ボストンバック

【Salvatore Ferragamo/サルバトーレフェラガモ】バッグシルバー リボン付きの染直しリペアのご依頼を頂きました。

2018年04月26日

こんにちは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング

ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡博多店

の中村です。

 

以前、ディオールのバッグをリペアさせて頂いた

熊本のお客様から、今度はサルバトーレフェラガモの

シルバーのバッグのご依頼を頂きました。

おまけに、お礼のお手紙とお菓子まで頂き、

感謝・感激です。

この仕事をしていて、「よかったな~」と思います。

(本当にありがとうございます。)

 

革製品の修理を考えているが、何処に頼んでいいのか

分からない方に、安心してご依頼頂けるようなお店に

していきますので、どうぞ宜しくお願いします。

 

今回は、フェラガモのシルバーリボン付きのバッグの

写真をご紹介します。

 

【施工前の写真】

①バッグ全体のカラーが色あせしています。

DSC02937

②持ち手もシルバーの色が剥がれています。

DSC02940

③バッグ内部のシミもクリーニングで清潔にします。

DSC02961

お手紙とお菓子を頂き感謝です。

DSC02965

早速、家族で頂きました。

DSC02968

 

大切なバッグやお財布など、革製品の修理でお悩みの

方に、頼りにされる修理のお店にしたいと思って

います。

また、遠方のお客様も宅配便での商品を送って

頂き、施工後も宅配便で返送しておりますので、

安心してご依頼できますので、お気軽のご相談ください。

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

 

【MARC JACOBS】マークジェイコブス キャンパストートバッグの色あせを染直し出来ますか?ハイ、出来ます!!

2018年04月20日

こんにちは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング

ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡博多店

の中村です。

 

今回の施工は、マークジェイコブスのキャンパス地の

トートバッグの色あせでお悩みのお客様からの御依頼

です。

黒いキャンパス地ですが、白ぼけて使用感があり、

何となく残念な感じです。

また、MARC JACOBSのロゴがプリントされているので

そこが、染まらない様に丁寧にマスキングしてからの

施工となりますので、非常に手間がかかりましたが、

綺麗に仕上がり安心しました。

 

【施工写真】

《before》バッグの口の周りが白ぼけています。
DSC00309 (1)
《after》
DSC01958
《before》
DSC00310
《after》
DSC01959
《before》
DSC00311 (1)
《after》
DSC01961
《before》マスキング前です。
DSC00314
《after》こんな感じでマスキングです。
DSC01750 (1)
《before》裏も色あせています。
DSC00317 (1)
《after》
DSC01966
《before》持ち手が、一番色あせています。
DSC00315 (1)
《after》
DSC01965

 

如何でしょうか?

 

諦めてしまわずに、一度革研究所福岡博多店に

ご相談してみてください。

意外とキャンパス地も大丈夫ですよ!

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

【ディオール/Dior】エナメルバッグの変色は、おまかせ下さい!

2018年04月19日

こんにちは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・

ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡博多店

の中村です。

 

今日の施工は、ディオールのエナメルバッグの変色で

お困りの熊本市の方からのご依頼です。

 

クローゼットに直していたら、いつの間にかに変色していたとか、

2回しか使っていないのに、変色とベタッキが出てきた。などの

お悩みです。

色も変わってしまったので、黒へカラーチェンジを

ご希望です。

因みにお急ぎでしたので、特急施工での仕上げで

お届けしました。

その時に、期待以上の仕上がりで満足したので、

他のバッグもお願いしますと、言って頂きました。

こちらこそ、ありがとうございます!!

