革研究所
名古屋東店

カレンダー検索

ビジネスバッグ持ち手革めくれ!新規作成交換し長く使えるようにお直しいたします

2017年08月6日

仕事用として使っているレザーバッグ!

 

取引先のお客様に見られたり、同僚に見られていますよね?

やはり傷んでいたり、汚れている部分があるとそこも見られています。

 

どうにかしたい!と思ったら、まずは革修理の革研究所にご相談ください!

 

 

 

皆様 おはようございます、革研究所 名古屋東店・名古屋大須店の陶山(すやま)です。

 

今回ご紹介させて頂きます商品は、カルティエ【Cartier】のビジネスバッグです。

持ち手の内側の革が捲れてしまい、ご相談頂きました。

こちらのお客様も2点目をご依頼いただきましたリピーターの方です。

持ち手を交換しバッグ全体のスレ傷を修理いたしました。

Before After
IMG_3207 IMG_5022
IMG_3216 IMG_5032
IMG_3211 IMG_5026
IMG_3210 IMG_5025
IMG_3218 IMG_5034

持ち手を作りはめ込むだけ!  では、ございません。

持ち手と通っているループ部分を取り外し、持ち手を入れ込再度ループを取り付けました。

 

交換修理や金具のメッキ修理になりますと、その部分を取り外すのにどうやって取り外すかで修理金額も変動してきます。

ネジ等で留まっている物でも、気になるパーツがどのように取り付けてあるかもわかる写真も送っていただけると助かります。

 

 

革研究所では、革製品のリペア全般にお受けしております。

やはり気になるのが、修理金額と仕上がりと思います。

でも、どのように修理できるかがわからないと、なかなか明確にお伝えできない場合がございますので、ご理解いただければと思います。

 

まずは、そちらも含めお気軽にご相談ください!

お電話はフリーダイヤル  0120―134―939

メールはホームページのお問い合わせから。

ラインはホームページの中のLINEマークよりお友達になっていただければと思います。

 

革製品の洗浄クリーニングからスレ傷補修、交換。

全てお任せください。

 

 

それでは、ご連絡お待ちしております。

革研究所の陶山でした。

 

 

 

Top