カスタマイズ

【福岡店】GUCCI グッチのお財布をメンテナンス修理しました!

2017年10月12日

今晩は、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡店です。

 

今回の施工は、GUCCI(グッチ) 財布 ダークブラウン 擦れと全体的な色あせの修理をご紹介します。

 

<施工写真 before / after>

securedownload1securedownload1asecuredownload2securedownload2asecuredownload3securedownload3asecuredownload4securedownload4a

 

使用期間3年、バックからの出し入れによる擦れと、

必ずどの革製品でも進行する退色が主な原因です。

 

革物の財布やブーツ、パンプス、バック、ジャケット等、新品購入となると中々手が出せないかと思います。

弊社が数多く掲載させて頂いてるこのリペアは、その分低価格での施工が可能です。

またご愛用でき、ご依頼されたお客様から喜びの声を頂いております。

 

買い替え前に、一度リペアを検討されてはいかがでしょうか?

お気軽にお問合わせください。お待ちしております。

 

 

【福岡店】リビング新聞ピックアップマイタウンに博多店と合同企画を掲載中!

2017年10月7日

こんにちは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡店です。

 

リビング新聞のピックアップまいたうんに、博多店と合同で「ソファ染直し修理限定10台ピカピカに」の広告を掲載中です。

リビングを見たで、出張見積料金5,000円が無料に!そして、期間中に成約すると運送費が半額に(通常片道7,500円)

 

フリーダイヤル 0120-88-0704にお気軽にお電話ください!!

 

【施工写真】

《before》
DSC09950
《after》
DSC00340
《before》
DSC00646
《after》
DSC01224

 

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

革製品の色落ち修理・クリーニングは、夏のこの時期におまかせ下さい。

2016年07月15日

革ジャン・色落ち・紫外線焼け・補色・クリーニングで、元の色へ再生修理です。

こんばんは、革製品・財布・バッグ・革ジャン・イス・家具・ソファークリーニング専門店の革研究所福岡店中村です。

 

梅雨真っ盛りのこの時期は、革製品がタンスの中などで、押し込められていませんか?カビが生えかかってはいませんか?

 

これから、夏場に向けて汚れた革ジャンや紫外線焼けして傷んだ革製品を、放っておくとあっという間にカビだらけになったりしますので、今の時期にお手入れをしませんか?

 

実は、今の時期が革製品を丸洗いクリーニングするお客様が多くてんてこ舞いです。

今回の施工は、色落ちした革ジャンをクリーニングで、加脂加工・抗菌加工・帯電防止加工をしたあと、十分乾燥後に紫外線やけしたり、傷んでいる部分の補修をしながらの染め直しリペアです。

 

《before》                     《after》

DSC01501  DSC02106

DSC01505  DSC02109

DSC01506  DSC02110

DSC01509  DSC02113

DSC01510  DSC02114

 

紫外線で、赤黒く変色してしまった革を、丁寧に洗浄して十分乾燥させます。

色は黒なので、通常のピグメントを使用しますが、その前に黒の染料で下染を行なって色の深みが出るようにします。

 

これから、ジメジメとした夏がやってきますので、冬物のお手入れを今のうちにおこなってリフレッシュして、カビや乾燥から大切な革製品を守ります。

お問い合わせ先は、革研究所福岡店です。

フリーダイヤル0120-88-0704番にお気軽にお電話下さい。または、メールに写真を添付して送って頂くとお見積をして、返信いたしますので簡単です。

では、お問い合わせをお待ちしております。

 

風合いのある革を、染め直し修理!

