チェーンバッグ

【福岡店】修理ブログ【CHANEL】 赤へカラーチェンジ(染替え)

2017年06月19日

こんにちは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡店です。

 

今回の施工は、【CHANEL】シャネルのチェーンバックの染替えです(カラーチェンジ)

色は、ピンクから赤へと染替えを行いました。

 

《施工理由》1年ほど前から少しづつ四隅が汚れて来た事と気分を変えたいので、雑誌から赤いバックの写真を切り抜き、色を指定されました。

 

 

《施工前の写真》           《施工後の写真》

DSC05086DSC05371DSC05087DSC05372DSC05088DSC05373
お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。
●フリーダイヤル:0120-88-0704
※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

【福岡店】二つ折り財布 染直し カラーチェンジ行います。

2017年05月31日

こんにちは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファー修理・クリーニング専門店の革研究所福岡店です。

 

色落ち、シミなどが気になり買い換えようかな~でもな~ってお悩みのお客様も沢山いらっしゃいます。

今回はその内の1件をご紹介します!!

 

 

こちらがシャネルの二つ折りタイプの財布 before/after です。

写真1写真2写真3写真4写真5写真6

 

黒へ色を変えるとシックな雰囲気になります。また艶も調整出来ますので更に

自然な光沢を出し、一味違った仕上げも可能です。

 

カラーチェンジで今までにないアジを楽しむのはいかがでしょうか♪

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さい!

相談する価値あり!お待ちしております!

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。
●フリーダイヤル:0120-88-0704
※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

【福岡店】 シャネル デニムバック 染直しは当店で!!

2017年01月20日

こんにちは、革製品・染め・修理・特殊クリーニング・ソファークリーニング修理専門店の革研究所福岡店です。

 

今回はシャネルのデニム生地製セカンドバック(ミニトート)の染替えです。

<全体写真> ※縫い目部分をマスキングした状態です。

image1

 

デニムパンツでも膝や脚元等によくあると思いますが、

四隅の角、手持ちが主に擦れで色落ちと色あせが目立ち始め、

今回染直し施工のご依頼を頂きました。

 

<写真 before / after>

image2image2aimage3image3aimage4image4a

 

デニム製は使う内に紫外線や擦れによる色の後退が出てくると目立ちやすいです。

それをアジという捉え方もできますが、実質上このようなダメージは弊社の独自施工で着色可能です。

 

いかがでしょうか。

バックはアジというより、色あせ見えてしまいがちですよね、

染直しでまた永く愛用できるようになりました!

デニムのバック、ジャケット、パンツ、諦めていませんか?

お悩みのかた、一度ご相談ください!

お電話、メール、お待ちしております♪

 

お見積り無料!! 当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。 ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。 詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

  • フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

 

 

 

シャネル チェーンバック 分解修理!

2016年07月28日

シャネルのチェーンバッグの色を替え修理をしました。

こんにちは、革製品・財布・バッグ・革ジャン・イス・家具・ソファークリーニング専門店の革研究所福岡店の中村です。

 

 

知ってましたか?

シャネルとは、ガブリエル・ココ・シャネルが1910年にフランスで創設したファッションブランドで、シャネルの様々な商品に使われているCCマークは創設者ココ・シャネルのイニシャルが由来となっているそうです。

 

 

みんな大好きなシャネルのチェーンバッグを、分解して水色から黒へ、カラーチェンジを行いますのでご紹介いたします。

《before》                       《after》

DSC08989  DSC00393

DSC08990  DSC00394

DSC08991  DSC00395

DSC08992  DSC00396

DSC08993  DSC00397

DSC08995  DSC00399

 

如何でしょうか?

チェーンも分解して中の革もブラックに染め直して、また抜きこみました。

 

元の色が水色でしたが、だいぶ革の表面が傷んでいましたので、染め変える前に下地の処理を行いカドスレやキズ擦れなどを、修復してからの色染めです。

 

シャネルのバッグは、とても柔らかな革素材が使ってありますので、染め変えるときに若干の手触り感の違いが出ますが、すぐに馴染んできますので、ご安心ください。

 

今回の施工で苦労した施工は、やはりチェーンから革を抜き取る作業が手間がかかるので大変でした。

あとは、シャネルのバックの革自体が良い商品ですので、とてもやりがいのある商品です。

 

下記の症状で悩んでいませんか?簡単な修理やクリーニングで、よみがえりますので、一度ご相談ください。

 

シャネルのバッグをお持ちの方、タンスの肥やしになっていませんか?

カビが生えてしまって、そのままにしていませんか?

色あせやキズスレで、困っていませんか?

