トバゴ キャリーオール

ルイ・ヴィトン/LOUIS VUITTON 修理 パイピング 紳士バッグです。

2018年06月7日

ルイ・ヴィトン/LOUIS VUITTONの紳士バッグの

パイピング(ヌメ革)部分が、破れたりひびが入り

お困りの福岡県古賀市の方から、修理のご依頼です。

 

バッグの表面は、経年で少しキズが入っていましたが、

それほど目立つものでもないので、パイピングの

ヌメ革交換を行いました。

 

この修理は、通常のパイピング交換とは違い、

一度バッグを解体してから、バッグとバッグをつなぐ

部分の破れたヌメ革を取り外し、新しいヌメ革に

交換するのですが、縫製するのに普通のミシンでは

できませんので、特殊な八方ミシンが必要となります。

現在、このミシンを販売している会社は生産販売を

行っておらず、とても希少なミシンですが靴を修理する

お店てはよくつかわれています。

 

【施工写真】

《before》   《after》

DSC01264 DSC09851

《before》   《after》

DSC01272 DSC09853

《before》   《after》

DSC01271 DSC09854

《before》   《after》

DSC01275 DSC09855

 

 

今回の施工期間は、繁忙期でしたのでお客様には

約4週間待っていただきました。

このタイプの交換修理はとても特殊となりますので

お早めにご相談ください。

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

 

 

【LOUIS VUITTON】ヴィトンの財布 ファスナー交換修理をおこないました。

2018年01月26日

こんばんは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡博多店の中村です。

 

今回の施工は、ルイ・ヴィトンの財布のファスナー交換です。

ヴィトンのファスナ―は、結構固くなり開閉がスムーズにいかなくなったりしがちです。

弊社で交換する場合は、YKK製のファスナーに交換となりますが、引手部分はそのまま再利用し、開閉がスムーズになり見た目も変わりません。

ファスナーは、消耗品ですので交換で元の様に使えますので、閉まらなくなったりしたらお気軽にご相談ください。

 

【施工写真】

《before》
DSC04939
《after》
DSC07016
《before》
DSC04941
《after》
DSC07018
《before》引手は元も物を再利用しますので、見た目は変わりません。
DSC04942
《after》
DSC07020
《before》
DSC04945
《after》
DSC07021

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。

ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

【福岡博多店】LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)ヴェルニ フラワー・レキシントン アクセサリーポーチのエナメルを、再施工で綺麗にリペアしました。

2018年01月5日

こんばんは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡博多店の中村です。

 

今回の施工は、沖縄県からルイ・ヴィトンのフラワー・レキシントンアクセサリーポーチのエナメルが変色変色(除光液?)が、付いての変色?を、染め直しリペアで綺麗に修復いたしました。

 

 

【施工写真】

《before》
DSC08861
《after》
DSC09527
《before》
DSC08860
《after》
DSC09535
《before》
DSC08865
《after》
DSC09536
《before》
DSC08869
《after》
DSC09539
《before》
DSC08863
《after》
DSC09533
《before》
DSC08864
《after》
DSC09544

 

ご依頼頂きましたお客様から、とっても綺麗にして頂いたとお礼のお電話を頂きました。

こちらこそ、喜んで頂き修復し甲斐がありました。

今後とも、思いでのバッグやお財布を綺麗に修復していきますので、お気軽に革研究所福岡博多店にご相談ください。

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。

ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

【福岡博多店】ルイ・ヴィトン ポーチ 色剥げ すり傷 染め直して綺麗にリペアしました。

2017年12月14日

こんばんは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡博多店中村です。

 

今回の施工は、お世話になっている方が大切に使っている青いヴィトンのポーチの染直しリペアのご紹介です。

全体に色の退色・すり傷・汚れが、目立ちますので、クリーニングしてからの染直しリペアとなります。

 

【施工写真】

《before》
DSC05445
《after》
DSC06094
《before》
DSC05447
《after》
DSC06095
《before》
DSC05446
《after》
DSC06096

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

 

【福岡博多店】ヴィトン ポルトドキュウマン ヴォワヤージュ ダミエアンフィニ メンズバッグ ブリーフケース。 

2017年12月8日

こんばんは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡博多店中村です。

 

今回の施工は、ヴィトンのメンズバッグ ブリーフケースの色褪せの部分補色(四隅のスレ)の染直し修理です。

 

発色の強いオレンジですので、調色には苦労しました。

【施工写真】

《before》
DSC05270
《after》
DSC06658
《before》
DSC05274
《after》
DSC06667
《before》
DSC05275
《after》
DSC06668
《before》
DSC05279
《after》
DSC06660

 

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

【福岡博多店】LV ルイ・ヴィトン ペット用キャリーバッグ モノグラムの型崩れ・パイピング破れ交換修理!!

