革研究所
名古屋東店

ブログ

バッグが色あせし使えない!使えるように戻せるのご存知です?革修理は革研究所

2017年06月19日

革素材のバッグ・財布・靴・ジャケット・ソファやお椅子。

 

お色が褪せてきたから使えない!

持ち歩けない!

 

だからと言って処分するのは、非常に勿体ないと思いませんか?

 

バッグの変色・黄ばみ・色あせ・色移り修理・修復してもう一度使いませんか!

スレている傷を埋めたり、持ち手の黒ずみを改善したり、全て革研究所にお任せください。

 

 

 

皆さま こんにちは、革研究所 名古屋東店の陶山(すやま)です。

 

今回ご紹介させて頂きます商品は、オーストリッチ(ダチョウ)のハンドバッグ 色あせ修理です。

ファスナー布地のお色に合わせると言う事で、お受けさせて頂きました。

Before After
P5112667 IMG_1210
P5112670 IMG_1215
P5112679 IMG_1222
P5112671 IMG_1216

お色を濃くすることで、色あせしにくくなったと思います。

またクイル(ダチョウ独特のイボ)の部分も同色で良いと言う事で、このようなに仕上げました。

いかがでしょうか?

 

 

革研究所では、仕上がりをイメージしていただきお話しさせて頂きます。

お色はお話しだけでは、私たち作業者と合致しない場合がございますので、今回のように「この部分の色」とご指定頂く内容でお受けさせて頂いております。

艶に関しましても、現状より 「多いor少ない」等でお話しさせて頂きます。

 

もちろん、画像で「この色」とメールやラインで送っていただいても対応はいたしますが、どうしてもモニターの違い等により多少見え方が変わってきてしまいます。そちらをご理解いただければお受け可能とお考えください。

 

 

できる限りお客様のご要望に添えるよう、精いっぱいお受けさせて頂きます!

 

 

それでは、ご連絡お待ちしております。

革研究所の陶山でした。

 

 

 

 

Top