革研究所
名古屋東店

バッグの色に飽きたなら、張り替えずに色替えする方法ご存知ですか?エナメルバッグカラーチェンジ

バッグの色に飽きたなら、張り替えずに色替えする方法ご存知ですか?エナメルバッグカラーチェンジ

2017年08月22日

エナメルバッグが変色し黄ばんでしまって、または黒ずんでしまって、使っていない!

 

久しぶりに使おうと思い出したら、変色し黄ばんでいる!

 

エナメル加工のしてある素材になりますと、このようにエナメル膜が変色し黄ばんでしまったと言う、お客様が非常に多いです。

革研究所では、このようなエナメル素材の革の修理・修復・染め直しも対応いたします。

注意:見た目はエナメル加工がしてある素材でも、その下の素材が革素材であれば、対応可能でございますので、ご了承くださいませ。

 

 

 

皆様 おはようございます、革研究所 名古屋東店・名古屋大須店の陶山(スヤマ)です。

 

今回ご紹介させて頂きます商品は、シャネル【CHANEL】のエナメル チェーンショルダーバッグです。

元のお色はバッグの中と同じようなピンク色でした。そちらが変色し黄ばんでいる状態でございます。

同じお色に戻すのも検討されましたが、どうせなら違った雰囲気にしたいと言うことで、紺色(ネイビー)にカラーチェンジ施工オプションをお選びになりました。

基本的には、エナメル部分のみの色替えとなっておりますが、そちらの説明は後程!

まずは、色替え修理事例をご覧ください。

Before After
P7252291 P9022254
P7252292 P9022255
P7252294 P9022257
P7252297 P9022260
P7252295 P9022258

こちらのシャネルのバッグになりますと、中の素材が布地でありました。

革素材と違い、色の染まり方も違ってまいります。

また、布地に硬さがでたり、カサカサしてしまう場合がございます。

このような注意事項をお話しさせていただいてから、作業に入っていきます。

 

また、チェーンショルダー内の革はエナメル加工のしたいない革でしたので、こちらはエナメル加工無しで染め替えさせて頂きました。

いかがでしょうか?

 

 

カラーチェンジ時のサンプルカラーの提示について

※お色は基本的に何でも作成できますが、作成できない色もございます。
ゴールド・シルバー・ブロンズやラメ入りでございます。
お色が決まりましたら、カラーサンプル品(紙切れ等でも構いません)として商品と一緒に同封していただければと思います。または、画像で提供くださいませ。
注意:画像での提供になりますと、モニター等の違いによりイメージとズレてしまう場合がございます。こちらをご理解頂ければお受け可能とお考えください。
なかなかお色のお話は難しく、口頭だけではトラブルの原因となってしまいます。
誠にお手間とは思いますが、何卒ご了承くださいませ。
今回のようにバッグだけでは、ございません!
お財布の色替えや、ジャケットの色替えも対応しております。
また、革ソファやお椅子の色替えもしております!
それでは、ご連絡お待ちしております。
革研究所の陶山でした。

シミ痕?カビ?どうにかしたい!状態に応じ修理方法を提案するプロショップ革研究所

2017年08月20日

革素材は、水分と摩擦に弱いものです!

摩擦は想像つくと思いますが、水分はどのような液体かにもよりますし、お持ちの皮革製品の素材にも関係してまいります。

 

シミが付きやすい革なのか?

表面に乗っているだけの状態なのか?

付着した時はなんともなかったのに、数か月後シミ痕と見えてきたりする時もございます。

それが原因でカビが繁殖してしまったり、匂いがしたり!

 

すべての商品をクリーニングだけで、改善できる訳ではございません!

お持ちの革製品の素材や傷み具合を見て、修理・修復方法を提案させて頂くお店 革研究所でございます。

 

 

 

 

皆様 おはようございます、革研究所 名古屋東店・名古屋大須店の陶山(すやま)です。

 

今回ご紹介させて頂きます商品は、エルメス【Hermès】ガーデンパーティと言うトートバッグです。

農機具を入れるようとして当時は作られたバッグだそうですが、購入金額も高くとても入れれないと私は思います!

素材といたしましては、革素材とキャンバス地のコンビバッグです。

そのキャンバス地にシミ痕があり、カビも繁殖、カビ独特の湿った臭いもございました。

このような素材のバッグですと、やはり洗浄クリーニングをお勧めさせていただきました。

まずは、その修理写真をご覧ください。

Before After
PA012352 PA212345
PA012355 PA212348
PA012357 PA212350
PA012360 PA212353

バッグの中の写真が無いですが、バッグの中もカビ染みがございました。

また、使えないと判断したお客様は、そのまま放置しておいたため形が変形しておりました。

 

洗浄クリーニングと言うことで特殊な洗剤で丸洗いし、乾燥させながら形を整えていきました。

シミ痕もある程度消え、カビの臭いも消え、綺麗になったと思います!

これでまたお使いになれるように変身いたしました。

いかがでしょうか?

