ブログ

筑紫野市から、NATUZZI(ナツジ)のリクライニングソファーの革の破れた部分を張替修理で綺麗にした事例です。

2019年03月27日

革製品・ブランドバッグ修理・ソファー修理・クリーニング専門店の

革研究所福岡博多店です。

 

今回の施工は、筑紫野市からHPをご覧になった方からナツジのリクライニング

ソファーの座面・肘掛け部分の革が破れてお困りの方からのご依頼です。

弊社では、張替えた革と元の革の色が違っても色合せが出来ますので、

オール張替をしなくても部分張替で、張替える面積を少なくする事がでいるので、

施工代金を節約する事が出来ます。

 

今回は、ひじ・座面を張替えるので、1人掛けのソファー全体をバラバラに

解体して、ひじ・座面と分解していきます。

 

【施工写真】

《before》

DSC06643

《after》

DSC08069

《before》

DSC06644

《after》

DSC08070

《before》

DSC06645

《after》

DSC08071

《before》

DSC06646

《after》

DSC08072

《before》

DSC06647

《after》

DSC08073

《before》

DSC06649

《after》クッションも補充しています。

DSC08084

《before》座面の部分を支えるバンドです。

DSC06711

《after》新品に張替済み。

DSC06712

《before》

DSC06652

《after》

DSC08092

《before》

DSC06654

《after》

DSC08093

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

Top