 

あなたのお悩みやお困り事を、革研究所福岡店の中村が綺麗に解決致します。

フリーダイヤル0120-88-0704番で、お待ちしております。

 

シャネルのチェーンバッグを、黒に染め替えてくれません? と、言われました。

2016年07月6日

 

シャネルのチェーンバッグを白から黒への染め替えです。

こんにちはは、革製品・財布・バッグ・革ジャン・イス・家具・ソファークリーニング専門店の革研究所福岡店の中村です。

 

今回の施工は、皆さんが良くお持ちのシャネルのチェーンバッグを、黒へ染替えて欲しいとのご要望がありましたので、真っ黒に染め変えましたので、ご紹介いたします。

 

まずは、チェーンを外して中の革を取り外します。この作業が地味に手間がかかります。

なかには、チェーンや金具を再メッキして欲しいとリクエストされるお客様もいらっしゃいます。

今回は、チェーンの中の革を黒く染めるだけでした。

 

【before】 【after】

DSC08328  DSC00394

薄い水色のシャネルが変色しています。

DSC08329  DSC00395

DSC08330  DSC00396

DSC08331  DSC00397

DSC08332  DSC00398

 

 

如何でしょうか?チェーンも地道に分解して、中の革も綺麗に染め変えました。

革研究所の染め替えは、革研究所独自の染料で一度黒に染め変えて下地を作ります。その後、白いピグメントでムラになっている部分を綺麗に染めていきますので、黒にも深みがあります。

 

当然、バッグのふたの内側も黒に染め変えていますので、ご安心ください。

 

DSC00399  DSC00400

革研究所福岡店へのご依頼方法は、

まずは、メールかお電話でお問い合わせください。

フリーダイヤル0120-88-0704番です。

また、ソファーなどの大型革製品の張替や染め直し修理などは、直接ご自宅にお邪魔してお見積を行います。

出張見積は、キャンペーン中は無料ですのでお気軽にお尋ねください。

では、革修理専門店のスタッフがお待ちしております。

シャネルの布製のバッグを、黒に染める!

2016年06月11日

こんにちは、ブランドバッグ・ソファー修理専門店革研究所 福岡店の沖永です!

 

特殊染めについての最後の記事になりますが、今回は『布地を染める!』です。

第一回のデニムに近いものがありますが、布地でも条件付きではあるんですが染められるということをご紹介していきたいと思います!

 

前2回の記事については≪デニム≫・≪スウェード≫からご覧いただけます。

[布地を染める!!]

よく本革ではないですが染められますか?とお客様からご相談を受けることがあります。

色々な種類がありますが、その中でもわりと多いのがこの布製品のものです。

ご相談頂く内容は汚れがついた、もしくは色が褪せたというのがほとんどのケース。

それぞれについてご説明していきたいと思います!

 

◎汚れがついた場合

まずご提案したいのが『クリーニング』。

ひとうひとつ手作業で洗浄します。バッグの内側外側の目に見えない手垢などの汚れを取り、

特殊な機械でシミなどを吸い上げて綺麗にします。

同時に抗菌加工・防カビ・帯電防止などの加工を行います。

クリーニングについては過去に記事を書いていますので、興味のある方は≪コチラ≫からご参照ください!

クリーニングをして取り切れない場合は染め直しを行うことになります。

 

第1回目の≪デニムを染める≫の記事にも書いておりますが、デニムや布地には基本的に顔料は使えません。

なのでこちらも染料をつかっての施工になります。(染料については前2回の記事で詳しく書いておりますので是非お読みください)

ただ元の色よりも濃いシミだと染料では隠し切れないことがあるので、その場合は黒への染め替えが一番綺麗に仕上がります!

 

◎色が褪せた

この症状は染料染めを行います。

元の色に近いものを作り全体に塗布していきます。

傷スレがないぶんやはり綺麗な仕上がりになりますよ!

ただし、再現できない色もあるので詳しくはご相談ください。

ちなみに、こちらもクリーニングできますのでセットでするといいかもしれませんね!

今回ご紹介する写真は先日施工したばかりの、黒への染め替え施工です!

  [施工写真]

《befre》                     《after》

DSC08252   DSC08995

DSC08257   DSC08996

DSC08266   DSC09002

DSC08998   DSC08258

DSC08262   DSC09003

この施工は染料だけだと染まらない部分があったので、染料と油性の顔料の両方を使いました。

手触りもそこまで損なうことなく仕上げることができました。

連絡先

お見積り無料!!

当店への持込みもしくは、郵送でも対応しております。

ソファー・椅子の場合は直接ご自宅までに取りに伺います。

詳しくは下記フリーダイヤルよりお問い合わせください。

●フリーダイヤル:0120-88-0704

※郵送される場合は、事前にお問い合わせの上お願い致します。

革研究所博多店のブログは《コチラ》から!!

シャネルのチェーンバッグを、黒にカラーチェンジです。

2016年04月7日

シャネルのチェーンバッグを、黒にカラーチェンジです。

今晩は、革製品・財布・バッグ・革ジャン・イス・家具・ソファークリーニング修理専門店の革研究所福岡博多店の中村です。

今日は、シャネルのチェーンバッグのチェーンを分解して、黒へ染替え施工についてのブログです。

①まずは、全体をクリーニングです。手垢や油シミなど再塗装の邪魔になる汚れを除きます。

②シャネルは、とても柔らかな革ですが、カラーチェンジですので黒の染料を入れていきます。

③この時にすり傷などを、表皮再生剤で修復し同時に黒で染めていきます。

④乾燥後、再度塗漏れが無いかを確認してから、樹脂コーティンングです。色止めと艶かげんの調節もこの時に行います。

⑤最後にトップコーティングで仕上げです。

以上の工程をおこないながら、修理修復をおこなっています。

《before》                      《after》

DSC00690   DSC01199

DSC00695   DSC01203

DSC00697   DSC01204

DSC00694   DSC01201

DSC00693   DSC01202

如何でしょうか?

