ソファ・家具関係

ロルフベンツ応接室ソファセットの座面の破れを、張替え+染直し修理で綺麗に修復しました。

2020年03月30日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・

クリーニング専門店の革研究所福岡店です。

 

今回の施工は、太宰府市より20年以上前に購入された

ロルフベンツ社製の応接セットの座面の破れや、キズスレ、

色あせ、クッションのヘタリ等を、部分張替えと染直し修理で

綺麗に修復した事例です。

 

まずは、ソファの解体からですがさすがロルフベンツです。

ソファ内部がキッチリとした作りで、細部まで手が込んでおり

解体にも倍の時間がかかりましたが、座面の張替え等は革が

伸びていないので、綺麗に張替えられました。

また、クッションも硬めのウレタンがご希望でしたので、

シッカリしたウレタンに交換しました。

あと、擦り傷は染直し修理で綺麗に修復しました。

 

【施工写真】

《before》

DSC01766

《after》

DSC03136

《before》

DSC01769

《after》

DSC03135

《before》

DSC01768

《after》

DSC03118

《before》

DSC01783

《after》

DSC03138

《before》

DSC01795

《after》

DSC03127

《before》

DSC01802

《after》

DSC03132

 

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

 

久留米市より、3人掛けソファーのキズスレ・色あせ・破れなどを染め直し修理で綺麗に修復した事例です。

2020年03月27日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・

クリーニング専門店の革研究所福岡店です。

 

今回の施工は、福岡県久留米市より15年前に購入された

3人掛けソファーの座面のひび割れ・色あせや小さな穴の

補修のご依頼がありましたので、ご紹介いたします。

 

【施工写真】

《before》

DSC02569

《after》

DSC03054

《before》

DSC02572

《after》

DSC03057

《before》

DSC02574

《after》

DSC03060

《before》

DSC02576

《after》

DSC03065

《before》

DSC02586

《after》

DSC03069

《before》

DSC02589

《after》

DSC03068

《before》

DSC02582

《after》

DSC03071

《before》

DSC02580

《after》

DSC03072

 

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

猫の爪痕や色あせもお任せください!破れがなければ染直し修理で綺麗に修復いたします。

2020年03月11日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・

クリーニング専門店の革研究所福岡店です。

 

今回の施工は、猫ちゃんの爪痕と色あせを改善する為の

修復修理です。

まずは、ソファー全体をクリーニングをしてから、キズの

下地処理をおこないます。

乾燥後に一番濃い色に合わせてからの染直しを行います。

またまた乾燥させてから、つやを消さないように艶ありの

トップコーティングをおこなって終了です。

 

【施工写真】

《before》

DSC02108

《after》

DSC02630

《before》

DSC02090

《after》

DSC02626

《before》

DSC02091

《after》

DSC02627

《before》

DSC02095

《after》

DSC02628

《before》

DSC02087

《after》

DSC02624

《before》

DSC02114

 

《after》

DSC02636

《before》

DSC02115

《after》

DSC02633

 

 

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

2020年02月28日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・

クリーニング専門店の革研究所福岡店です。

 

今回の施工は、アイボリーのソファーが汚れてきたので

クリーニングを希望された方からのご依頼です。

キズやスレ・ウレタンのヘタリ等がありましたので、

解体してのバンド交換とウレタンの補充を行いました。

 

【施工写真】

《before》

DSC01030

《after》

DSC02126

《before》

DSC01032

《after》

DSC02128

《before》

DSC01035

《after》

DSC02138

《before》

DSC01037

《after》

DSC02131

《before》

DSC01038

《after》

DSC02132

《before》

DSC01045

《after》

DSC02137

《before》

DSC01044

《after》

DSC02143

《before》

DSC01048

《after》

DSC02152

《before》

DSC01049

《after》

DSC02150

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

 

 

※持ちもみの場合はお電話で予約しての来店ください。

 

【NATUZI】ナツジのソファーに付いたペットの爪痕を修理修復した事例です。

2020年02月27日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・

クリーニング専門店の革研究所福岡店です。

 

今回の施工は、福岡市西区から猫ちゃんの爪痕で傷ついた

natuzziソファーの修理修復を染直しリペアで綺麗にした事例です。

①ソファー全体をクリーニングでシッカリ洗います。

②猫の爪痕やキズスレを下地処理をおこないパテで埋めていきます。

③革の表面を保護する塗装の膜を再度構築します・

④乾燥後、トップコーティングして終了です。

 

【施工写真】

《before》

DSC01844

《after》

DSC02070

《before》

DSC01849

《after》

DSC02073

《before》

DSC01854

《after》

DSC02077

《before》

DSC01850

《after》

DSC02074

《before》

DSC01855

《after》

DSC02078

《before》

DSC01860

《after》

DSC02079

《before》

DSC01859

《after》

DSC02081

 

 

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

 

 

 

太宰府市から、応接セットの擦り傷を染直しリペアで綺麗にしました。

2020年02月19日

革製品・ブランド・ソファー修理・張替え修理・クリーニング専門店の

革研究所福岡店です。

 

今回の施工は、太宰府市にお住いの方からご家庭の応接セットのキズスレ

変色を染直しリペアで綺麗に修理した事例です。

20年以上ご使用されていて、革には黒ずみがしみ込み変色しており、

ひび割れも多く見受けられるダメージの酷いソファです。

 

まずは、クリーニングで汚れを洗い流して乾燥させます。

その後、キズスレを革専用のパテでの下地処理を何度も繰り返します。

再度、乾燥させてから下染めを数度行い最終的に本染めを行います。

最後にトップコーティングで全体をコートします。

 

