ブログ

バッグのキズスレを、染め直し修理でキレイに!!

2015年07月20日

ソファー・革製品のクリーニングや修理、染め直し専門店/革研究所福岡博多店の中村です。

 

梅雨明けが待ち遠しい福岡の空です。早く梅雨明けしてカラットした天気になってもらいたいものです。

本日の施工は、黒のフォーマルなバッグに付いた、傷やスレを染直しながらの修理です。

《before》              《after》

DSC07443 DSC08105

DSC07446 DSC08113

黒のバッグですので、つめ跡やキズが目立っています。

DSC07448 DSC08107

DSC07445 DSC08112

 

如何でしょうか?

やはり、傷は無い方が良いですよね!

革研究所の施工は、傷ついたバッグの表面をクリーニングします。その後、革の白っぽくなった部分やキズを、表皮再生剤で修復して下地処理剤で、下地処理もおこないます。

(最近知ったのですが、クリーニング屋さんや街の修理屋さんの染め直しは、この下地処理をせずに直接色掛けをしているだけだそうです。)

 

革研究所は、この下地処理までに8割ぐらい時間を掛けます。

あとは、黒の塗料で染直しをおこない、キズスレを直していきます。

 

革製品の「困った」を綺麗に解決していきますので、お気軽にご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704にお電話お待ちしております。

 

 

Top