ジャケット・コート類

バッグ補修 ハンドメイドのバッグ 付け根が取れた! ストラップが滑る!

2015年06月28日

ども。革研究所 糸島店の有吉です。

 

前回の投稿は実に2か月ぶりぐらいでした(5月の投稿、完全に失念しておりました)ので、しばらく頑張って掲載いたします。

 

さて、今回は純粋に修理です。

 

お客様が持ち込まれたのは、うすーいヒツジ革の柔らかーい黄色がやさしい印象の、手縫いのバッグ。

柔らかさを生かす為に、裏地・芯地がなく中袋のみ。パーツはすべて外装革(この場合、黄色の柔らか~いヒツジ革)に補強もなく直接縫い付けられていました。

何かの拍子に荷重がかかってしまい、片一方の付け根革がベリッと破けて取れちゃった状態です。

 

今回も見やすく画像編集してありますので、拡大してご覧ください。

 

修理

通常、付け根革自体が傷んでしまって再生・新規作成・縫製という状況が多いのですが、

今回はほぼ新品状態で、素材強度が足りないために(デザイン性優先のため?)付け根革を取り付ける所自体が破損しています。

 

お客様曰く、「使えるようになればいいから、そのままザァ~と縫ってくれればいいですよ」とのことでしたが、全体的な雰囲気を壊さないように頑張ってみました。

 

いわゆる、「付け根革(金具を取り付けている革の部分)」はそのまま使えそうなので、破れたままくっついている黄色い革を剥がす為に一旦分解。ベースになる部分の革を切り出して加工。それから本体に中袋ごと縫い付けました。

思ったより厄介な作業でしたが、まずまずの仕上がりと強度を得ることができました。

ついでに、ショルダーのストラップが細すぎるのと、滑ってしょうがないとのことなので、あて革を作って装着しました。

完成後、お渡しいたしましたところ、気に入っていただけたようです。   もっとも、しばらく使ってみないと何とも言えませんが・・・・

 

革製品は修理・補修が可能です。

長年のご使用で破損したものも、パーツを作り変えることで再生できますので、一度ご相談ください!

 

修理・補修は革研究所 糸島店 有吉まで!

 

 

じめじめしたこの時期に。 牛革バッグ カビ落とし クリーニング 。

2015年06月23日

ども。革研究所 糸島店の有吉です。

 

ほんとに何をやってんだかの不定期無作為投稿になっておりますが。

 

実際地道に励んでおります。

 

 

さて、今回はこの季節にピッタリ!?な、カビ落としの施工例です。

 

ご覧頂けば一目瞭然です。

 

クリーニング

 

わかりやすく画像を編集しておりますが、左側がビフォー、右側がアフター。

拡大してご覧ください。

 

スペック的には、

10~15年ぐらい前のもので、牛革シュリンク、最近また流行の兆しがあるバケツ型のハンドバッグで、

久しぶりにタンスから出してみたらごらんのとおり。

全体にカビがびっしりはびこっていて(持ち主様ごめんなさい)、革自体もゴワゴワで、栄養不足状態です。

 

「何とかなりませんか?」とのことでしたが、もちろん何とかいたします。

 

企業秘密なので、詳しくは申しませんが、ソフトに洗って地味に乾かして栄養成分をどーんと(実際はやさしくスリスリと)ぶち込んで(いや、塗り込んで)、すっきりつやつやしっとりの仕上がりに!

そしてこの後、防水防汚コーティング処理をおこなえば完璧!

 

袋に入れて中に紙を詰めて、湿気対策+型崩れ対策をしていらっしゃったそうですが、長く保管してそのままの状態だとやはりカビの餌食になってしまいます。

そんな時は革研究所 糸島店の有吉までご連絡を!

 

「なんとかします!」


どもども。修理 リペア クリーニング 相変わらずやってます。

2015年03月24日

ども。革研究所 糸島店 有吉です。

 

なんだか間が空いてしまいますが、サボっているわけではありません。  久しぶり~であっちこっちと、とっ散らかっていますが。
・・・・・が、ブログ更新はサボってました。

 

閑話休題。

 

さてさて、日々、いろいろとやっておるわけですが、春めいてあったか~くなるとや・は・り、クリーニングのご依頼が多くなってきますな。

 

バッグ・財布・靴・ブーツ・ジャケット・コートなど、様々なものをお預かりいたしますが、お客様からお預かりする物の状態は様々です。

 

汚れの具合はもちろん、革質・鞣し方・使用具合・乾燥具合、色抜け具合、お客様のご要望によって施工内容は変わってきますので、

 

まずはご相談ください。

お客様のご要望とお預かりする物の状態に合わせてカスタマイズいたします。

 

クリーニングの内容ですが、

 

・汚れ落としは基本です。場合によってはゴシゴシこすったりもします。

 

・保革・保湿は当然やります。栄養分や水分を補給してあげます。

 

・汚れを落とした後に出てくる、「色あせ」「スレ傷」も補色することで補修できます。(どこまでやるかはご相談ください)

 

・気付かなかったほつれも、縫製補修できます。(オプションですが)

 

・せっかくきれいにしたものならば、汚れないように、「防汚・撥水コーティング加工」を施せます。(おすすめです!が、オプションです。)

 

当店では、皮革用洗浄液を使って1つ1つを丁寧に手洗い・水洗いしています。  昨今テレビでやっている大手のクリーニング業者様みたいにおおぴっらにはやっていませんが、お客様のご期待に応えるべく「1つ1つを丁寧に」を心がけています。・・・・ので、お預かりからお渡しまで少々お時間をいただくこともありますが・・・・

 

季節変わりのこの時期だからこそ、革製品のお手入れはいかがでしょうか。

 

水洗いクリーニングまでの必要がなければ、お気軽なお手軽な革製品のお手入れコースも承ります。特に!靴・ブーツはピッカピカ!になります。(元々靴関係の人で、靴のお手入れは得意ですので。)

 

次のシーズン、カビカビ、ゴワゴワなんて気にせず気持ちよく着用できるように、今のうちにお手入れしましょう!!

 

・・・・・画像ありませんでしたが、決して手抜きではあり・ま・・せ・・・ん・・・・。・・・・・

 

お問い合わせ、お待ちしております。

Top