カレンダー検索

【LOUIS VUITTON/ルイ・ヴィトン】ヴェルニ ベッドフォード エナメルの変色と色あせの修理手順をご説明いたします!!

2018年04月3日

こんばんは、革製品・染め・修理・特殊・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡博多店の中村です。

 

ルイ・ヴィトンのベッドフォードのハンドバッグが、色あせと変色でお困りのお客様からのご依頼です。

ヴェルニのエナメル素材なので、元の色からほど遠い色へ色が変わり、ところどころ黄ばみが酷いです。

 

エナメルのバッグが、色褪せたり変色すると諦めてしまう方は、多いかと思いますが革研究所福岡博多店では、エナメルバッグの染直し修理をする事が出来ます。

また、ヴィトンのヴェルニシリーズのカラーは、ラメの様なキラキラが入っていますが弊社では、このキラキラ感も再現できますので安心してご相談ください。

 

今回は施工を順番に詳しくご説明します。

①マスキング

②下染め

③キラキラ

 

【施工写真】

《before》だいぶ変色したエナメルのバッグ

DSC00990 (1)

《before》

DSC00991 (1)

《before》

DSC00993 (1)

《before》

DSC00994 (1)

《before》

DSC00996 (1)

《before》

DSC00998 (1)

 

 

まずは、ヌメ革の部分とファスナー部分をマスキングしていきます。

《before》

DSC01719 (1)

《before》引手の部分もマスキングして色が付が付かない様にします。

DSC01720 (1)

《before》ファスナー部分も布の部分に色が染みない様にします。

DSC01721 (1)

《before》

DSC01722 (1)

《before》

DSC01724 (1)

《before》再度のポケットにもひと工夫して、ポケットの中にも色が入るよにします。

DSC01723 (1)

 

ブルーにカラーチェンジしますので、色を作って下染めです!

《before》

DSC01728 (1)

《before》ブルーへ染めてますが、まだ艶はありません!

DSC01727 (1)

《before》

DSC01731 (1)

《before》

DSC01733 (1)

《before》

DSC01734 (1)

次に、ヴェルニの特徴の一つのキラキラ感を出すための塗装をします。

《before》

DSC01744

《before》

DSC01743 (1)

何となく変わったのがわかりますか?このひと手間で仕上がりが変わります。

《before》

DSC01740

《before》

DSC01738

《before》

DSC01737

 

今回は、ここまでです。

仕上げは、また明日ブログでアップします!

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。

ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合は、お電話で予約しての来店ください。

 

Top