ルイ・ヴィトン

【ルイ・ヴィトン】モノグラム 財布のほつれを縫製。表面の割れも補修。

2017年06月2日

おはようございます、ブランドバッグ・財布・革ジャン・ソファーなどの革製品の染め直し・修理を

専門に行っている革研究所・福岡西店です。

 

最近、当店ではお財布の修理のご依頼が増えています。

①ファスナー修理

②ほつれ補修

③染め直し(シミ・汚れ・色あせなど) 以上 大きく分けて3種類の修理・補修が多いようです。

 

ブランド別では、ルイ・ヴィトン、ボッテガヴェネタ、プラダなどの修理のご依頼を良く頂きます。

 

今日は、ルイ・ヴィトン モノグラム二つ折りの財布の修理のご紹介をいたします。

 

【Before/左】    【After/右】

折り曲げる部分は負担がかかるので糸のほつれは起こりやすい箇所ですが、修理すれば直ります。

IMG_0779 IMG_0976 IMG_0781 IMG_0985

 

モノグラムの生地部分は革ではなくキャンバス地のPVC加工ですので、割れた場合は樹脂で補修します。

IMG_0782 IMG_0986

 

ブランドに関わらず、様々な財布・バッグの修理実績がありますので安心してお任せください。

 

************************************************************************************

他の修理事例はこちら!←クリックで開きます。

 

💛ご依頼は、郵送OK!・店舗持ち込みOK!

💛お見積りは、電話・メール・ご来店全てOK!

 

店舗はこちら!(ドラッグイレブン野方店そば)

定休日:日曜・祝日

営業時間:10:00~18:00(土曜は14:00から)

★お見積りなどの外出で不在にする事もあるので、ご来店の際は事前にご連絡ください。

 

📞 092-407-4994  

✉ info-fukuoka-n@kawa-kenkyujyo.net

 

【ルイ・ヴィトン】ダミエ バッグの洗浄クリーニングとファスナー交換修理。福岡市西区よりご依頼です。

2017年05月17日

おはようございます、ブランドバッグ・財布・革ジャン・ソファーなどの革製品の染め直し・修理を

専門に行っている革研究所・福岡西店です。

 

今日は、【ルイ・ヴィトン】のダミエ柄のカビが生えてしまったミニボストンバッグのクリーニングと

ファスナー交換をご紹介いたします。

 

革はそれ自体がカビの栄養となるので、湿気の多い時期は特に注意が必要です。

でも、カビが生えてしまったら丸洗いクリーニングでカビを除去することができますよ。

 

また、ファスナーは開け閉めを繰り返すことによって壊れる「消耗品」と考えた方が良いと思います。

でも、ファスナーは交換が可能なので、交換費用をランニングコストと捉えて修理に出すのがお得です。

 

【Before/左】      【After/右】

ダミエ柄の生地以外の革部分に白カビがびっしりと生えていましたが、カビ除去でスッキリしました。

IMG_9863 IMG_0206 IMG_9864 IMG_0207

 

テンションのかかるファスナーの布部は破れてしまう事もありますが、交換でまた使えるように!

IMG_9865 IMG_0208 IMG_9866 IMG_0209 IMG_9867 IMG_0210

 

カビ除去のクリーニング後もカビの根が革の内部まで根付いてしまっている場合もありますので、

完全には除去できないケースもあります。

 

また、カビを除去した後、革自体が変色してしまっている場合がありますが、その時は染め直し・補色で

補修することができるのでご安心ください。

 

************************************************************************************

他の修理事例はこちら!←クリックで開きます。

 

💛ご依頼は、郵送OK!・店舗持ち込みOK!

💛お見積りは、電話・メール・ご来店全てOK!

