05214

《before》

DSC04040

《after》

DSC05215

《before》

DSC04009

《after》

DSC05139

《before》

DSC04012

《after》

DSC05165

 

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

 

Top