 

【施工写真】

《before》
DSC01593 (1)
《after》
DSC02212
《before》黄色に変色
DSC01594 (1)
《after》黒にカラーチェンジです。
DSC02213
《before》
DSC01596 (1)
《after》
DSC02220
《before》
DSC01605 (1)
《after》
DSC02225
《before》ふた裏もブラックに染め直します。
DSC01606 (1)
《after》
DSC02226
《before》鍵の部分もブラックに!
DSC01984
《after》
DSC02232

 

これから、季節が湿度の高い梅雨に向かいますので、どうぞ保管

には、気を付けてください。

保管中の湿度が多いと、変色や黄ばみ・ベタツキなどのエナメル

特有の症状が出やすいみたいです。

 

同じバッグばかり使用せず、気分を変えて色んなバッグを使って

バッグもリフレッシュして下さい。

 

その後のお手入れも忘れずに!!

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

【CELIE/クロエ】バッグに付いた変色・汚れを部分的に染直しリペアで補修!!

2018年04月18日

こんにちは、革製品・染め・修理・

特殊クリーニング・ソファー修理・

クリーニング専門店の革研究所福岡博多店

中村です。

 

今回の施工は、クロエのバッグに付いたシミを

クリーニング後に染直しリペアで、綺麗に

修復しました。

 

【施工写真】

《before》
DSC09546
《after》
DSC09808
《before》
DSC09547
《after》
DSC09809
《before》
DSC09548
《after》
DSC09811
《before》
DSC09549
《after》
DSC09814

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

【PRADA/プラダ】プラダの赤いバッグに白いカビ?汚れをクリーニングと部分補色で補修しました。

2018年04月16日

こんばんは、革製品・染め・修理・

特殊クリーニング・ソファー修理・

クリーニング専門店の

革研究所福岡博多店中村です。

 

今回の施工は、PRADAのバッグに付いた

白いカビの様な汚れが、落ちずに

困っている方からのご依頼です。

 

【施工写真】

《before》
DSC07756
《after》
DSC08603
《before》
DSC07757
《after》
DSC08605
《before》
DSC07759
《after》
DSC08604
《before》
DSC07761
《after》
DSC08606
《before》
DSC07763
《after》
DSC08610
《before》
DSC07765
《after》
DSC08612
《before》
DSC07764
《after》
DSC08611

 

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

【chloe/クロエ】クロエのバッグに白いカビ?塩?なんか浮き出て困ってます!

2018年04月11日

こんにちは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡博多店中村です。

 

今回の施工は、クロエのバッグの表面に白いカビの様なものが浮きでてお困りの方から、のお客様からのご相談です。

 

革を鞣す時の塩分が浮き出たような感じでもありますが、原因はわかりませんでしたので、まずは、クリーニングでバッグ全体を洗い、乾燥後に抗菌加工・加脂加工・帯電防止加工を行って乾燥させてから、表面を部分補色しました。

 

【施工写真】

《before》
DSC08220
《after》
DSC08618
《before》ステッチの間に白いカビの様なものが浮き出ています。
DSC08221
《after》
DSC08619
《before》
DSC08222
《after》
DSC08625
《before》
DSC08224
《after》部分補色で綺麗に仕上げました。
DSC08621

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。

ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合は、お電話で予約しての来店ください。

【銀座和光/エナメルバッグ】変色を染直しリペアでキレに修復しました。

2018年04月10日

こんにちは、革研究所福岡博多店の中村です。

 

革研究所福岡博多店は、他店があまり施工しないエナメルバッグ・財布・キーホルダーなどの施工を数多く行っております。

お客様から『ヴェルニのバッグが変色したり、表面のベタツキが出てきたりして使えないので、悲しいけど捨ててしまった。』

『もっと早く、エナメル修理が出来ると知っていたら・・・』

との話お聞きしました。

 

確かに、エナメル製品の修理は、出来るものと出来ない物があります。また、エナメル樹脂を形成されてしまったバッグに再度、塗装していきますので空気中の細かな埃やエアーガンでのエアーを噛む恐れがあります。

それでも、捨てるよりは綺麗にしたいお客様が、口コミでおいでになる様になり、『もっと宣伝した方がいいですよ。』と、アドバイスされました。

 

ヴィトンのヴェルニなどのエナメル製品の塗装の中にはキラキラした塗装が多くありますがこのキラキラ感を、なかなか再現出来ないので、あまり積極的に宣伝していませんでした。

