ブログ

お気に入りのバッグのお手入れ&染め直し修理です。

2016年05月13日

男性物のバッグ表面の爪での引っかき傷、四隅のスレなどの修復です。

こんばんは、革製品・財布・バッグ・革ジャン・イス・家具・ソファークリーニング修理専門店の革研究所福岡店です。

よくお客様から聞かれる質問で、バッグの日頃のお手入れはどうしたら良いですか? と聞かれます。

一番簡単で、効果的なお手入れは、使用後にブラッシングでバッグに付いた埃や汚れを落とすことです。

(弊社では、馬毛のブラシを使っています。)

力を入れてこするのではなく、軽く表面の埃をかきだすようなイメージでブラッシングをします。

たまにはバッグの内側にもブラシをかけてやってください。

バッグの中身には、結構埃が溜まっていますよ!(カビや臭いの原因となります。)

たったこれだけのお手入れで、良いんです。(簡単でしょ!)

大切な革製品なら、使用後のひと手間で、持ちが変わってきます。

さて、今日の施工ですが紳士物のバッグについてしまったキズや汚れ、四隅のスレなどを、修復です。

《before》                     《after》

DSC01119   DSC01355

DSC01118   DSC01354

DSC01124   DSC01364

DSC01123   DSC01363

今回の施工は、バッグの濃いグリーンと茶色の2色とステッチの残し施工でしたので、施工期間は約2週間でした。お預かりの商品によっては施工期間が変わりますので、ご了承ください。

ご依頼方法

革研究所へのご依頼方法は、まずは修理したい場所や商品の写真をメールに添付して、送って頂くとお見積が早くて正確なお見積もりが出来ます。

また、フリーダイヤル0120-88-0704番におかけください。

リペア職人が丁寧にお答えいたしますので、お気軽にご相談してみてください。(待ってまーす)

Top