ブログ

【福岡博多店】RALPH LAUREN ラルフローレンの革ジャンを、誤ってカッターで切ってしまった部分を縫製+補色修理!!

2017年11月22日

こんばんは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡博多店中村です。

 

今回の補修は、ラルフローレンの革ジャンを、誤ってカッターで革の表面を切ってしまった方からのご依頼です。

修理箇所は、2か所で両方の腕に10センチから15センチ位を、カッターで革の表面を深く切った部分と、胴回りを5センチ位深く切ったキズ。

施工方法は、カッターの刃がはいった部分下に充てをしてから縫製をし、傷跡を他の革と同じ色で部分補色しながら、ぼかしていきます。

 

【施工写真】

《before》
DSC04769
《after》
DSC06719
《before》
DSC04778
《after》
DSC06728
《before》
DSC04783
《after》
DSC06731
《before》
DSC04788

この部分のキズが、一番深い傷です。
《after》
DSC06732

 

部分縫製しましたので、糸目は見えますが周りの色と同じ色で補色しましたので、目立たなくなりました。

革ジャンなど、革製品をキズづけて諦めてしまった方は、縫製+補色でもう一度蘇りますよ!!

是非、一度ご相談ください。

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

 

Top