ブログ

お財布黒ずみ汚れで使っていないけど、捨てれない方必見!クリーニングで落ちない状態でも革研究所にお任せ

2017年12月10日

革製品と言いましても、革の上に色々な可能がしてあります。

 

単に、汚れてしまった!黒ずんでしまった!黄ばんでしまった!

と、言いましても、やはりお持ちの革の状態により、クリーニングで落しきれるものなのか?等が変わって参ります。

 

しっかり塗装のしてある革(白色系はほぼ塗装してある革と思ってもらっても良い)は、表面的なクリーニングで落すことができます。

でも、革が傷んでいれば、傷んでいる細かな傷から汚れが中に入り、取り除く事ができません!

また、薄っすら塗装してある革はやはり染み込み易い素材であるため、汚れも革の中に入りクリーニングだけでは取り除けません。

 

そのような状態になりますと、革研究所の修理・修復 べ―ス価格の作業内容でもあります、表面クリーニング後、お色を入れながら表面を修復していく スレ傷リペアになってしまいます。

 

その革の状態を見させていただき、修理・修復・染め直しさせて頂くお店、革研究所!

 

 

 

 

皆様 おはようございます、革研究所 名古屋東店・名古屋大須店の陶山(すやま)です。

※名古屋大須店はソファ修理のみ受け付けております。スタッフは在住しておりませんので、ご理解いただければと思います。その際は、まずフリーダイヤルまでご相談下さい。

 

今回ご紹介させて頂きます商品は、エルメス【Hermès】ベアンと言うお財布です。

非常に高価な有名ブランドであります。

革はしっかりしているのですが、お財布になりますとやはり黒ずみ汚れが気になってきたりします。

また、良く使うベルト部分の縫製もほつれてしまい、ご依頼していただけました。

まずは、修理・修復・染め直し写真をご覧ください。

Before After
IMG_1319 IMG_4473
IMG_1320 IMG_4474
IMG_1328 IMG_4482
IMG_1326 IMG_4480
IMG_1329 IMG_4483
IMG_1327 IMG_4481

フラッシュや撮影時間の違いで、お色が違って見えてしまっておりますが、元のお色に合わせてあります。最後のBefore写真の内側と比べていただければと思います。

 

外面もお色が変色していたのが分かりますよね!

 

糸目がほつれた箇所を再縫製(折れ曲がり部分とベルト部分)し、その後表面クリーニング。

角スレを修復しながら、表面を作っていきました。

色止め前に、革と革の断面部分 コバを再生し、最後にトップコート(防汚加工)を噴霧いたしました。

使える状態に戻ったのでは、ないでしょうか?

いかがでしょうか?

 

 

傷んできたから、使わない。

汚れが目立ち、使っていない。

でも、捨てれないあなた!

 

捨てなくていいんです。

相談・見積りは無料です。

 

まずは、お気軽にご相談ください。

http://www.kawaken-nagoya.net/

↑  ↑  ↑

こちらのブログでも多くのリペアブログが記載してあります。

エナメル修理やソファ修理、ジャケット修理も載っております。

 

 

 

皮革製品のクリーニングから、スレ傷補修。

全てに対応できるお店  革研究所でございます。

 

 

それでは、ご連絡ご相談お待ちしております。

革研究所の陶山でした。

 

 

 

Top