ブログ

ルイ・ヴィトン モノグラムバッグのヌメ革の傷みを、張替え交換修理の事例です。

2018年07月4日

LOUIS VUITTON ヴィトンモノグラムバッグの

ヌメ革が傷んでお困りの方へ、諦める前に修理が

出来るんです!

バッグ本体は、傷んでいなくてもヌメ革の部分の

持ち手やパイピング部分・バッグの口の周りの革が、

破れてきたりして困っていませんか?

ヌメ革は、傷みやすい革で乾燥にも湿度にも弱いので

傷んでしまったら、思い切って交換修理を検討して

見てください。

 

ルイヴィトン・シャネル・エルメス・ブランドバッグ・

エナメル製品の染直し修理専門店の革研究所福岡博多店です。

 

ヴィトンと言えば、ヌメ革のバッグが多いとは思います。

大切に使うと白っぽい革が時間と共にアメ色に変化して

味のある革の色となりますが、高温多湿な日本の気候では

いつの間にかにヌメ革にシミが付いてしまったり、まだらに

変色したりします。

そして、革自体が劣化して割れてきてお困りの方、革の張替

と言う修理が方法がありますよ。

部分的に傷んだ革を、新しい革へと交換修理致します。

革が傷んで使わなくなってしまったモノグラムも、

縫製をし直すと綺麗に蘇りますよ!

是非一度ご検討してみてください。

 

【施工写真】

《before》     《after》

DSC05442 DSC05975

バッグの口の周りの革を交換しました。

DSC05440 DSC05977

DSC05439 DSC05976

DSC05447 DSC05980

DSC05445 DSC05981

DSC05448 DSC05985

 

こんなに傷んだヴィトンのバッグより、

修理で綺麗になったバッグを持ち歩きたい

ですよね!

 

使わずに片付けるよりも、張替修理を

するという選択もあります。

 

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、

郵送でも対応しております。

ソファーの場合は直接

ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルより

お問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前に

お問い合わせの上お願い致します。

※持ちもみの場合はお電話で

予約しての来店ください。

 

 

Top