ルイ・ヴィトン

【LOUIS VUITTON】ルイ・ヴィトン ヴェルニ バッグの汚れ・色褪せの修理・補修・カラーチェンジ

2015年05月21日

こんにちわ。

革研究所熊本北店の藤本です。

 

本日はヴィトンのヴェルニシリーズのバッグをご紹介致します。

まずは施工前の写真から↓

P1020982 P1020984 P1020988 P1020993

やはり長年使っているとどうしても退色など気になりますね。

今回はカラーチェンジでブルーアンフィニのカラーに変更したいとの希望です。

 

ブルーアンフィニは独特のカラーで光に当てた時と、通常時で見え方が変わる色です。

通常の着色よりも更に難しい色ですね。

塗付量をこまめに調節しながら慎重に行いました。

そして完成した写真がこちら↓

P1030708 P1030704 P1030706 P1030703

いかがでしょうか?

一見黒に近い紺色のようですが光を当てるとこんな感じです↓

P1030712 P1030710

お客様に見せたところ、大変気に入っていただきました。

 

このような特殊な色でも革研究所熊本北店では、出来る限りお客様のご希望に近い

色を作成し修理・染め直しをすることが可能です。

皆様も是非一度お試し下さい。

 

革研究所熊本北店ではシャネルやエルメス、グッチ、ヴィトン、コーチなどスーパーブランドのバッグ

財布の補修を強化しております。

エナメルなど難しい施工も自信をもって受付しておりますのでお困りの方は是非一度お問合せ下さい。

皆様のご連絡お待ちしております!!

【LOUIS VUITTON】ヴィトン ヴェルニ 財布のカラーチェンジ・修理

2015年01月16日

おはようございます。

革研究所熊本北店の藤本です。

本日はヴィトン ヴェルニタイプの財布をリペアしましたので紹介致します。

まずは施工前の写真から↓

P1020218P1020219P1020220P1020222

今回は、ピンク系の色にカラーチェンジしたいとのご希望です。

カラーチェンジの際にはお客様にサンプルの提示をお願いしております。

革の見本があると一番良いのですが、無い場合は写真や雑誌の切り抜きなどを用意して下さい。

パソコンの画像になると若干色が変わりますのでご注意を!

 

ということでいただいたサンプルを元に色を作り着色しました。

エナメルを塗付した後の完成写真がこちら↓

P1020231P1020233P1020236P1020235

カラーチェンジの場合は、ご希望であればファスナーの布部分まで色をお付けします。

汚れなども綺麗になり、新たに生まれ変わりました!!

エナメル加工やカラーチェンジは基本料金とは別にオプション料金が必要になりますが

新品を購入するよりも格段に安くご注文いただけます!!

 

革研究所熊本北店ではシャネルやエルメス、グッチ、ヴィトン、ボッテガなどスーパーブランドのバッグ

財布の補修を強化しております。

エナメルなど難しい施工も自信をもって受付しておりますのでお困りの方は是非一度お問合せ下さい。

皆様のご連絡お待ちしております!!

 

【LOUISVUITTON】ルイヴィトン モノグラム バッグ ヌメ革の修理・革交換

2014年08月29日

おはようございます。

革研究所熊本北店の藤本です。

 

本日はヴィトンバッグのヌメ革の交換をご紹介致します。

まずは施工前の写真から↓

P1010803P1010804

ご依頼は、持ち手の付根部分がちぎれてしまったので交換したいとのご依頼でしたが、

持ち手部分も劣化が進んでいたのでちぎれた部分と持ち手部分の2か所を交換しました。

 

革代や縫製代がかかるので、今回は最低限の交換でコストを抑えたいとの事でしたが

もちろんヌメ革全交換も可能です。

仕上がりの写真がこちら↓

P1010882P1010883

新品のヌメ革に交換し、綺麗になりました。

今回はちぎれたり、劣化が激しかったので交換でしたが、雨染みなど劣化が少ない状態なら染め直しでも

修復は可能です。

ヌメ革独特の風合いなどは消えてしまいますが、交換するよりも低価格で修理ができますよ。

ヌメ革は味があり人気ですが、お手入れが非常に難しい素材です。

お困りの方は是非一度革研究所熊本北店にご相談下さい。

 

皆様のご連絡お待ちしております。

 

【LOUISVUITTON】ルイヴィトン ヴェルニ バッグのカラーチェンジ・色移りの補修・修理

2014年08月27日

おはようございます。

革研究所熊本北店の藤本です。

 

本日は、ヴィトン ヴェルニのバッグを修理しましたのでご紹介です。

まずは施工前の画像から↓

P1010817P1010818P1010820P1010821

エナメルにはよくある色移りです。こうなるとクリーニングでも落ちず、お悩みの方は多いのでは

ないでしょうか?

革研究所ではエナメル施工が可能ですのでこのような状態でも修復が可能です。

今回はさらにカラーチェンジで黒にしたいとのご要望でしたのでエナメルの前に着色を施し

色を付けてからエナメルを塗布してまいります。

ヌメ革部分は綺麗でしたので、塗料やエナメルが付着しないようしっかりとマスキングを施します。

そして完成した写真がこちら↓

P1010864P1010867P1010868P1010870

黒にすることで染みも消え、綺麗に生まれ変わりました!!

