エルメス

【HERMES】エルメス ベアン 財布 傷スレの補修・修理・色替え

2015年03月14日

おはようございます。

革研究所熊本北店の藤本です。

本日はエルメスのベアンタイプの財布をリペアしましたのでご紹介致します。

まずは施工前の写真から↓

P1020045 P1020046 P1020048 P1020047

ブラウンのお色ですが、今回は外側のみ黒にカラーチェンジをしたいとのご希望でした。

では早速施工を行ってまいります。

 

まずはクリーニングでしっかりと脱脂と汚れを落とします。

次に染料で革を黒にしていきます。染料で染めることで施工後に財布が擦れて傷がついてしまった時も

元の色が出ないのでスレが目立ちません。

その後黒の塗料で着色をし、コーティングを施し完成です。↓

P1020063 P1020064 P1020065 P1020068

いかがでしょうか?

内側にしみ込むこともなく、綺麗に外側のみが黒に変わりました。

単色も良いですが、外側だけ色を変えることでツートンカラーになり雰囲気が変わりました。

このようにご希望に合わせオリジナルの革製品を作ることも可能です。

 

皆様も今使っている革製品を個性あふれるオリジナルの物にしてみませんか?

お見積りは無料!お電話もしくはメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

 

革研究所熊本北店ではシャネルやエルメス、グッチ、ヴィトン、コーチなどスーパーブランドのバッグ

財布の補修を強化しております。

エナメルなど難しい施工も自信をもって受付しておりますのでお困りの方は是非一度お問合せ下さい。

皆様のご連絡お待ちしております!!

【HERMES】エルメス エヴリン ショルダーバッグ スレ傷の修理・補修・染め直し

2015年03月6日

おはようございます。

革研究所熊本北店の藤本です。

 

本日はエルメスの中でも人気の高いエヴリン ショルダーバッグのご紹介です。

まずは施工前の写真から↓

P1020473P1020471P1020476P1020480

 

全体的にスレや傷が目立ちます。お客様もお気に入りのバッグとの事でどうにか綺麗にしたいとの事でした。

できればステッチも残したいとのことでしたので、オプションでステッチ残しも行いました。

 

施工内容ですが、まずはクリーニングで表面上の汚れや油分を落とします。この作業をしっかりと行うことで

塗膜がしっかりと定着し仕上がりも綺麗になってきます。

次に痛んでいる革の部分を独自の再生技術でよみがえらせます。

乾燥させ革がしっかりと再生できたら、いよいよ着色です。

革研究所では革用の塗料を使用しお客様のバッグに合わせた色を調色し作成しますので元の色に近い色を再現

することが可能です。

着色が終わると最後にコーティングを施し完成です。

完成後の写真がこちら↓

P1020518P1020519P1020520P1020521

いかがでしょうか?ステッチを残しつつスレや傷も消え、新品の様に綺麗になりました。

 

革研究所熊本北店ではシャネルやエルメス、グッチ、ヴィトン、コーチなどスーパーブランドのバッグ

財布の補修を強化しております。

エナメルなど難しい施工も自信をもって受付しておりますのでお困りの方は是非一度お問合せ下さい。

皆様のご連絡お待ちしております!!

【HERMES】エルメス ベアン 長財布の修理・縫製・染め直し

2014年09月6日

おはようございます。

革研究所熊本北店の藤本です。

 

本日はエルメスの長財布のご紹介です。

まずは施工前の写真から↓

DSC04579DSC04580DSC04581DSC04572

全体的に黒ずみやスレ傷があり、また淵部分のステッチ(糸目)がほどけています。

ステッチ部分に関しては、革が残っていれば再度縫製することが可能です。

ほどけた状態で使用していると革が傷んでしまい、革が無くなってきます。

なくなってしまうと縫製が困難になってしましますので早目に修理しましょう。

縫製後、クリーニング・着色・コーティングを行い完成です↓

DSC04692DSC04693DSC04694DSC04681

着色後にコバ部分も再生することで、こんなにキレイになりました。

財布など折り曲げる部分はどうしても痛みやすいですね。

痛みがひどくなって修復できなくなる前に是非一度革研究所熊本北店にご相談下さい!

皆様のご相談お待ちしております!!

 

 

【HERMES】エルメス ベアン・スフレ 財布の修理・エナメル施工

2014年09月5日

おはようございます。

革研究所熊本北店の藤本です。

 

最近はブログの効果なのかエナメルのご注文が非常に多くなっております。

中々修理できるお店が無いので助かりましたなどのお言葉をいただき

非常に嬉しく思っております。

 

ということで本日もエナメル施工のご紹介です。

商品は最近人気で修理の問い合わせの多いエルメスのベアンスフレシリーズです↓

P1010872P1010873P1010874P1010876

年数劣化の色落ちやスレ傷があり、艶も消えてしまっております。

それでは早速修理してまいります。

まずはクリーニングからです。どんな商品でもまずはクリーニングで汚れや油分を綺麗に落とします。

実はこれが綺麗に修理する一番のポイントでもあります。油分などしっかりと除去することで

塗膜がしっかりと革に定着するので修理後も永く使っていただけるのです。

 

そして着色を行い、最後にエナメルの塗付を行ってまいります。

側についてはダメージが少ないのですが着色後、汚れが付きにくいようコーティングし、水気に

強くなるよう撥水加工を施しました。

そして完成した写真がこちら↓

P1010893P1010894P1010895P1010896

いかがでしょうか?風合いなどは消えてしましますが綺麗に黒色に戻り、艶も復活しました。

 

革研究所熊本北店ではシャネルやエルメス、グッチ、ヴィトン、コーチなどスーパーブランドのバッグ

財布の補修を強化しております。

エナメルなど難しい施工も自信をもって受付しておりますのでお困りの方は是非一度お問合せ下さい。

皆様のご連絡お待ちしております!!

 

エルメス ドゴン 長財布の擦れ傷 修理・補修

2014年05月21日

こんにちわ。革研究所熊本北店の藤本です。

最近、子供が妖怪ウォッチにはまり、休みの度にゲームセンターに

行っております。1回遊ぶのにすごい行列が・・・。

さて、本日はお財布の修理をしましたのでご紹介致します。

エルメスドゴンの長財布です。↓

DSC02207DSC02208DSC02213DSC02212

エルメスに限らずですが、財布ではよくある症状です。

可動部分の隅から徐々に革が擦れ、この状態がひどくなると革が破れステッチがほどけてしまします。

そうなると補修にかかる金額はかなり上がってきてしまします。

は、まだ軽度な擦れなので染め直しのみでの補修となりました。

は、全体的なクリーニングを行い、次に革の再生処理、着色、最後に汚れにくいようコーティングを

施して完成です。↓

DSC02254DSC02255DSC02260DSC02259

擦れが軽度であれば染め直しだけでこんなにキレイになりました。

コバ部分もしっかりと再生しているので、これで安心して使っていただけます。

財布をお使いの皆様、一度財布をご確認していただき擦れがあるようでしたら是非

早目にご相談ください。お問い合わせはメールもしくはお電話で。

皆様のご連絡お待ちしております。

 

 

 

Top