 

 

革製品を洗う際に、一番重要なのが乾燥時です。

急激に革の中の水分を取り除こうといたしますと、必ず縮みます!

また、硬さも出てしまいます。

そのような事も考え、色々な方法を提案させて頂きます。

 

長年の経験を活かし、お持ちの革製品に適した修理・修復・染め直し方法を提案させて頂きます!

どのように仕上がってくるか?

不安にならないよう、しっかりと最初にお伝えさせて頂きます。

※作業をしてみないとわからない場合もございます。その場合は、その都度ご連絡させて頂きます。

 

 

革研究所では、バッグや財布のクリーニングだけではございません!

ご自宅のリビングや、会社の応接室・社長室の革ソファのクリーニングも対応いたします。

このソファクリーニングに関しましては、基本出張で現地にて作業させて頂きます。

 

ここでの注意点は、これまた革表面の加工方法の違いです。

そのような事を考え、まずはメールかラインにて画像を送っていただけますと、スムースです!

画像をみて、クリーニング可能か?それともリペアが必要になるのか?等を見極めお伝えさせて頂きます。

 

 

革研究所 名古屋東店・名古屋大須店では、使えないようになってしまった皮革製品のリペア(修理・修復・染め直し・交換・張り替え・メンテナンス)専門店です。

捨てるまえに、酷くなる前に、まずはお気軽にご相談下さい。

カビの繁殖が拡散してしまう前に、革が破れてしまう前に、キズが広がらない前に、ご検討ください。

革製品にロゴ文字を書いたり、絵を描いたりも紹介しているホームページはこちら

 

 

それでは、ご連絡お待ちしております。

革研究所の陶山でした。

 

 

 

バッグ内袋交換。ベトベトでは使えない方必見!縫製修理も対応可能な革研究所

2017年08月19日

革製品修理専門店といたしまして、革表面修理のご依頼が多いですが、革研究所ではバッグの内袋・内張り交換といった、縫製修理も対応しております。

 

バッグの中がベタベタで、何も入れれない!

財布の内側が張り付いて、お金を入れれない!

持ち手の付け根が抜けそう!

持ち手がちぎれた!

ファスナーが壊れた!

糸がほつれて、壊れそう!

 

このような革表面修理以外でも、対応できるお店  革研究所でございます。

 

 

 

 

皆様 おはようございます、革研究所 名古屋東店・名古屋大須店の陶山(すやま)です。

 

今回ご紹介させて頂きます商品は、シャネル【CHANEL】マトラッセ チェーンショルダーバッグの内袋交換です。

中だけがボロボロになってしまい、交換修理のご相談をうけました。

まずは、修理写真をご覧ください。

Before After
IMG_2364 IMG_3496
IMG_2367 IMG_3498
IMG_2365 IMG_3497

今回の中の素材は革でありましたが、合成皮革素材になりますと、ベトベトしてきます。

日本の湿気に負け、張り付いてしまう事も多いです。

 

そのようにならない為に、シャンタン生地と言う強度もある生地に交換させて頂きました。

もちろん、革素材で交換することも可能です!

CHANELマークロゴは無くなってしまいましたが、使えない状態よりは良いと思います。

いかがでしょうか?

 

 

その他のサービスといたしましては、エナメル修理・ソファー修理もございます。

 

エナメルバッグの変色・黄ばみ修理。

捲れ・曇り・ベタツキ・色あせ・色移りも対応しております。

なるべく長く使いたいという方には、色替え(カラーチェンジ施工オプション)修理もございます。

 

ソファー修理になりますと、今回の張り替え修理も対応可能です。

ですが、張り替え(交換)修理は最終手段と思ってください!

また革研究所では、お色を入れれる技術があるため、部分的に張り替えても全体的にお色を統一するため違和感がでません。

※注意:革表面のシボ(凹凸)を一致させることは非常に難しいです。なるべくシボの間隔の似たような革にて張り替えますので、ご理解いただければと思います。

 

お尻を乗せる部分が破れた!

肘を乗せる箇所がひび割れた!

座ると沈んでしまうようになった!

色が褪せてきた!

白くなって見っともない!

お客様がくるから、恥ずかしい!

 

こんな事例は多くございます。

 

まずは、お気軽にご相談下さい。

フリーダイヤル 0120―134―939

写真を送っていただけますと、よりスムースです。

メールかラインにて、お願いいたします。

 

ある程度状態・状況をお聞きし、修理・修復方法や修理金額を提示させて頂きます。

その後実際に商品を見させていただく流れでございます。

お見積もり・ご相談は完全無料です!

 

愛知県内はもちろん、他県(お見積もりが有料となってしまう場合がございますので、要相談とさせて頂きます。)の方もお気軽にお問い合わせください。

 

手遅れになる前に、キズが進行し破れてしまう前に、まずは革修理専門店にお問い合わせください。

 

 

それでは、ご連絡お待ちしております。

革研究所の陶山でした。

 

 

 

Top