今回はご一緒におそろいのウォッチバンドもカラーチェンジしたいとのご要望がありましたので

こちらも同じように施工させていただきました。↓

P1010823P1010871

このようにバッグ以外でも革製品であれば、革研究所熊本北店になんでもご相談ください。

お客様のお悩みを、独自の技術で解決してまいります。

 

革研究所熊本北店ではシャネルやエルメス、グッチ、ヴィトン、コーチなどスーパーブランドのバッグ
財布の補修を強化しておりますのでお困りの方は是非一度お問合せ下さい。
皆様のご連絡お待ちしております!!

 

【LOUISVUITTON】ヴィトン・ヴェルニ・バッグのカラーチェンジ 補修

2014年07月9日

こんにちわ。

革研究所熊本北店の藤本です。

熊本にも徐々に台風8号が近づき、雨がひどくなってきましたね。

この時期は蒸し暑くて作業も大変ですがめげずに頑張っております。

さて本日はヴィトンのバッグのご紹介です。

ヴィトンの中では非常に注文の多いヴェルニシリーズです。

まずは施工前の写真から↓

P1010630P1010633P1010632

塗装が退色でよくこんな色になってしまします。

今回はカラーチェンジでのご注文でしたので相談の結果、黒へのカラーチェンジとなりました。

施工内容はクリーニング・着色そして最後にエナメルを塗付していきます。

エナメルは乾燥までに時間がかかりますが光沢もあり仕上がりがきれいですね。

お客様の中にはエナメルではない革製品をエナメルにしたいとのご相談もよくあります。

本革であれば全てではないですがエナメルにすることも可能ですので

ご希望があればご相談下さい。

 

そして完成した写真がこちら↓

P1010681P1010677P1010680P1010679

ヌメ革部分は残したまま綺麗に黒に変わりました。

は黒でしたが薄い色から濃い色へのカラーチェンジであればお客様の好きな色に変えられます。

エナメルは施工が難しく対応できるお店が少ない為、当店の中でも非常に人気のあるメニューです!

あきらめる前に是非一度ご相談下さい。

皆様のご相談お待ちしております!!

 

ヴィトン エピ 長財布の汚れ補修・修理

2014年06月7日

おはようございます。

本日はヴィトンの財布をリペアしましたのでご紹介致します。

今回は独特の風合いがあるエピシリーズのご案内です。

まずは施工前の写真から↓

DSC00459DSC00460DSC00463DSC00465

全体的な擦れや黒ずみ、色褪せそしてコバ部分の擦れなど長年使用した感じがでてますね。

今回は同色でキレイにしたいとのご要望でしたのでまずはクリーニングで表面の汚れや油分を

しっかりと落とし、着色していきます。今回はロゴを残すようにロゴ部分はマスキングして

色がつかないようにしました。着色後は乾燥させその後コーティングを施し完成です↓DSC00470DSC00472DSC00476DSC00478

このようにコバ部分も含めしっかりと綺麗に仕上がりました。

革製品は使用していなくても自然と退色していきます。

大事にしまってある革製品があれば定期的にメンテナンスすることが長持ちの秘訣です。

メンテナンスなどで気になる点があればお気軽にお問合せ下さい。

早目の修理であれば修理代も安くなりますよ!

皆様のご連絡お待ちしております。

 

ルイヴィトン・モノグラム・ヴェルニの色褪せ・汚れの修理・補修

2014年04月28日

おはようございます。革研究所熊本北店の藤本です。さてG.Wも始まりお休みの方も多いと

思いますが皆様はどうお過ごしでしょうか?

熊本では本日は残念ながら雨ですが元気よく行きましょう!!

本日は、バッグでは問い合わせの多いヴィトンのご紹介です。

まずは施工前の写真からどうぞ↓

P1010353P1010357

エナメルではよく問い合わせのある退色ですね。もとはグレーのような色だったのですが

使っているうちに自然とこんな感じになってしまします。

また持ち手などのヌメ革部分も汚れや油分が染みてしまってます↓

P1010361P1010362

今回はエナメル部分を元の色に戻したい、またヌメ革をキレイにしたいというご注文でしたので

全体的に補修をおこないました。

まずはエナメル部分の着色を行い乾燥後にエナメルの層を付けていきます。

エナメルは塗付量で艶が変わり、多すぎると液だれしたりとすごく緊張します。

次にエナメルが乾燥したらヌメ革の着色とコーティングを行います。

今回はステッチも残したいとの事でしたので、マスキングでステッチに塗料が付着しないように

しております。そして乾燥させ出来上がった画像がこちら↓

P1010433P1010436

P1010434P1010439

元の色を調色しエナメルを再度塗付するとここまでキレイに直ります!

ヌメ革部分の施工後の写真がこちら↓

P1010440P1010441

汚れもとれキレイに仕上がりました!コーティングをしっかりと行うことで色移りの心配もなく

汚れが付きにくいように仕上げてます。

今回は全体的な施工でしたが、エナメル部分のみや、持ち手のみなど部分的な施工も可能です。

今回はヴィトンでしたが、シャネルやグッチ、プラダ、ボッテガなどバッグでのご依頼はとても

多く皆様からよく問い合わせをいただきます。

お悩みの方は是非一度お気軽にご相談下さい。

施工については郵送などでも対応しております!まずはお電話かメールにてお問い合わせ下さい。

皆様のご連絡、お待ちしております。

Top