【施工写真】

《before》

DSC01381

《after》

DSC01725

《before》

DSC01396

《after》

DSC01722

《before》

DSC01395

《after》

DSC01724

《before》

DSC01407

《after》

DSC01719

《before》

DSC01404

《after》

DSC01729

《before》

DSC01051

《after》

DSC01704

《before》

DSC01415

《after》

DSC01702

 

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

 

ハーレーダビッドソンの革のシートを黒に染直しました。本革の張替え修理や染直し修理が得意なお店です。

2020年02月17日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・

クリーニング専門店の革研究所福岡店です。

 

今回の施工は、福岡市中央区大濠のお客様からバイクの

ハーレーのヌメ革のシートを黒く染直すご依頼です。

ヌメ革に汚れが染み込んでいるので、念入りにクリーニングを

おこなってから、下地を作った後に染料で下染めしから

黒へ本染めを行い乾燥後にトップコーティングをして、

完了です。

 

【施工写真】

《before》

DSC00124

《after》

DSC00972

《before》

DSC00127

《after》

DSC00974

《before》

DSC00126

《after》

DSC00976

《before》

DSC00125

《after》

DSC00977

《before》こちらは、サイドバッグです。

DSC00132

《after》

DSC00980

《before》

DSC00140

《after》

DSC00983

《before》

DSC00138

《after》

DSC00988

 

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

 

2020年02月14日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・メンテナンス・

クリーニング専門店の革研究所福岡店です。

 

今回の施工は、福岡市東区のご家庭から、20年使用したソファーに

キズスレが目立ち始めたので、お手入れとメンテナンスを含めての

ご依頼がありました。

あと、1人掛けのリクライニングチェアーは座面の部分がへこんで

いるので、ウレタンの補充とそのウレタンを支えているバンドンの

交換修理も行いました。

 

【施工写真】

《before》

DSC00990

《after》

DSC01432

《before》

DSC00993

《after》

DSC01434

《before》

DSC00994

《after》

DSC01436

《before》

DSC01009

《after》

DSC01446

《before》

DSC01008

《after》

DSC01445

《before》

DSC01013

《after》

DSC01454

《before》

DSC01016

《after》

DSC01465

《before》

DSC01017

《after》

DSC01461

《before》

DSC01018

《after》

DSC01459

《before》

DSC01019

《after》

DSC01462

《before》

DSC01022

《after》

DSC01468

《before》

DSC01027

《after》

DSC01467

 

 

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

3人掛け+2人掛けのソファーを、本革から合皮にオール張替え修理を行いました。

2020年02月12日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替え修理・メンテナンス・

クリーニング専門店の革研究所福岡店です。

 

福岡市城南区飯倉から、3人掛けの革のソファの修理依頼がありましたので

ご紹介します。

今回は、大分県日田市にあるアサヒさんのソファーとダイニングチェアーの

張替え修理です。

3人掛けソファーの革が破れて中のウレタンも形状が崩れていました。

お客様とのご相談で今回は、本革から合皮レザーへの張替えとなりました。

中のウレタンは、予算の関係で補充で対応しようと思いましたが、厚みが足りないので

新規で交換しました。

また、ダイニングチェアーも布から、合皮のレザーで張り替えました。

 

【施工写真】

《before》

DSC00776

《after》

DSC01292

《before》

DSC00778

《after》

DSC01296

《before》

DSC00784

《after》

DSC01300

《before》

DSC00785

《after》

DSC01301

《before》

DSC00786

 

《after》

DSC01303

《before》

DSC00767

《after》

DSC01306

《before》

DSC00774

《after》

DSC01317

《before》

DSC00757

《after》

DSC01320

《before》

DSC00759

《after》

DSC01329

《before》

DSC00758

《after》

DSC01326

 

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

 

3人掛けソファ+2人掛けソファの部分張替え修理(本革)キズスレは、染直しリペアで綺麗にします。

2020年02月11日

革製品・ブランドバッグ・ソファー修理・張替えメンテナンス・

クリーニング専門店の革研究所福岡店です。

 

今回の施工は、20年ほど前に購入のソファーセットの破れや

色あせ、キズスレを綺麗に修復した事例です。

 

破れている部分は、3人掛けソファーの座面部分と、2人掛けソファーの

座面と背中の部分が破れてです。

普通なら、全張替えとなりますので、革代だけでも結構な金額となりますので、

破れのある部分のみの張替えをおこない、他のキズのある部分は染直しリペアで

綺麗に修復し、張り替えた新し革とオリジナルの革とでは色が変わりますので、

元の色へ染直して違和感なく仕上げました。

 

【施工写真】

《before》

DSC00235

《after》

DSC01271

《before》

DSC00236

《after》

DSC01270

《before》

DSC00242

《after》

DSC01279

《before》

DSC00244

《after》

DSC01277

《before》

DSC00245

《after》

DSC01275

《before》

DSC00246

《after》

DSC01286

《before》

DSC00247

《after》

DSC01285

《before》

DSC00252

《after》

DSC01247

《before》

DSC00256

《after》

DSC01257

《before》

DSC00263

《after》

DSC01260

《before》

DSC00262

《after》

DSC01261

 

 

一般的な修理屋さんは、本革の場合ソファーの座面の一部が

破れていても、ソファー全体を張替えとなりますので、革の使用枚が

多くなり金額が高くなりますので、本革から合皮のレザーへの張替などを

勧められますが、やはり合皮のレザーは合皮です。

本物の革には敵いません。

 

弊社では、部分張替が出来ますので修理する革の枚数が最小限で済みますし、

張替えない他の部分も染め直し修理で、綺麗に修復し張替えた革とも色を

併せる事が出来ますので、違和感がありませんのでご安心ください。

本革のソファーの修理やメンテナンスでお悩みの方は、お気軽に弊社に

ご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です!

 

 

Top