ルイ・ヴィトン

【福岡店】LV ヴィトン エナメル財布 カラーチェンジの修理は革研究所福岡店で!

2017年06月16日

こんにちは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡店です。

 

梅雨に入ったのに雨が全く降らないので、福岡店の工房の温度はウナビのぼりですが、皆様は

いかがお過ごしでしょか。

 

エナメル財布の色移り、ベタツキでお困り、お悩みありませんか?

エナメルのカラーチェンジとベタツキを改善する施工です。

 

本日の施工紹介はこちらです♪

《Before》                      《After》

IMG_0169IMG_0222

ルイ・ヴィトン ヴェルニポルトフォイユのブラックカラーチェンジです。

今回の長財布の色はブロンコライユ(※)なのですが、

持ち歩いていたバックの色移りが気になるのと、シックな雰囲気に変えたいという

ご希望によりブラックカラーチェンジのご依頼を頂きました。

(※ブロンコライユ  極少量のグレーベージュが入った白基調の上品な色)

 

カラーチェンジに加えてエナメル施工も行ってます。

IMG_0171IMG_0226

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内側部分も写真の通り施工が可能です。

IMG_0173IMG_0224

また今回のカラーチェンジのブラックは弊社独自の塗料を施しているので深みのあるブラックに仕上がっています。

エナメル素材で色移り、シミなど、周りの目が気になり仕舞い込んで諦めている財布やバックはございませんか??

今までとはまた違う雰囲気、味を楽しめるカラーチェンジも一つの手です♪

革製品でお悩みの方!

一度革研究所にご相談ください!

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

 

相談する価値あるかも!

お待ちしております♪

【福岡店】 ルイ・ヴィトン・ダミエアブール 汚れ クリーニング!

2016年12月19日

こんにちは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理専門店の革研究所福岡店です。

 

今回はホワイト基調のスクエア模様が特徴のルイヴィトン・ダミエアズールのバック

クリーニングとトップコーティング施工です。

半分のクリーニングをするとわかりやすいですね!

IMG_0456

<全体写真 before / after>

IMG_0457

<拡大写真 before / after>

IMG_0458

クリーニングに加えトップコーティング(補助膜)も行ってます。

※ トップコーティング・・・汚れや水気に対する強度向上の効果があります。

 

汚れは放置しておくと退色の原因になりますし、早期にご依頼頂きますと、

新品に近い光沢を取り戻せます。

 

ブランド物を始め、定期的なメンテナンスを強くオススメします。

定期的に行うことで予防にもなり長く愛用することができますよね~

お悩み、ご相談ございましたら革研究所へ~

お電話、メール、受け付けております。お気軽にお問合わせください。

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

 

 

ルイ・ヴィトン エピ オレンジの2つ折り財布の修理依頼です。

2016年10月21日

こんにちは!

革研究所 福岡店です!

 

今回、補修するのはこちらの財布です!!

ルイヴィトン エピ 2つ折り財布、カラーはオレンジ~!!

大きな傷などはありませんが早い段階での修理です~

 

【before/after】

DSCN0561DSCN1352

DSCN0563DSCN1354

DSCN0569DSCN1362

DSCN0564DSCN1356

 

今回の補修は財布の角々のコバ(革の断面部分)の擦れを始め、

財布全体の汚れを綺麗に落とし色むらも補修後は目立たなくなりました。

折りたたみ財布は角々のコバ(革の断面部分)の擦れ、傷がつきやすいですが、

補修すれば、まだまだ使える財布に修復します。

どの革製品にも言えることですが早ければ早いほど出来上がりが変わってきます~

革製品でお悩みの方、お気軽にメール、電話をお掛け下さいませ!!お待ちしております。

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

ヴィトンのバッグを、染替え修理ブログ!

2016年09月1日

こんばんは、革製品・財布・バッグ・革ジャン・イス・家具・ソファークリーニング専門店の革研究所福岡店の中村です。

 

革の染め替えて、ご存知ですか?簡単に言うと色変えです。(カラーチェンジ)

革の色がトーンが高ければ、トーンを落とすことは、可能です。(白色から、少しづつ濃くする事)

形の出来上がった製品(バッグ)の革を染め変えるのですから大変です。やはり、色んな色の染料が必要となります。

革研究所は、染料の種類が豊富なので色々なカラーに染め変える事が可能です。

 

《before》                   《after》

DSC00976   DSC01366

DSC00978   DSC01369

DSC00977   DSC01368

DSC00980   DSC01370

 

如何でしょうか?

