ブログ

福岡市東区から、3人掛けソファーと1人掛けのリクライニングチェアーのすり傷を染直しリペアで綺麗にした事例です。

2020年02月15日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・メンテナンス・

クリーニング専門店の革研究所福岡博多店です。

 

今回の施工は、福岡市東区のご家庭から、20年使用したソファーに

キズスレが目立ち始めたので、お手入れとメンテナンスを含めての

ご依頼がありました。

あと、1人掛けのリクライニングチェアーは座面の部分がへこんで

いるので、ウレタンの補充とそのウレタンを支えているバンドンの

交換修理も行いました。

 

【施工写真】

《before》

DSC00990

《after》

DSC01432

《before》

DSC00993

《after》

DSC01434

《before》

DSC00994

《after》

DSC01436

《before》

DSC01009

《after》

DSC01446

《before》

DSC01008

《after》

DSC01445

《before》

DSC01013

《after》

DSC01454

《before》

DSC01016

《after》

DSC01465

《before》

DSC01017

《after》

DSC01461

《before》

DSC01018

《after》

DSC01459

《before》

DSC01019

《after》

DSC01462

《before》

DSC01022

《after》

DSC01468

《before》

DSC01027

《after》

DSC01467

 

 

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

Top