ブログ

マークジェイコブス 長財布のファスナーが閉まらなくなっても修理できます!

2018年06月27日

革製品・ブランド品・ソファの修理専門店「革研究所 広島店」です。

 

 

本日の施工事例は、マークジェイコブス 長財布のファスナー修理事例です。

 

 

ファスナーを閉めても開いてしまうというご相談です。

開けたり閉めたりするので、どうしても金属部分が磨耗します。

スラスラ動くコマ部分(専門用語:スライダー)の磨耗がほとんどなので

その箇所だけ交換いたします。

 

【本体】

IMG_5069

 

【修理前】
IMG_5071

どちら側も開いてしまっています。

 

【修理後】
IMG_5076

引き手(指でつまんでコマを動かす箇所)は既存のものを

移植して完成!

 

 

IMG_5075

このスライダーという部品を交換しました。

よく見ると中央部分が磨耗していますね。

 

革の状態で修理メンテンナスは方法が変わってきます

 

小物から大型家具の革製品まで対応している広島店

貴方の大事な革物の相談お待ちしてます!

 

■来店にて、持ち込み相談も可能

■電話・メールにて、簡単な御見積りもOK

■遠方の方は電話・メールにて連絡後に送付可能

■業者様からのご依頼・相談も受け付けています!

 

 

 

********************************************************************************

大型家具等、ソファーやイスの修理も行っています。

広島市内近郊は出張見積り無料です!

家具類のソファー修理・クリーニング  ←修理事例はこちら

 

 

革研究所 広島店 ←クリックでGoogleマップが表示されます。

〒731-0121 広島市安佐南区中須1丁目11-5

tel.082-521-8661 (070-5307-1085)

営業時間 平日10:00~18:00頃 (日曜・祝日は定休)

※外出していることがあるので、来店される場合は事前に電話確認をお願いします。

※土曜日は営業時間が不規則です。

Top