今回のカラーチェンジは、黒色への染め替えですので、黒の染料での下染を行ない、顔料で染め直していきました。

 

染料で下染していますので、もし傷が入っても表面の下地に黒が入っているので、白色が出てくることはありませんので、ご安心ください。

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

ヴィトンバッグ ヌメ革染め直し修理!

2016年08月19日

こんにちは、ブランドバッグ・ソファー修理・クリーニング専門店革研究所 福岡店の沖永です!

 

皆さん、ヌメ革も染められるってご存知でしたか?

 

今日ご紹介するのはルイ・ヴィトンバッグのヌメ革部分の染め直しです。

やはりヌメ革修理依頼はルイ・ヴィトンであることが多いのですが、雨シミであったり手垢汚れであったり、、、なかなかヌメ革は扱いの難しい革ですよね。

 

物によってはそれも風合いと見ることもあるでしょうが、ルイ・ヴィトンのバッグとなるとなかなかそうもいきませんよね。

染め直しか張り替えとリペアの方法は2種類ありますが今回は染直しのご紹介をしていきます!

張り替えについては《コチラ》の記事をご覧ください。

《ヴィトンバッグ》

【写真】

《befre》                   《after》

DSC01208      DSC01730

 

やはり、ヌメ革の宿命と言いますか全体的に日焼けして、持ち手の部分は黒くなってしまっています。

他にも汚れが所々に見えますね。

今回はステッチも残してほしいということでしたので、ステッチをマスキングしたうえで施工。

ステッチぎわまで塗装する必要があるので、少しステッチに塗料がかかってしまう事もありますが綺麗にできました。

DSC01210      DSC01732

 

顔料を使用するので、多少ヌメ革の風合いが隠れてしまいますが、汚れやシミなどはしっかりと処理できてます。

DSC01215      DSC01741

 

もちろんヌメ革でない部分やファスナー部分に塗料が付かないように配慮して施工します。

DSC01218      DSC01746

 

パイピングの四隅の部分は特にダメージが出やすい部分。そこもしっかり施工します。

破れてしまっている場合はパイピングの交換となります。

ヌメ革の修理は『染め直し』か『張り替え』

お客様のお好みでお選びいただけるので、お気軽にご相談くださいね!

連絡先

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

●フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

 

ヴィトン ヌメ革修理。

2016年08月8日

こんばんは、革製品・財布・バッグ・革ジャン・イス・家具・ソファークリーニング専門店の革研究所福岡店の中村です。

 

先日、タレントのオスギさんが男ばかりの寄合の居酒屋にいました。

とても、ニコニコして楽しそうにされており、上機嫌だったので挨拶をしたら熱い抱擁と熱いキスもセットで返してくらました。

とても、70歳とは思えないパワフルなお鍋さんでした。

 

今日の施工は、ヴィトンのヌメ革の根付交換修理です。

 

《before》                                                                                              《after》

DSC08434  DSC08723

DSC08438  DSC08724

DSC08439  DSC08727

如何でしょか?

 

ヌメ革の部分は、力がかかると少しずつ劣化を起こして切れやすくなりますので、きれていない方の根付も交換いたしました。

この時の注意点ですが、ヴィトンはハトメにもヴィトンの刻印が打ってありますが、交換時にハトメも取りますので普通の金具になってしまう事だけを、ご了承ください。

 

ヴィトンのバッグに限らず、ブランドバッグ修理専門店の革研究所博多店に、修理・染め直し・内袋の交換など、様々なお困り事をお気軽にご相談ください。

 

まずは、フリーダイヤル0120-88-0704番かメールにてお問い合わせください。

革修理職人が、お待ちしております。

ルイ・ヴィトン 白から黒へ染め直し修理です。

2016年05月1日

ルイ・ヴィトンのバッグをカラーチェンジ!

今晩は、革製品・財布・バッグ・革ジャン・イス・家具・ソファークリーニング修理専門店の革研究所博多店の中村です。

今日の施工は、真新しい白いバッグを黒にカラーチェンジのご依頼を受けましたのでご紹介です。

白から黒への染直しですが、結構手順が込んでいます。

1、クリーニングで、油分や手垢、コーティング剤などを洗い流します。

2、染料が表面に入りやすいように処理をおこないます。

3、黒い染料で下地を染めていきます。

4、乾燥後、顔料で黒に染めていきます。

5、樹脂膜でのコーティングと色止めをおこないます。

6、最後にトップコートでのコーティングで終了です。

以上の工程を繰り返してやっと完成です。

《before》                    《after》

DSC00976   DSC01366

DSC00978   DSC01369

DSC00977   DSC01367

DSC00984   DSC01372DSC00980   DSC01370

如何でしょうか?