チェーンを分解しての施工ですので、革もムラなく黒色へ染めることができました。

また、心配していました手触り感も問題なく、染めることができて、お客様にも満足の声をいただきました。

ご依頼方法

革製品の「お困り事」は、お気軽にご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番にお電話ください。

 

2016年02月20日

今日は、革製品・財布・バッグ・革ジャン・イス・家具・ソファー・丸洗いクリーニング・修理専門店の革研究所福岡博多店の中村です。

 

バッグのお手入れですが、皆さんはどうされていますか?

お手入れお直しのコツを少しだけお教えちゃいます。

 

①埃対策➡使用したバッグは、軽くブラシでブラッシングをおこなってください。汚れていないよで、細かな埃がバッグの縫い目やファスナー部分に溜っていきますので、こまめに行ってください。

 

②湿気対策➡日本は高温多湿ですので、埃や湿気が溜まりやすい密閉空間に買った時の袋やビニール袋に入れてしまい込むのはNGです。

バッグの形が崩れないように新聞紙で形を整える。ショルダーや持ち手にはスカーフやストッキングでバッグ本体に傷が付かないように保護します。通気性のいい不織布の袋に入れて保管します。

 

③保管方法➡吊るすか!寝かす!です。

吊るす場合は、持ち手の部分に変な方がついてしますので、ガムテープの芯などを利用して、フックの方などが付かない様にします。

 

大切なバッグは使用された後に、それなりに手をかけてください。そのひと手間が、カビなどを防ぎ次のシーズンも綺麗にご使用されるコツです。

《before》                         《after》

DSC00223  DSC00316

DSC00228  DSC00325

DSC00227  DSC00323

DSC00233  DSC00322

DSC00224  DSC00321

ごめんなさい。表の写真がブレブレでしたので、裏の写真を載せました。

如何でしょうか?

キズ・スレなどは、革研究所福岡博多店が、綺麗にお直しいたします。

その後のお手入れは、上記のお手入れ方法で大切なバッグを、長くお使いください。

それでも、カビが生えたり汚れたりしたら、迷わず革研究所福岡博多店にお電話ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番でお待ちしております。

 

シャネルのチェーンバッグを染直し修理しました。

2015年07月17日

ソファー・革製品のクリーニングや修理、染め直し専門店/革研究所福岡博多店の中村です。

 

「博多祇園山笠」も終わり、台風9号が九州にやって来ておりますが、中村は声をからして施工に励んでいます。

久しぶりのブログ更新です。祭りも終わったので、これからもコツコツ更新していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

今日の施工ブログは、シャネルのチェーン分解修理です!

 

《before》             《after》

DSC07429 DSC08096

DSC07431 DSC08102

DSC07434 DSC08103

DSC07437 DSC08100

 

如何でしょうか?

チェーンも分解しての施工ですので、色あせたチェーンの革も一新して綺麗に染め直しいたしました。

革製品のお悩みは、革研究所福岡博多店にご相談ください。

経験豊富なスタッフが、お待ちしております。

フリーダイヤル0120-88-0704番です。

シャネルチェーンバッグを、カラーチェンジ出来ますよ! 革研福岡店へ

2015年06月26日

ソファー・革製品のクリーニングや修理、染め直し専門店/革研究所福岡博多店の中村です。

 

こんばんは、今回の施工のお客様はシャネルのバッグのカラーチェンジです。

 

①、シャネルのバッグが、汚れて来たので、黒以外の色へ色替え出来ますか?

例えばこんな色も出来ますか?もちろんチェーンの内部の革も染め直したいのですが?

 

もちろん!!黒以外の色もお客様のご希望の色へのカラーチェンジもおこなっていますよ!!

(色見本をご準備ください。出来ない色もあります。)

 

では、施工写真をご覧ください。

《before》              《after》

DSC06884 (2) DSC07172

DSC06885 (2) DSC07173

DSC06887 DSC07174

DSC06886 DSC07175

DSC06888 DSC07176

※チェーンの内部の革も同じ色に染替えも出来ます。

 

如何でしょうか?

お客様のご持参された色見本に合わせてのカラーチェンジです!

 

革研究所の塗料は、油性・水性・染料・溶剤などの施工材料が豊富にラインナップしておりますので、ご希望の色へ変える事が可能です。

カラーチェンジの事なら、お気軽に革研究所福岡博多店にご相談ください。

フリーダイヤル0120-88-0704番で、お待ちしております。

Top