しかし、最近このキラキラ感を表現できるようになりましたので、自信をもって銀座和光の薄いブルーのエナメルバッグの修理手順をご紹介します。

 

【施工写真】

《before》薄いブルーのエナメルバッグが、黄色く変色しています!
DSC01271
《after》パール加工でキラキラ感を取りもどしました。
DSC02030
《before》
DSC01277
《after》
DSC02036
《before》底の部分は革なので昔のブルーが残ってます。
DSC01285
《after》ブルーに染め直してキラキラ感を取り戻してからのエナメル施行です!
DSC02043
《before》
DSC01288
《after》
DSC02046
《before》
DSC01289
《after》
DSC02050
《before》
DSC01290
《after》
DSC02051
《before》
DSC01582
《after》
DSC02052

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。
ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。
詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。
●フリーダイヤル:0120-88-0704
※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。
※持ちもみの場合は、お電話で予約しての来店ください。

【ルイ・ヴィトン/LOUIS VUITTON】ルイ・ヴィトン ヴェルニ コインケースの色あせをパール施工でキラキラを再現!お客様からお礼のメールを頂きました。

2018年04月6日

こんばんは、革製品・染め・修理・特殊施工・エナメル製品の再生専門店の革研究所福岡博多店の中村です。

 

今週は、LOUIS VUITTON/ルイ・ヴィトンのヴェルニエナメル製品の再生を、専門的におこないました。

今週最後のお困り事は、エナメルのコインケースが変色して裏と表が色違いになってしまった方からのご依頼です。

 

ヴェルニのバッグ修理を行う時に、ヴェルニの特徴のキラキラした光沢感の再現がなかなか出来ず、お客様にはエナメル樹脂でのピカピカした塗装での輝きしか出来ないとお断りしてから、施工していましたが、福岡博多店では試行錯誤して、パール施工でキラキラ感を再現出来る様になりました。

今以上に輝きの綺麗な塗装が出来ますので、エナメル製品(ヴェルニ)でお困りのお客様はお気軽にご相談してみてください。

 

それと、お客様からのお礼のメールを頂きましたので、ご紹介いたします。

 

「こんばんわ。
今日、お財布とキーケースが届きました。
まるで新品でびっくりしました!
こんなに綺麗になるものなのですね!
本当にありがとうございました。
大切に使います。
明日は土曜日なので月曜日に振込致します。
この度は本当にありがとうございました。」

 

こちらこそ、喜んで頂きありがとうございます。

今後とも皆さんが喜んで頂く様に精進していきます。

 

【施工写真】

《before》変色してしたコインケースです!

DSC00624

《after》こちらが、元のカラーに再現した色です。

もちろんパール施工でキラキラ感を出しています。

DSC01933

《before》

DSC00623 (1)

《after》

DSC01941

《before》

DSC00624 (1)

《after》

DSC01940

 

《after》施工後の写真

DSC01937

《after》

DSC01938

《after》

DSC01939

【銀座和光/エナメルバッグ】エナメルバッグ・変色・黄ばみを元のカラーに染直して、再度エナメル修理手順をご紹介します。

2018年04月5日

こんにちは、革研究所福岡博多店の中村です。

 

革研究所福岡博多店は、他店があまり施工しないエナメルバッグ・財布・キーホルダーなどの施工を数多く行っておりますが、まだまだ認知がたりないようで、お客様から『ヴェルニのバッグが変色したり、表面のベタツキが出てきたりして使えないので、悲しいけど捨ててしまった。』

『もっと早く、エナメル修理が出来ると知っていたら・・・』

との話お聞きしました。

 

確かに、エナメル製品の修理は、出来るものと出来ない物があります。また、エナメル樹脂を形成されてしまったバッグに再度、塗装していきますので空気中の細かな埃やエアーガンでのエアーを噛む恐れがあります。