白くて赤いコバのオシャレなバッグも、黒いシックなバッグに変身です。

お客様も綺麗に染まったので、満足されていました。

今回の施工時にバッグ内部へ抗菌加工をおこないましたので、保管時のカビの繁殖を防ぎます。

福岡博多店では、加脂加工・抗菌加工・帯電防止加工(花粉防止)などの他店ではやっていない革製品のお手入れを、革研究所福岡博多店のみでおこなっておりますので、是非ご相談ください。

お申込み方法!

メールかお電話でご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番でお待ちしております。

 

毛皮・ムートン・スェードの革商品のお手入れ。

2016年04月14日

お手入れコース・おまかせコースの施工商品の紹介。

今晩は、革製品・財布・バッグ・革ジャン・イス・家具・ソファークリーニング修理専門店の革研究所福岡博多店の中村です。

前回のブログに引き続き革製の衣料品の施工紹介を致します。

施工写真

DSC08424  DSC08426

フードが付いたスェードのハーフコートです。

DSC08427  DSC08430

ヴィトンのスェードのジャンパーで、内張りは白の革内張りです。

DSC08432  DSC08431

襟元と手首や腰回りに黒のミンクの毛皮の付いたジャケットです。静電気が溜まらないように帯電防止加工のお手入れコースです。

DSC08434  DSC08435

内側に毛皮の付いたコートですので、これも帯電防止と抗菌加工のお手入れコースをおこないました。

DSC08439  DSC08441

DSC08443  DSC08444

DSC08447  DSC08449

DSC08452  DSC08453

DSC08454  DSC08455

今回の施工商品は起毛のあるスェードやニット・毛皮付商品でしたので、基本的に「お手入れコース」でした。

写真では、わかりませんが、カビの臭いや香水のきつい臭いが、付いた内側の洗浄もおこなっております。

コートや革のジャケット・革ジャンなど、この機会に革研究所の特殊クリーニングを、試してみませんか?

革製品のクリーニングは、お気軽にご相談ください。

ご依頼方法。

最近は、福岡店に直接お持ち込みのお客様が絶えません。誠にありがとうございます。

弊社では、直接のお持ち込みの他に「佐川急便」での郵送でのお取引を行っております。事前にお電やメールでご相談頂いたお客様に佐川急便の着払い伝票をお送りいたしております。(送料弊社負担)

まずは、フリーダイヤル0120-88-0704番までお電話ください。

 

ヴィトン システム手帳 修理

2016年03月23日

こんにちは、革製品・財布・バッグ・革ジャン・イス・家具・ソファークリーニング専門店の革研究所福岡の中村です。

今日は、朝一番でBNIの若鷹キャプチャーの定例会に参加してきました。

熱気のある会で、50名以上の経営者が、真剣にご自分の事業のプレゼンや他の方の事業を紹介するなど、とても刺激を受けた朝となりました。

本日の施工は、ヴィトンのシステム手帳の裏側の染直し修理です。

【before】                 【after】

DSC00405  DSC00751

すり傷で黒がはがれているので、染め直しました。

DSC00408  DSC00752

DSC00409  DSC00753

如何でしょうか?

黒い手帳は黒い方がいいよですね!

この手帳の革の表面は、細かな柄があるのでムラになりやすいので、少し苦労いたしましたが革研究所の塗装技術で、綺麗に染めることが出来ました。

革製品のお困り事は、お気軽にご相談ください。フリーダイヤル0120-88-0704番でお待ちしております。

 

縫製 修理 ヴィトン財布

2016年01月19日

革製品・財布・バッグ・革ジャン・コート・家具・椅子・ソファー修理専門店の革研究所福岡博多店 中村です。

今年も革研究所博多店をどうぞよろしくお願いいたします。

本日の施工は、ヴィトンの財布のほつれの縫製修理です。

結構、ご依頼の多い修理です。

《before》                              《after》

DSC07323 DSC09771

DSC07325 DSC09774

いかがでしょうか?

二つ折りの財布の場合、よくほつれる部位です。

そのままにしておくと、ほつれが酷くなりますので、早めの補修をお勧めいたします。

革研究所福岡博多店では、染め直しリペアや縫製修理・特殊革洗浄など、その革製品にあった施工方法で、お客様のお役に立ちます。

 

Top