2016年06月20日

今晩は、革製品・財布・バッグ・革ジャン・イス・家具・ソファークリーニング専門店の革研究所福岡店の中村です。

アンティク調、風合いのあるイスの染直しリペアのご紹介です。

今回の施工は、アンティク調の風合いがある革を、風合いを残しながらの染直し修理です。

風合い仕上げは、職人泣かせのオーダーでして、結構神経と時間と技術がいる作業となります。

まずは、写真をご覧ください。

《before》                        《after》

DSC08639  DSC09072

革の表面にすり傷が出始めて、色も紫外線で薄くなっております。

DSC08640  DSC09073

背中の部分にウレタンの補充も行なっています。

DSC08641  DSC09076

DSC08642  DSC09074

紫外線で色が落ちてしまった肘掛け部分。    風合いを残しながらの染めです。

DSC08643  DSC09075

DSC08651  DSC09084

この日焼けも塗りすぎない様に、風合いを残しながらの作業です。

DSC08650  DSC09083

以上が施工写真です。

今回の施工のオプションは、ウレタンの補充+座面の下のバンド交換となりなすので、別途実費を頂きました。

ひじ掛けの部分などは、紫外線で色落ちしておりますが、お客様のご希望で風合いは残しながらの染め直しとなりました。

ご依頼方法

まずは、メールなどで写真を、見ながらの概算見積もりを行うか、お客様のご自宅でに伺って直接お見積をおこなうかです。

ソファーやイスは、直接ご説明した方がいいので、無料出張見積をご利用ください。

あと、電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル0120-88-0704番で、お待ちしております。

 

《福岡店》 クリーンングで、応接セットを綺麗に&染め直しリペア!

2016年06月18日

こんにちは!革製品・財布・バッグ・革ジャン・イス・家具・ソファークリーニング修理専門店

革研究所 福岡店の沖永です。

 

今から、10年以上前に流行したセパレートタイプの「応接ソファー」のリペアをご紹介します。

 

以前、記事にした『ソファーリペアの松竹梅』の竹コースの施工内容になります。

簡単におさらいすると、竹コースは全体のクリーニング(加脂加工など)+全体同色リペアの施工コース。

ソファーの革に穴や破れが無かったので、今回はお客様とご相談の上、このコースで施工することに。

まずは、革専用の洗剤で優しくクリーニングを行います。

 【写真】

DSC08972    DSC08970

 

 

15~20年ほど使用されていたそうで、かなり汚れておりました。

肘掛部分の半分だけを洗った状態の写真です。

 

まず初めにこのように表面の汚れを落として本来の革の色を出してあげないと調色ができませんし、

汚れが塗装を阻害しますから入念に洗い上げます。

 

また、同時に加脂加工・抗菌防カビ加工も行いますので、見た目だけではないリフレッシュができます。

ここまでした後に『染め直し』の工程へ。

【写真】

《befre》                             《after》

DSC08940     DSC09273

ひじ掛けや、座面には黒く汚れが革の表目に染みこんでいます。

DSC08945     DSC09281

革のシワに入り込んだ汚れ。             クリーニング後。

DSC08949     DSC09283

DSC08943     DSC09287

 

幸い破れはありませんでしたが、やはり座面部分の傷み具合がひどかったので、重点的に下地処理を行いました。

その後、クリーニングで綺麗になった革の中でも特に日焼け等していない場所で調色し全体の染め直し、色止めで完了です。

長年汚れた状態で使用されていた為、納品時に「元の色はこんな色でしたね」とおっしゃっておりました。

汚れたままだと見た目や衛生面など良くありません。是非当店でリフレッシュをしませんか?

連絡先

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。

ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

●フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

革研究所福岡店のブログは《コチラ》から!!

 

ソファー修理・バンド交換・ウレタン補充・丸洗いクリーニング!

2016年02月15日

こんにちは、革研究所福岡店です。

革製品・バッグ・財布・革ジャン・家具・イス・ソファー修理専門店の革研究所福岡店です。

今日は、2/14バレンタインデーですね!職人さんにチョコレートと韓国のりを、プレゼント!地味に喜んでいました!

 

福岡博多店では、新メニューで、革製品の特殊洗浄(クリーニング)をおこなっております。

靴・財布・バック(布⁺革)中身や革ジャン・コート・ソファーまで、革専用洗剤で水洗いしますが、その時に加脂加工と抗菌加工をおこなっておりますので、革がバサバサになったり、つやが無くなったりしないので安心してください。

今回の修理は、ソファーの染直しリペア+バンド交換です。

 

《before》                         《after》

DSC09921  DSC00188

DSC09922  DSC00303

DSC00192  DSC00191

ソファーの中には、ウレタンを支えているのが、ゴムのバンドがタテヨコに張ってあります。

このゴムが、経年劣化で少しづつ伸びていきますと、ソファーに座るとお尻が沈みこみ、長時間座ると腰が痛くなったりします。

また、お尻が沈むと革もそれに引っ張られますので、革自体が少しづつ伸びてしまい深いしわの原因となりますし、表面の塗膜の割れにつながります。

革研究所では、革の表面のクリーニングから、染直し修理・バンド交換修理まで、トータルにお手入れや修理が出来るお店です。

お気に入りの家具の掃除やお手入れでお悩みの方、一度革研究所福岡博多店にご相談ください。

経験豊富なスタッフが、的確にアドバイスいたします。

 