 

店舗はこちら!(ドラッグイレブン野方店そば)

定休日:日曜・祝日

営業時間:10:00~18:00(土曜は14:00から)

★お見積りなどの外出で不在にする事もあるので、ご来店の際は事前にご連絡ください。

 

📞 092-407-4994  

✉ info-fukuoka-n@kawa-kenkyujyo.net

 

【ルイ・ヴィトン】ショルダーベルトの作成・交換。

2017年05月9日

おはようございます、ブランドバッグ・財布・革ジャン・ソファーなどの革製品の染め直し・修理を

専門に行っている革研究所・福岡西店です。

 

ルイ・ヴィトンの修理のご依頼は非常に多いですが、中でもヌメ革部分のひび割れ・シミなどのお悩みが

最も多いように感じます。

 

今日は、ヌメ革でできたショルダーベルトの千切れ・ひび割れによる、新規作成・交換のご紹介です。

 

【Before】

片方が完全に千切れており、さらにベルト穴部分などの数ヶ所がひび割れていたので、千切れるのは

時間の問題と判断し、新たにショルダーベルトを作成して交換することになりました。

IMG_9435 IMG_9436

 

【After】

バックルは元々の物を使用し、新しいヌメ革で元の形と同じように作成しました。

これでまた長く使えるようになりましたね!

IMG_9969 IMG_9970

 

症状や状態によって最適な修理方法をご提案いたしますので、まずはご相談下さい(^^)

 

************************************************************************************

他の修理事例はこちら!←クリックで開きます。

 

💛ご依頼は、郵送OK!・店舗持ち込みOK!

💛お見積りは、電話・メール・ご来店全てOK!

 

店舗はこちら!(ドラッグイレブン野方店そば)

定休日:日曜・祝日

営業時間:10:00~18:00(土曜は14:00から)

★お見積りなどの外出で不在にする事もあるので、ご来店の際は事前にご連絡ください。

 

📞 092-407-4994  

✉ info-fukuoka-n@kawa-kenkyujyo.net

 

ルイ・ヴィトンのモノグラム生地を使用したリメイク

2017年05月6日

おはようございます、ブランドバッグ・財布・革ジャン・ソファーなどの革製品の染め直し・修理を

専門に行っている革研究所・福岡西店です。

 

今日は、ルイ・ヴィトンのモノグラム生地を利用したリメイクをご紹介いたします。

 

必要な部分を切り出して、接着して穴をあけます。今回は本革と組み合わせてのリメイクです。

IMG_1146 IMG_1147

 

内側はモノグラム生地に合う濃茶の本革を使用しました。そして濃茶の糸で手縫いしました。

IMG_1148 IMG_1151

 

アクセントに付けたヌメ革がいい感じです。極小のハトメをつけてゴムを通しました。

IMG_1149 IMG_1152

 

中はこのような感じ。トラベラーズノートのようにノートを挟んで使うシンプルな手帳。

IMG_1153 IMG_1154

 

ゴムバンドで開くのを留めておけます。トラベラーズノートのパスポートサイズに近い大きさ。

IMG_1155 IMG_1156

 

リメイクのご相談もお受けしておりますので、まずはお問い合わせください(^J^)

 

************************************************************************************

他の修理事例はこちら!←クリックで開きます。

 

💛ご依頼は、郵送OK!・店舗持ち込みOK!

💛お見積りは、電話・メール・ご来店全てOK!

 

店舗はこちら!(ドラッグイレブン野方店そば)

定休日:日曜・祝日

営業時間:10:00~18:00(土曜は14:00から)

★お見積りなどの外出で不在にする事もあるので、ご来店の際は事前にご連絡ください。

 

📞 092-407-4994  

✉ info-fukuoka-n@kawa-kenkyujyo.net

 

【ルイヴィトン】グラフィティ・アルマ 破れ・汚れ・色はげ補修 福岡市西区より

2017年04月8日

こんにちは、バッグ・財布など革製品の染め直し・修理専門店の革研究所・福岡西店です。

ブランド・ノーブランドに関わらず、バッグや財布の修理・染め直しをしております。

 

さて、今日はルイ・ヴィトンのハンドバッグ、グラフィティ・アルマのリペア事例をご紹介いたします。

 

白地に黒い文字がデザインされたオシャレなバッグですが、

①白い部分の汚れ

②黒い部分の色はげ

③四隅や持ち手の剥がれ などが見られました。

 

