コバ(革断面部)・パイピング処理施工

【福岡店】プラダ財布 リペア 春財布 修理・修復・リペアを、革研究所福岡店でおこないました!!

2018年01月4日

こんばんは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡店の中村です。

 

春財布の購入をお考えの方、新しくお財布を買った後の古い財布をどうしますか?
頑張って買ったお財布や、思い出の財布を簡単に捨てる事は出来ませんから、役目を捨てずにタンスの中にかたずけたままにしていませんか?

 

財布を購入された方も、検討中の方も、革研究所福岡店のお財布のリペアしてみませんか?
くたびれたお財布も、同じ色に染直したり違う色に染直したり(カラーチェンジ)して、綺麗にお直しする事ができます。
また、ファスナーが壊れてし。まったお財布もお直しする事も可能ですので、お気軽にご相談してみてください。
ご予算に合わせた修理をご提案します。

 

【施工写真】

《before》
DSC04624
《after》
DSC05755
《before》
DSC04627
《after》
DSC05764
《before》
DSC04626
《after》
DSC05756
《before》
DSC04628
《after》
DSC05758
《before》
DSC04629
《after》
DSC05760
《before》
DSC04630
《after》
DSC05761
《before》
DSC04631
《after》
DSC05762

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。

ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します

【福岡店】オーストリッチ バッグ 染め替え(カラーチェンジ)やってます!

2017年07月5日

こんにちは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡店です。

 

本日はオーストリッチ・グリーンのハンドバックをブラックへの染替えです。

グリーンに飽きてしまって、黒へのカラーチェンジのご依頼を頂きました。

 

<写真 before / after>

download1download1adownload2download2adownload3download3adownload4download4a

 

 

 

お好みによりけりですが、カラーを変えると雰囲気も変わります。

 

シミ傷がついて使えないバック、

今回のような使う用途によって色を変える場合など、

お好みに合わせてカラーチェンジ可能です。

 

また艶加減も調整できます。

詳しくは、革研究所福岡店へお気軽にお問合せください。

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

 

【福岡店】革バッグ  豆知識  木端 (コバ)

2017年06月23日

こんにちは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡店です。

 

毎度革研究所をご利用頂きありがとうございます。

今日はバックや財布などの小物でよく施工する木端(コバ)についてご紹介します。

 

コバとは、革の端又は切り口、断面部を指します。

革を重ねた断面部が、木の端のような事から「コバ → 木端」が語源といわれています。

 

securedownload2securedownload3securedownload4securedownload1

 

大抵の革物のコバは、

ラバーを施されているのが殆どです。

 

ラバー  革の端部分に塗る樹脂合成ゴム (写真中のブラウン色部分)

 

またこのコバが緩くなったり、剝がれてしまわない様に

引き締め効果がある「コバ磨き」という施工を施す事で強度を増し、より長くご愛用頂けます。

強度以外にも字の通り磨きますので、見た目も綺麗になり、革製品全体の輪郭がハッキリしますし、

破れや傷がつかなければ何度でも磨き直しがききます。

 

弊社では、多く頂いているご依頼の一つであり、ブログに掲載させて頂いてます。

ご参考になれば幸いです。

ご不明な点はお気軽にお問合わせ下さい。

 

 

【福岡店】 コーチバック 持ち手 ベルト(コバ)修理

2017年01月7日

こんにちは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファークリーニング修理専門店の革研究所福岡店です。

 

今日はコーチ/COACHバック持ち手部分の側面(コバ)補修です。

 

 

今回紹介するバック持ち手の補修はよくご依頼頂く事例の一つです。

お気に入りのバックは出番が多く大事に使っていても

このような状態に・・・

<写真 before /after>

IMG_0703IMG_0708

バック持ち手は、よく屈折し圧力が掛かりやすい個所ですので写真のようなヒビが出てきやすいです。

コバ以外にも持ち手表面部や、底の四隅擦れなど補修施工は可能です。

 

このような状態で諦めていませんか?

諦める前に一度ご相談ください!