それでも、捨てるよりは綺麗にしたいお客様が、口コミでおいでになる様になり、『もっと宣伝した方がいいですよ。』と、アドバイスされましたが、やはり他の修理よりとても神経を使う修理です。

 

ヴィトンのヴェルニなどのエナメル製品の塗装の中にはキラキラした塗装が多くありますがこのキラキラ感を、なかなか再現出来ないので、あまり積極的に宣伝していませんでした。

しかし、最近このキラキラ感を表現できるようになりましたので、少しづつ宣伝したいと思います。

 

今日の施工は、銀座和光の薄いブルーのエナメルバッグの修理手順をご紹介しますので、完成形は、別のブログとなります。

 

【施工写真】

《黄ばんだ色のバッグですが、元の色はブルーだそうです。》
DSC01271
《持ち手とバッグをつなぐ部分も変色したエナメルです。》
DSC01272
《底の部分にある革に元のカラーが残ってますので、春らしい色ですね!》
DSC01287
《持ち手をつなぐ部分もエナメルを塗装しますので、縫製を外します。》
DSC01576
《》
DSC01577
《バッグ本体です。》
DSC01657 (1)
《バッグをつなぐ部分》
DSC01658 (1)
《この部分も色を塗装してからエナメル塗装をします。》
DSC01659 (1)

 

今日は、ここまでです。

次回は、エナメル塗装した製品のbefore/afterを、ご紹介します。

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。

ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合は、お電話で予約しての来店ください。

 

 

 

【LOUIS VUITTON/ルイ・ヴィトン】ヴェルニ ベッドフォード エナメルの変色と色あせの修理手順をご説明いたします!!

2018年04月3日

こんばんは、革製品・染め・修理・特殊・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡博多店の中村です。

 

ルイ・ヴィトンのベッドフォードのハンドバッグが、色あせと変色でお困りのお客様からのご依頼です。

ヴェルニのエナメル素材なので、元の色からほど遠い色へ色が変わり、ところどころ黄ばみが酷いです。

 

エナメルのバッグが、色褪せたり変色すると諦めてしまう方は、多いかと思いますが革研究所福岡博多店では、エナメルバッグの染直し修理をする事が出来ます。

また、ヴィトンのヴェルニシリーズのカラーは、ラメの様なキラキラが入っていますが弊社では、このキラキラ感も再現できますので安心してご相談ください。

 

今回は施工を順番に詳しくご説明します。

①マスキング

②下染め

③キラキラ

 

【施工写真】

《before》だいぶ変色したエナメルのバッグ

DSC00990 (1)

《before》

DSC00991 (1)

《before》

DSC00993 (1)

《before》

DSC00994 (1)

《before》

DSC00996 (1)

《before》

DSC00998 (1)

 

 

まずは、ヌメ革の部分とファスナー部分をマスキングしていきます。

《before》

DSC01719 (1)

《before》引手の部分もマスキングして色が付が付かない様にします。

DSC01720 (1)

《before》ファスナー部分も布の部分に色が染みない様にします。

DSC01721 (1)

《before》

DSC01722 (1)

《before》

DSC01724 (1)

《before》再度のポケットにもひと工夫して、ポケットの中にも色が入るよにします。

DSC01723 (1)

 

ブルーにカラーチェンジしますので、色を作って下染めです!

《before》

DSC01728 (1)

《before》ブルーへ染めてますが、まだ艶はありません!

DSC01727 (1)

《before》

DSC01731 (1)

《before》

DSC01733 (1)

《before》

DSC01734 (1)

次に、ヴェルニの特徴の一つのキラキラ感を出すための塗装をします。

《before》

DSC01744

《before》

DSC01743 (1)

何となく変わったのがわかりますか?このひと手間で仕上がりが変わります。

《before》

DSC01740

《before》

DSC01738

《before》

DSC01737

 

今回は、ここまでです。

仕上げは、また明日ブログでアップします!

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。

ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合は、お電話で予約しての来店ください。

 

Top