白い部分はクリーニングでキレイにし、黒い部分と四隅・持ち手のはがれは染め直しでリペアしました。

 

【Before/左】         【After/右】

白い部分の黄ばんだような汚れが取れ、黒い文字部分のかすれもキレイになりました。

IMG_9869   IMG_0178

 

四隅は角擦れ・パイピングの破れ・汚れなどがありましたが、自然な感じで修理できました。

IMG_9875   IMG_0184 IMG_9874   IMG_0180

 

持ち手の革が破れていましたので、キレイに修復しました。

IMG_9870   IMG_0179

 

バッグの中もほこりが溜まりがちですが、キレイにしておきました。

IMG_9878   IMG_0187

 

ブランドバッグの修理・染め直しは実績がたっぷりありますので、安心してお任せくださいね!

 

************************************************************************************

他にもこんな修理事例が! ← 修理事例はこちらをクリック!

 

お見積りは、店舗に直接お持ち込みください。

 ★店舗の場所はこちら!(ドラッグイレブン野方店の近くです)

 

お電話→ 092-407-4994 までお気軽にどうぞ!

メール→ info-fukuoka-n@kawa-kenkyujyo.net (写真を添付してください)

 

■お見積などで不在の場合がありますので、ご来店の際は事前にご連絡ください。

■店舗まで遠い方は、郵送でも修理を受付けております。

 

 

【ルイ・ヴィトン】ダミエ柄 トートバッグの持ち手コバ補修。

2017年03月15日

おはようございます、バッグ・財布など革製品の染め直し・修理専門店の革研究所・福岡西店です。

ブランド・ノーブランドに関わらず、リペアのご依頼をお受けしております。

 

コバとは革のフチの部分の事ですが、染料で磨いたものと樹脂で固めたものがあります。

樹脂で固めたタイプのものはベタベタしてきたり、樹脂がはげてきたりする事があります。

 

今日は「ルイ・ヴィトン」ダミエ・グラフィットのトートバッグの持ち手のコバがベタベタしている

との事でコバ補修した事例をご紹介いたします。

 

【Before/左】   【After/右】

あまり使用しておらず、保管していたらコバがベタベタしてコバ同士がくっついてしまっていたとの事。

状況から判断して、一度コバを全て剥いで、新たにコバを作り直しました。

IMG_9102   IMG_9111

 

厚みのあるコバでしたので、「塗布して乾燥させては研磨」を何度か繰り返して強度のあるコバに。

IMG_9103   IMG_9112 IMG_9106   IMG_9113 IMG_9105   IMG_9114

 

コバがはげているとバッグ全体がくたびれて見えますが、逆にコバがキレイだと全体がシャキッとします。

ちょっとしたコバの補修でもお気軽にご相談下さい。

 

************************************************************************************

 

他にもこんな修理事例が! ← 修理事例はこちらをクリック!

 

お見積りは、店舗に直接お持ち込みください。

 ★店舗の場所はこちら!(ドラッグイレブン野方店の近くです)

 

お電話→ 092-407-4994 までお気軽にどうぞ!

メール→ info-fukuoka-n@kawa-kenkyujyo.net (写真を添付してください)

 

■お見積などで不在の場合がありますので、ご来店の際は事前にご連絡ください。

■店舗まで遠い方は、郵送でも修理を受付けております。

 

 

【ルイ・ヴィトン】ソミュールのヌメ革補修。福岡市早良区より。

2017年01月14日

こんにちは、ブランドバッグ・革製品の染め直し・修理専門店の革研究所・福岡西店です。

 

今日はルイ・ヴィトンのショルダーバッグ「ソミュール」のヌメ革部分の染め直しをご紹介いたします。

 

ヌメ革は、革の持つ本来の良さを活かすために表面がコーティングされていない事がほとんどなので、

乾燥してひび割れてきたり、シミなどの汚れが気になる、というご相談をお受けします。

 

あまりにヒビ割れがひどい場合はヌメ革部分を作り直して交換しますが、

状態によっては下地補修及び染め直しで補修が可能です。

 

