ブログ

革製品 ? 燻煙器(養蜂業用) おいしい蜂蜜のために。

2015年02月12日

ども。革研究所 糸島店 有吉です。

 

お久しぶりですが、何度も言うようですが、サボってたわけではありません。が、すごく忙しかったわけでもありません。

 

「これは!?」という、お客様に興味を持っていただけそうなものが少なかったのであいだが空いてしまいました。

 

 

さて、今回リペアさせていただきましたのは、「燻煙器」です。スモーク食材用ではありません。

タイトルにもありますように、わが町糸島市において養蜂業を営まれているお客様より預かりました。

九州最大の都市、福岡市のお隣りでおいしい蜂蜜が取れるそうです。今でも10軒ほどの業者さんががんばっているそうです。

 

一見、「なぜ?革研究所に?」と、私も思ってしまいましたが実物を手に取りお話を聞くと、なるほど・・・・。

 

蜂蜜をとるために蜂箱を開ける際、怒った蜂さんたち襲われますが、その際、蜂さんのきらいな煙を使って追い払ったり、抵抗できないようにするために「ふいご」のついた燻煙器でシュッ、シュッとするのです。

この「ふいご」(空気を送るためのハンドパワー・ポンプのようなもの・画像でVの字に見える)の部分にを使ってあり、この部分の張り替えを仰せつかりました。 最近の燻煙器はこの部分にゴムやナイロン素材などの化繊を使うそうですが、長年使い込んでなじんでいることもあり、柔らかさがよいということなので、やはり革での張り替えを、ということでした。

 

燻煙器まえ2 燻煙器あと2

左:施工前    右:施工後

 

 

燻煙器まえ1 燻煙器あと1

 

左:施工前     右:施工後

 

空気漏れ、釘の弛みもないように釘の径を一回り大きくしています。

 

私、四捨五入すると半世紀ほど生きてきましたが、こういうものを修理したのは初めてでした。本業の方の道具を預かり、一つ一つ部品を外し、構造を解析し、元のかたちにする。 そしてお客様に喜んでもらえるのは、何とも言えぬ醍醐味ですね。今度出来上がる蜂蜜の製造にほんのちょっぴり加われたような気分にも!?

 

お客様のご要望は十人十色。無理なものは素直に「無理」と言いますが、できる限りご要望にお応えしたいと思います。お客様の無理難題、お待ちしております。

Top