部分張替え

福岡県福岡市城南区より、合皮のイスの張替修理事例です。

2019年07月23日

革製品・ブランドバッグ修理・ソファー修理・クリーニング専門店の

革研究所福岡博多店です。

 

福岡市城南区より、ご家庭でお使いの1人掛けの合皮で出来たイスの張替のご依頼が

ありましたので、ご紹介いたします。

革専門店の革研究所ですが、合皮のイスの張替も出来ますので、安心してご相談ください。

 

【施工写真】

《before》

DSC00801

《after》

DSC01447

《before》

DSC00802

《after》

DSC01448

《before》

DSC00803

《after》

DSC01450

《before》

DSC00805

《after》

DSC01455

 

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

 

【福岡店】カウンターチェアー キズスレ修理 染直しはソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡店。

2017年05月27日

こんにちは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡店です。

 

今回は剥げて劣化の酷いホテルのバー用カウンターチェアのご紹介です!!

この様に、業務用の革製品のイス・ソファーの修理・染直しリペアも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

《before》                        《after》

image1image4image2image5image3image6

 

木製の肘掛部分は着手しておりませんが、ご希望があれば施工可能です。

今回のご依頼は非常に劣化が酷く糸の解けもあった為、お客様のご希望に添い、黒へカラーチェンジを行いました。

 

過度のヒビ割れ、傷、スレで買い替えを検討されてる方いらっしゃらないでしょうか。

深いダメージを負った革でも色のトーンを変えれば、目立ちを抑える事が出来る可能性があります。

革製品でお悩みの方、一度革研究所にお気軽にお問合せください。お待ちしております♪

 

 

ロルフベンツ(ドイツのメーカー)の本革ソファーを、染め直しリペアを行います。

2015年06月15日

ソファー・革製品のクリーニングや修理、染め直し専門店/革研究所福岡博多店の中村です。

 

今回の施工は、ドイツのメーカーで「ロルフベンツ」のソファーの染め直し修理のご依頼を受けました。

1964にコーナーソファーを世に出したメーカーです。

ドイツのメーカーだけに、重厚で頑丈な高級ソファーですよ。特徴は、とにかく重い!!

フレームに金属を使っているので、ソファーの形が経年で崩れる事が無く、いつまでも形を変えるませんし、表面の革の部分にも負担を掛けず、長く使えるソファーですが、やはり、スリキズや色あせには、革研の修理が必要となります。

 

高級なソファーですので、簡単には買い替えも出来ずに困っていたお客様が、弊社のHPから、施工ブログを見てからのご依頼となりました。

 

《before》             《after》

DSC06613 DSC07409

↑色あせとすり傷で、白ぼけて見えます。  ↑ 黒の染料とピグメントで染めてます。

 

DSC06614 DSC07410

右の肘掛部分のリペア。

DSC06612 DSC07410

左の肘掛部分のリペア。

DSC06619 DSC07416

 

DSC06620 DSC07415

DSC06621 DSC07413

ヘットレスも可動式ですので、裏側も綺麗に染めております。

 

如何でしょうか?

ロルフベンツの良いところは、まず革の質が良い!フレームが良い!座り心地が良い!

の、三拍子そろったソファーです。

個人的には3本の指に入るソファーと思っています :-)

 

革研究所は、定額料金制ですので、破れやクッションのヘタリが無ければ3人掛けのソファーですと、40,000~60,000円で染直し修理が出来ますのでお気軽にご相談ください。

出張見積は無料ですから、お気軽にお呼び下さい。

ソファーの構造から丁寧にご説明してのお見積もりをお出しいたします。

 

また、破れてしまった革に対しては、部分的に張り替え修理もおこなって、微妙な色合わせも革研究所福岡博多店の得意施工技術です。

 

フリーダイヤル0120-88-0704番でお待ちしております。

 

白いソファーの黒ずみ・破れ・すり傷は、革研究所におまかせ下さい。

2015年03月20日

今晩は、革製品・バック・財布・革ジャン・ソファー・イスの修理専門店、福岡の革研究所福岡博多店中村です。

 

春が近づいているので、毎日少しずつ暖かくなってきています。

花粉には縁が無かったのですが、今年はなんか、目がかゆく、くしゃみがでて、鼻づまりの鼻声になっています。

これって、花粉症?

集中力が、なかなか続かず困っていますが、お客様のバックやソファーの施工に毎日忙しく、働いています。

 

今日は、福岡市中央区からのご依頼の白いソファーです。お客様からソファーのウレタン補充も依頼を頂きましたので、リペアと同時に施工いたしました。

 

《before》                 《after》

DSC03885 DSC04017

DSC03890 DSC04018

DSC03893 DSC04004

 

如何でしょうか?

白のソファーは、お手入れをしないと黒ずみが目立ちます。また、手垢がついて長年の汚れが付着するとまだらなシミが目立ちますので、クリーニングでキレイに汚れを落していきます。

その後、表皮再生剤で表皮を整えてから、白の塗料で染め直します。その後、透明な樹脂膜でのコーティングを2層おこなって完成です。

 

座面が、ヘタリ初めていたのでウレタンの補充もリペアのついでに施工しましたので、施工金額をお安くする事も出来ました。

 

この他に、ソファーの座面を支えているバンドが伸びている可能性もあるので、バンドの点検もお勧めいたします。

 

ソファーを購入して、7年から10年ぐらいで、一度専門家によるお手入れと点検を、ご検討ください。

良い家具を長くお使いして頂くには、車の車検と同じ様に点検修理が必要ですよ!!

 

ソファーの革の染直しリペアだけで無く、部分張替えやソファー内部の修理が出来るのは、革研究所福岡博多店の得意技です。

お気軽にご相談ください。博多店中村がお待ちしております!!

 

Top