特殊洗浄 クリーニング ソファー

2015年12月30日

こんにちは、革製品・財布・バッグ・革ジャン・家具・イス・ソファー修理専門店の革研究所福岡博多店の中村です。

 

最近は、洗えない革を洗う特殊洗浄を行っております。例えば、布と革のコラボのバッグ・革ジャンや毛皮の付いた衣料品の洗えない物を、水洗いやドライ洗浄・加脂加工・抗菌加工・帯電防止加工などで、大切な衣料品や革製品を乾燥やカビから守ります。

 

《before》                《after》

DSC09350  DSC09753

DSC09351  DSC09756

DSC09352  DSC09754

DSC09353  DSC09758

いかがでしょうか?

小さなひび割れは、接着修理で直しますし、大きな座面の修理は部分張替も行います。

もちろん、ソファーのリペアも特殊洗浄で長年の汚れを綺麗に落としております。

革製品のお困り事は、お気軽に革研究所福岡博多店にお気軽にご相談ください。

 

本革 バッグ キズスレ修理 黒へ染め直し!!

2015年07月23日

ソファー・革製品のクリーニングや修理、染め直し専門店/革研究所福岡博多店の中村です。

 

今日もジメジメとした福岡からの施工ブログです。

世の中には、色々なリペアショップやバッグの修理屋さんとかありますが、革の染替えや染直しをやっている業者さんの中には、下地を作らずにただ色掛けしているだけの業者さんが、多いのを知ってましたか?

 

革研究所は、下地8割に力を注いでいます。もちろん色合わせもキッチリしていますので、表皮を再生しながら、キズスレを整えてからの染め直しですので、クオリティーが他の業者さんとは、一味違います!!

《before》             《after》

DSC07475 DSC08091

逆さまでスミマセン!

DSC07478 DSC08087

DSC07477DSC08093

 

如何でしょうか?

革の表面の傷んだ部分を、表皮再生剤で整えてから、革用の染料で下染めをおこない、その後、顔料で綺麗に染めていきます。

下地に時間をかけていますので、一個のバッグでも早くても2週間はかかります。

お急ぎのお客様には、お急ぎ施工で対応しておりますので、お気軽に革研究所福岡博多店にご相談してみてください。

フリーダイヤル0120―88―0704で、お待ちしております。

 

 

 

黄色いシャネルを、黒にカラーチェンジに!!

2015年06月10日

ソファー・革製品のクリーニングや修理、染め直し専門店/革研究所福岡博多店の中村です。

 

黄色のシャネルのバッグを、黒に染め替え(ブラックカラーチェンジ)のご依頼がありました。

もちろんチェーンも分解して、中身の革も綺麗に染替えもご依頼されましたので、追加料金は頂きますが、オプションで対応しております。

 

《before》               《after》

DSC06322 DSC07086

DSC06325 DSC07087

 

如何でしょうか?

チェーンも分解して、両性の染料で染め直しましたので、綺麗に染まっています。

シャネルの柔らかい革も革研究所におまかせ下さい。

お客様の「困った」を、綺麗に解決いたしますので、フリーダイヤル0120-88-0704番にお掛け下さい。

お待ちしております。

 

ブーツ染直し修理&天神イムズにて、催事を行っております!!

2015年02月20日

ツートンカラーのとてもオシャレなブーツの染直し修理のご依頼を受けました。

茶とアイボリーのツートンで、黒ずみが酷くしみこんでいますので、革研のクリーナーで全体クリーニングです。

汚れが落ちたところで、充分乾燥させてから下地を作り、また乾燥です。

キズやへこみを整えてから、つま先から着色して行きます。

その工程をもうワンセット行ない今度は、アイボリーを染直し修理です。

結構時間と手間がかかりました。(しんど)

しかし、お客様が笑顔で大変喜んで頂いたことで、疲れも吹っ飛びました!!(一日一笑、笑顔一生)

《before》                  《after》

DSC03365 DSC03641

DSC03366 DSC03642

DSC03371 DSC03645

DSC03368 DSC03646

DSC03376 DSC03643

キズスレ、黒ずみと結構傷んでいたのでいまし

Top