キレイになったバックをもってお出かけしましょう~

気になる点ございましたらお気軽にお問合わせください。

お待ちしております♪

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

 

 

 

【福岡店】 フェラガモ ガンチーニラウンド 財布のすり傷スレ・黒ずみ補修です!

2016年12月6日

こんばんは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・修理専門店の革

革研究所福岡店です。

 

今日は、フェラガモ ガンチーニタイプ ラウンドファスナーの長財布の

全体的な黒ずみ、擦れ修理をご紹介します。

ガンチーニ イタリア語で小さな金具の意

(ファッション業界ではフェラガモのシンボルマークΩを逆さまにしたマーク)

 

財布はパンツやバック等からの出し入れが多いので擦れがちかと思います。

 

<前面 before / after>

securedownload1securedownload1a

 

<後面 before / after>

securedownload2securedownload2a

 

また手垢での黒ずみも改善させてます。

色のトーン、艶加減はお客様のご希望に合わせて調整可能です。

 

梅雨に入りましたので、革物にはデリケートな時期です。

扱いには十分注意して頂き、適正で定期的なメンテナンスをオススメします。

ご依頼含め、他に何かご不明な点がございましたらお気軽に革研究所へお問合わせください。お待ちしております♪

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

 

ボッテガヴェネタ 長財布 染直し・補修は福岡店で!!

2016年10月13日

みなさんこんにちは!!

ボッテガヴェネタの長財布(モーブ)の染め直し補修施工をご紹介致します。

全体図ですが、施工前は少しモーブの色が薄くなりくすんだ色になってます。

破れの修理だけでもできますが、カラーチェンジすることで全体のリペアになりまた違った雰囲気ですよね~

【before】                                                                           【after】

DSCN0767 DSCN1846

 

施工後はくすんだ色からこのようになりました。

次はジッパーの持ち部分です。この持ち部分も少しですが色が落ちています。

【before】                           【after】

DSCN0768DSCN1847

落ちかけていた色もこのような仕上がりにありました。

次はパイピング部分が破れていて、色もパイピング部分だけ黒くなってましたが!!

【before】                          【after】

DSCN0770DSCN1852

【before】                          【after】

DSCN0771DSCN1849

【before】                          【after】

DSCN0773DSCN1851

 

施工後はこのように財布全体のパイピング部分が少し劣化しておりましたが、

劣化が目立たなくなり、色も全体と合わせて、まだまだ使える財布になりました!!!!

財布、鞄のパイピング部分色褪せ、色落ちは毎日使う大事な物ならやはり少しずつですが劣化はしていきます、早めの補修施工が望ましいですが、少し酷くなってるな、気に入ってるのに劣化が激しいから使えないなと思ってる方がいましたら、あきらめずに一度ご相談ください!!

お電話、メールお待ちしております。

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

ヴィトンバッグ ヌメ革染め直し修理!

2016年08月19日

こんにちは、ブランドバッグ・ソファー修理・クリーニング専門店革研究所 福岡店の沖永です!

 

皆さん、ヌメ革も染められるってご存知でしたか?

 

今日ご紹介するのはルイ・ヴィトンバッグのヌメ革部分の染め直しです。

やはりヌメ革修理依頼はルイ・ヴィトンであることが多いのですが、雨シミであったり手垢汚れであったり、、、なかなかヌメ革は扱いの難しい革ですよね。

 

物によってはそれも風合いと見ることもあるでしょうが、ルイ・ヴィトンのバッグとなるとなかなかそうもいきませんよね。

染め直しか張り替えとリペアの方法は2種類ありますが今回は染直しのご紹介をしていきます!

