革研究所
名古屋東店

ブログ

革色あせが恥ずかしい!汚れが付きにくくコーティングも可能なお店 革研究所

2017年08月10日

色の中でも抜けやすいお色があるの、ご存知です?

 

 

色の違いにより、抜けやすいお色は赤(レッド)です!

赤色が抜けオレンジ色になっていることもあるぐらいです。

 

色が抜けてしまったから、使えない!使わない!  では、無く。

お色を入れなおし、もう一度使っていただけるようにお直しさせて頂くお店 革研究所でございます。

 

 

 

皆様 こんばんは、革研究所 名古屋東店・名古屋大須店の陶山(すやま)です。

 

今回ご紹介させて頂きます商品は、エルメス【Hermès】の手袋です。

 

冬に使っていて、お色の褪色が気になりOFFシーズンにご依頼頂きました。

まずは、修理・修復写真をご覧ください。

Before After
IMG_3810 IMG_4835
IMG_3814 IMG_4839
IMG_3815 IMG_4840
IMG_3812 IMG_4837

内側は色あせもあまり気にならない状態でありました。

でも外面は左右のお色が違いますよね?

お色を合わせ、染め直し、更に汚れ防止としてトップコート(防汚加工)も施しました。

これで、今年の寒い冬も安心ですよね!

いかがでしょうか?

 

 

お色の褪色は防ぎようがありません!

当店で修理・修復しても、どうしても褪色はしていってしまいます。

でも、革研究所 独自の塗料はリペア用に開発された塗料でございます。

このような耐光性も考え作られております。

 

単にお色を入れて完成ではなく、今後の事も考え、修理・修復・染め直し等の提案をさせて頂きます。

 

まずは、気になる革製品の状態をお聞かせください。

状態?

・商品の形

・色

・劣化具合➡こちらが非常に難しい所ですが、革の症状をそのままお伝え願えればと思います。

例:ひび割れしている。カサカサしている。ベタベタしている。曇ってきた。

・場所➡気になる商品の気になる場所

・使用年数➡こちらは、主にソファやお椅子の場合にお聞きいたします。

 

このような事をお伝えいただきますと、どのように修理できるか?お直しできるのか?もお答え可能です。

更に、メールやラインで画像がありますと、もっとスムースです!

 

 

電話でも、このようにある程度の判断は可能です!

何故なら、経験豊富な技術者だからお答えできると自負しております。

 

 

まずは、まずは、お気軽にご相談下さい。

※8/11~8/16は夏季休暇となっております。誠に勝手ではございますが、ご理解いただければと思います。

メールでのお問い合わせに関しましては、なるべく返信したいと思います!

 

 

 

それでは、ご連絡お待ちしております。

革研究所の陶山でした。

 

 

 

Top