ブログ

新年明けましておめでとうございます。エルメスのバックの修理です。

2015年01月1日

エルメスのバックを、ステッチ残しでの修復依頼です。

昔は、馬具のメーカーですが、車社会になっていくので、バックや財布に路線を変えて行き今ではトップブランドメーカーなりました。

元馬具メーカーですので、革もデザインも他のバックメーカーとは、一味違い作りもシッカリした物が多く、修理を依頼されて、修理のやりがいのあるバックメーカーです。

 

こんばんは、革研究所福岡博多店中村です。

2015年1月1日元旦です。

去年一年間は、お客様からの多くのご依頼をありがとうございました!

バック・財布・コート・革ジャン・ブーツ・イス・本革ソファーなど、革製品の「お困り」を、解決して出来ましたのも、お客様からのご支持があった事だと思います。感謝申し上げます!!

 

《before》                      《after》

DSC01803 DSC01978

DSC01804 DSC01980

DSC01808 DSC01982

DSC01812 DSC01981

DSC01809 DSC01983

 

如何でしょうか?

ステッチもバックのデザインの一部ですので、ステッチを残してのリペア施工です。

このバックのスレやキズ程度ですと、とても綺麗に蘇りますよ。

早めの修理が、バックを綺麗に保てますし料金もリーズナブルに出来ます。

フリーダイヤル0120―88―0704で、お待ちしております。

 

革研究所は、来年もお客様の革製品のお困り事を、一件でも多く解決して、お客様の思い出の詰まった大切なバックや財布・ソファーを、綺麗に蘇らせます!!

 

皆様に山ほど良い事が、おこります様にお祈り申し上げます。

 

 

 

 

Top