張り替えについては《コチラ》の記事をご覧ください。

《ヴィトンバッグ》

【写真】

《befre》                   《after》

DSC01208      DSC01730

 

やはり、ヌメ革の宿命と言いますか全体的に日焼けして、持ち手の部分は黒くなってしまっています。

他にも汚れが所々に見えますね。

今回はステッチも残してほしいということでしたので、ステッチをマスキングしたうえで施工。

ステッチぎわまで塗装する必要があるので、少しステッチに塗料がかかってしまう事もありますが綺麗にできました。

DSC01210      DSC01732

 

顔料を使用するので、多少ヌメ革の風合いが隠れてしまいますが、汚れやシミなどはしっかりと処理できてます。

DSC01215      DSC01741

 

もちろんヌメ革でない部分やファスナー部分に塗料が付かないように配慮して施工します。

DSC01218      DSC01746

 

パイピングの四隅の部分は特にダメージが出やすい部分。そこもしっかり施工します。

破れてしまっている場合はパイピングの交換となります。

ヌメ革の修理は『染め直し』か『張り替え』

お客様のお好みでお選びいただけるので、お気軽にご相談くださいね!

連絡先

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

●フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

 

ヴィトン システム手帳 修理

2016年03月23日

こんにちは、革製品・財布・バッグ・革ジャン・イス・家具・ソファークリーニング専門店の革研究所福岡の中村です。

今日は、朝一番でBNIの若鷹キャプチャーの定例会に参加してきました。

熱気のある会で、50名以上の経営者が、真剣にご自分の事業のプレゼンや他の方の事業を紹介するなど、とても刺激を受けた朝となりました。

本日の施工は、ヴィトンのシステム手帳の裏側の染直し修理です。

【before】                 【after】

DSC00405  DSC00751

すり傷で黒がはがれているので、染め直しました。

DSC00408  DSC00752

DSC00409  DSC00753

如何でしょうか?

黒い手帳は黒い方がいいよですね!

この手帳の革の表面は、細かな柄があるのでムラになりやすいので、少し苦労いたしましたが革研究所の塗装技術で、綺麗に染めることが出来ました。

革製品のお困り事は、お気軽にご相談ください。フリーダイヤル0120-88-0704番でお待ちしております。

 

グッチの財布を再施工しました。また、綺麗にしてもう一度お使い頂けます!

2016年03月3日

こんばんは、革製品・財布・バッグ・革ジャン・イス・家具・ソファー・クリーニング修理専門店の革研究所福岡博多店中村です。

今日の施工は、一度弊社で施工したグッチの財布が、使用している間にまた、すり傷で傷んできたので再施工のご依頼です。

《before》                         《after》

DSC00498  DSC00740

DSC00500  DSC00741

DSC00499  DSC00742

如何でしょうか?

サケが生まれた川に戻ってくるように、弊社に帰ってきました。

お客様には、また綺麗になって戻って来たと喜んで頂き、なんかとても嬉しかったです。

革製品のお手入れは、革研究所福岡店へお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704でお待ちしております。

 

ブルガリ 財布 染め直し クリーニング 修理専門店の革研究所福岡店

2016年02月25日

今日は、革製品・財布・バッグ・革ジャン・イス・家具・ソファー・クリーニング修理専門店の革研究所福岡店の中村です。

 

お手入れの方法で、よく革製品のクリーニングとありますが、ほとんどのリペアショップのクリーニングは、革の表面を、アルコールかクリーナーで拭きあげるだけで、あとはオイルをすり込んで終わりです。

革研究所博多店では、他店とは違くクリーニングでお手入れをおこない革製品を、カビやシミ汚れから守ります。また、臭いが気になる革製品も洗い加工で消臭もおこないます。

おまかせコースでは、加脂加工・抗菌加工・帯電防止加工などで、油分や水分を補給し固くなった革もしなやかに保ちます。

 

その他、キズスレや色あせで手に負えでない商品は、革研究所の技術で部分補色から全体染め直しリペアで、トータルにメンテナンスしますので、ご安心ください。

 

本日の施工は、ブルガリの白い財布のクリーニング+染め直しリペアです。

《before》                       《after》

DSC00429  DSC00656

DSC00425  DSC00651

DSC00430  DSC00659

DSC00426  DSC00650

如何でしょうか?

黄ばんでしまった財布を、クリーニングで手垢・黄ばみを洗い流します。

それでも繊維の中に染みこんだ黒ずみは、取れませんので元の色を作り直して、再塗装しなおしました。

また、財布の周りのコバ部分も再生しております。

革製品のお困り事は、革研究所福岡店にお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番でお待ちしております。

 

Top