【Before/左】  【After/右】

モノグラムの部分は、キャンバス地にPVCコーティングされていますので、非常に丈夫な素材です。

本革の部分を補修すればまだまだ使えるようになりますので、諦めずにご相談下さい。

IMG_8356 IMG_8537

 

黄色いステッチを染めずに残すオプション加工もあります。

IMG_8357 IMG_8539 IMG_8365 IMG_8544 IMG_8360 IMG_8543 IMG_8362 IMG_8548

 

ルイ・ヴィトン以外もブランド品・ノーブランド品も補修・染め直しを承っています。

処分したりリサイクルショップに売ったりする前にまずはご相談くださいね。

 

***************************************

 

店舗に直接持ち込んで頂ければ、商品の状態から判断してその場でお見積りいたします。

ご相談をお受けして修理方法を決め、お見積りから実際の施工まで店長自らが全てやっておりますので、

安心してご依頼いただけると思います。

 

お見積りやご納品で不在の場合がありますので、ご来店の際は事前にご連絡ください。

店舗まで遠い方は、郵送でも修理を受付けております。

 

お電話でのお問い合わせは、092-404-4994 までお気軽にどうぞ!

メールでのお問い合わせは、info-fukuoka-n@kawa-kenkyujyo.net まで写真を添付してお送ください!

 

★過去の修理実績はこちら

★店舗の場所はこちら! (ドラッグイレブン野方店の近くです)

 

 

【ルイ・ヴィトン】ダミエ柄トートバッグ、持ち手のコバを補修。

2016年12月9日

ブランドバッグ・革製品の染め直し・修理専門店の革研究所・福岡西店です。

 

バッグやお財布を使っていて、持ち手のコバ(革の断面部分)の樹脂がはげてきたり、

ベタベタになってきたりした事はありませんか?

 

今日は、ルイ・ヴィトンのダミエ柄のトートバッグの持ち手のコバ補修をご紹介いたします。

 

【Before/左】         【After/右】

まだあまり使用していないとの事でバッグ自体はとてもキレイですが、持ち手のコバがべた付いており、

バッグを普通に持つだけで、持ち手のコバとコバがくっついてしまう状態でした。

img_9102   img_9118

 

ベタベタのコバの上から補修しても仕上がりが悪くなるため、一度すべてのコバの樹脂を取って、

新しくコバの樹脂を塗っては研磨、塗っては研磨を繰り返して仕上げました。

img_9103   img_9112 img_9106   img_9113

 

コバの補修は比較的早くできますので、お持ちのバッグでコバのハゲが気になる方はご相談下さい。

 

***************************************

 

店舗に直接持ち込んで頂ければ、商品の状態から判断してその場でお見積りいたします。

ご相談をお受けして修理方法を決め、お見積りから実際の施工まで店長自らが全てやっておりますので、

安心してご依頼いただけると思います。

 

お見積りやご納品で不在の場合がありますので、ご来店の際は事前にご連絡ください。

店舗まで遠い方は、郵送でも修理を受付けております。

 

お電話でのお問い合わせは、092-404-4994 までお気軽にどうぞ!

メールでのお問い合わせは、info-fukuoka-n@kawa-kenkyujyo.net まで写真を添付してお送ください!

 

★過去の修理実績はこちら

★店舗の場所はこちら! (ドラッグイレブン野方店の近くです)

 

 

ラウンドファスナー長財布のファスナー不良を修理。

2016年11月21日

ブランドバッグ・革製品の染め直し・修理専門店の革研究所・福岡西店です。

 

ブランド財布のファスナー修理は非常に多いご依頼の一つです。

何度も開け閉めすることで、スライダーが摩擦でダメになってしまうのが主な原因ですが、

スライダーの交換で開け閉めの不具合が解消されることがほとんどです。

 

今日は、ルイ・ヴィトンのダミエ柄ラウンドファスナー長財布のファスナー修理をご紹介いたします。

 

【Before/左】    【After/右】

本体は丈夫で何ともないので、ファスナーさえ修理すればまた永く使えるようになりますね。

img_1149   img_1203

 

