ブログ

靴 修理 リペア クリーニング 

2014年12月2日

ども。革研究所 糸島店 有吉です。

 

今回は靴の修理実例をご紹介。

 

まずは紳士靴です。

 

縫製部分

縫製部分

 

甲の部分の縫製が解けてぱっくりと開いています。このままでは歩けません。

 

中敷き部分

中敷き部分

 

中敷きにも穴が開いています。 張り替えましょう。

 

 

 

修理後です。

 

 

ミシン掛け後

ミシン掛け後

 

しっかり縫製しました。

 

中敷き交換

中敷き交換

 

新しい中敷きに交換しました。

 

これで現役復帰です。  新しい靴買うと20000円弱かかりますが、今回は税込みで7000円ぐらいで済みました。

 

縫製やパーツ交換は内容と状況によって金額が変わってしまいますので、まずはお見積もりを。

 

 

 

お次はレディースシューズ。

 

甲の合皮の部分が経年による劣化を起こしてはがれてしまってます。

ほかの部分はあまり痛んでいませんので、きっと大事に保管されていたのでしょう。が、長期保管で湿気でやられてしまったのでしょう。

 

甲部劣化

甲部劣化

 

まずは劣化部分をきれいに落として地肌を出して下地処理。調色・塗装してコーティングと作業を進めていきます。

 

リペア後

リペア後

見た目も機能性も、十分実用に耐える仕上がりだと思います。

 

合皮製品も表面の劣化をリペアすることができます。破れたり穴が開いた状況では厳しいですが・・・・

 

あきらめずに一度ご相談ください。

 

 

そしてレディースブーツのクリーニングです。

 

これからの季節に活躍しますロングブーツ。

スエードの一枚革仕立てのスペインブランドです。

前のシーズンの汚れが気になるとのことで、何とかいたします。

 

クリーニング前2

クリーニング前1

クリーニング後1

クリーニング前2

 

汚れ・スレ・黒ずみ・テカりなど、気になります。

 

 

 

心を込めて、手作業で。

 

クリーニング後2

クリーニング後1

 

クリーニング前1

クリーニング後2

 

黒ずみを消してテカりも消して、せっかくの起毛素材なので、ふんわりした質感を取り戻すためにブラッシングも丁寧に施しています。

仕上げには防汚・撥水のコーティングも。

 

 

ここまで本格的なクリーニングではなくても、もっとお手軽な汚れ落としやツヤ出しにも対応いたします。

 

靴経験が長い糸島店の店長まで、お問い合わせください。

 

革製品の 修理 リペア のご用命は 革研究所 糸島店 へ

 

 

Top