革製品の縫製修理、クリーニング、染め直し・色変え、ソファの張替え、自動車シート・ステアリング補修は革研究所鹿児島中央店へ!

ブログ

クロエ バック縫製修理/鹿児島市よりショルダー付け根の革破れによる新規製作交換修理のご依頼です。

2017年09月29日

みなさん、おはようございます。

「ショルダーベルトの根っこが破れちゃって。。これってどうにかなるんですか??」そんなお悩みございませんか??鹿児島中央店の山里です。本日の施工ブログは、バック付け根革製作交換編になります。それでは早速ご覧ください。

【ビフォア】             【アフター】

CIMG6081 CIMG6431

CIMG6082 CIMG6432

CIMG6083 CIMG6433

CIMG6084 CIMG6434

いかがでしたか??

ショルダーとバック本体をつなぐ革は根革というパーツになりまして、よく破れたりちぎれたりする場合が多いです。それだけテンションが一番かかる部分になります。

破損劣化の革をまず縫製を解きながら、外しまして、型取り・裁断・加工後、縫製して参ります。

 

革の色は原則、近い色の革を使用します。

 

付け根の破れ等でバック等を使用されていない場合は、一度ご相談くださいませ。

ではでは今日はこの辺で。。

鹿児島中央店の山里でした。

 

 

Top