閉めても閉まらないファスナーがしっかりと開閉できるようになりました。

ルイ・ヴィトンの引手は新しいスライダーに付け替えますので、修理後もバッチリとルイ・ヴィトンです。

img_1146   img_1202

 

革のバッグや財布などは、修理・染め直しができますので、処分したり諦めたりする前にご相談下さい。

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ(^J^)

 

******************************************

 

店舗に直接持ち込んで頂ければ、商品の状態から判断してその場でお見積りいたします

ご相談をお受けして修理方法を決め、お見積りから実際の施工まで店長自らが全てやっておりますので、

安心してご依頼いただけると思います。

 

お見積りやご納品で不在の場合がありますので、ご来店の際は事前にご連絡ください。

店舗まで遠い方は、郵送でも修理を受付けております。

 

お電話でのお問い合わせは、092-404-4994 までお気軽にどうぞ!

メールでのお問い合わせは、info-fukuoka-n@kawa-kenkyujyo.net まで写真を添付してお送ください!

 

 

★過去の修理実績はこちら

★店舗の場所はこちら! (ドラッグイレブン野方店の近くです)

 

 

ブランドバッグ、処分するよりも、売るよりもリメイクでまた活躍するものに甦らせます。福岡西店

2016年11月1日

革製品・ブランドバッグの修理・染め直し、革研究所・福岡西店の藤原です。

 

使わなくなったブランドバッグやブランド財布など、「リサイクルショップに売ろうかな?」とか

「邪魔だから思い切って処分しようかな?」と思ったことはありませんか?

 

でもせっかく買ったブランド品、どうせならまた使えるものにリメイクしてみませんか?

 

今日は、ルイ・ヴィトンのモノグラムのボストンバッグ「ドーヴィル」のリメイクをご紹介致します。

 

【リメイク前】

「もう使わないから!」と思い切ってカッターで切ってしまったとの事ですが、どうすれば良いかわからず、

当店にリメイクのご相談に来られました。

使いやすくてお気に入りの二つ折り財布(2個)の外側の生地も外されていました。

img_0318  img_0319

 

ボストンバッグのモノグラム生地をうまく使って二つ折り財布を復活させ、できればクラッチバッグも

作って欲しいとのご依頼でした。

何とかご希望に添えるように、使える生地の寸法を何度も測って計画を練りました。

 

そして、完成がこちらです。

【リメイク後】

モノグラム生地はもう少し上までかぶせたかったのですが、生地の面積が足らなかったので、

お客様にはご了承のうえ、リメイクさせていただきました。見事に2個のお財布が甦りました。

img_0681   img_0682

 

こちらはクラッチバッグです。大きめの長財布とiPhoneが入る程度をご希望でしたので、

モノグラム生地を最大限活かして作りました。マグネットホック部分は、ヌメ革をあしらってオシャレに!

img_0683   img_0684

 

内側にはiPhoneが入る内ポケット。もともと付いていたルイ・ヴィトンの革タグを付けました。

ふち周りはヌメ革を巻いたデザインにしましたので、ルイ・ヴィトンっぽさが出ていると思います。

img_0685   img_0687

ボストンバッグの生地がお財布2個とクラッチバッグに生まれ変わって、活躍することでしょう!

img_0688   img_0680

 

お客様には、「想像以上の出来栄えです!!」と大変喜んでいただけました。

 

ご自宅に使っていないブランドバッグなどがある場合は、処分する前に一度ご相談ください。

 

******************************************

 

リメイクの場合、できる内容とできない内容があります。

一度お預かりして、どのようにリメイクできるかを計画しからのお見積となりますのでご了承下さい。

まずは、一度ご相談を!!

 

お見積りやご納品で不在の場合がありますので、ご来店の際は事前にご連絡ください。

店舗まで遠い方は、郵送でも修理を受付けております。

 

お電話でのお問い合わせは、092-404-4994 までお気軽にどうぞ!

メールでのお問い合わせは、info-fukuoka-n@kawa-kenkyujyo.net まで写真を添付してお送ください!

 

★過去の修理実績はこちら

★店舗の場所はこちら! (ドラッグイレブン野方店の近くです)

 

 

Top