2017年11月30日

こんばんは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡博多店の中村です。

 

ルイヴィトンのペット用キャリーバッグ(モノグラム)型崩れとパイピング部分が、破れているので、交換修理をおこないました。

 

【施工写真】

《before》
DSC04682
《after》
DSC06743
《before》
DSC04683
《after》
DSC06752
《before》
DSC04686
《after》
DSC06748
《before》
DSC04688
《after》
DSC06747
《before》
DSC04689
《after》
DSC06749
《before》
DSC04692
《after》
DSC06746
《before》
DSC04691
《after》
DSC06751

 

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

 

 

 

【福岡博多店】ルイ・ヴィトン 紳士バッグ 色あせ・キズスレ・角擦れを染直しリペアで綺麗にしました。

2017年10月19日

こんばんは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡博多店です。

 

今回の施工は、ヴィトンのバッグの色褪せや、爪で傷ついた革の表面や四隅のスレなどを、綺麗にいたしました。

 

【施工写真】

《before》
DSC03371
《after》
DSC03607
《before》
DSC03376
《after》
DSC03608
《before》
DSC03394
《after》
DSC03624
《before》
DSC03386
《after》
DSC03612
《before》
DSC03388
《after》
DSC03613

 

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

【博多店】ヴィトンバッグ 内袋の破れ 交換修理出来ますよ!

2017年10月2日

こんばんは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所博多店の中村です。

 

本日の施工は、ヴィトンのバッグの内袋が破れてしまい物が、入れられずにお困りのお客様からのご依頼です。

 

内袋がべた付いたり、破れたりした場合は、内袋の交換が出来るんですよ!

意外と知らずに諦めてしまわれた方も多いかと思いますが、交換修理でまた以前の様に快適にご使用する事が可能ですので、是非ご相談下さい。

 

【施工写真】

DSC03529

《before》
DSC03534
《after》
DSC03535

DSC03531

DSC03532

右が、破れた袋で左が、修理した袋です。
DSC03533

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

 

【博多店】ヴィトン ヴェルニ エナメルの変色 ベタツキ 色変え(カラーチェンジ)福岡市早良区からのごご依頼。

2017年09月26日

こんばんは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所博多店中村です。

 

ヴィトンのヴェルニシリーズのエナメル素材が変色するので、多くのお客様からの修理依頼があります。

日本の高温多湿な気候ではエナメル樹脂が加水分解をおこして、表面がベタベタしたり変色してしまったり、転写して黒ずんたりしてします。(決してビトンのせいではありません)

ですので、大事にタンスの中にしまっておくのではなく、どんどん使ってください。

どんなに傷んでも革研究所では、補色・補修を承りますのでご安心ください。

一番多いリクエストは、変色してしまい持ち歩けないので元の色か、濃いカラーに染直して欲しいです。

 

今回の施工は、ワインカラーへのカラーチェンジとなりました。

 

【施工写真】

《before》
DSC03338
《after》
DSC03787
《before》
DSC03339
《after》
DSC03788
《before》
DSC03340
《after》
DSC03794
《before》
DSC03342
《after》
DSC03796
《before》
DSC03343
《after》
DSC03802
《before》
DSC03344
《after》
DSC03801

高価なエナメルのバッグも補修・染直し修理がが出来る事を、ご存知でない方が多いと思いますが、革研究所では独自で溶剤開発をおこない早くから、エナメル素材の補修をおこなってまいりました。

エナメルバッグ・財布などのトラブルは、お気軽にご相談ください。

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

 

 

【博多店】ヴィトン ヌメ革のシミを染直し修理しました。

2017年09月15日

こんばんは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所博多店の中村です。

 

今回の施工は、ヴィトンのバッグのヌメ革部分が、雨ジミなどで汚れてしまったので、ヌメ色での再塗装をおこないました。

 

【施工写真】

《before》
DSC02877
《after》
DSC03467
《before》
DSC02878
《after》
DSC03468
《before》
DSC02882
《after》
DSC03478
《before》
DSC02883
《after》
DSC03475
《before》
DSC02884
《after》
DSC03477

 

ヌメ革を塗装すると、あめ色へのエージングはなりませんが、汚いシミを付けているよりはヌメ色のままの方が良いのでは・・・・?

お手持ちのヴィトンのヌメ革部分の染直しを検討してみませんか?

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

 

Top